CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

映画『コンフィデンスマンJP~プリンセス編』

ドラマから楽しんでいるコンフィデンスマンだが、映画化第一弾「ロマンス編」以来のご無沙汰。

久々に観た『コンフィデンスマンJP~プリンセス編』は、あいかわらずハジケまくっていた。

もちろん、ダー子のお決まりのセリフから始まる。

目に見えるものが真実とは限らない。何が本当で、何が嘘か。コンフィデンスマンの世界へようこそ。

ちなみに、コンフィデンスマンとは「信用詐欺」を行う詐欺師のことだそうだ。

 

〈cast〉

ダー子【長澤まさみ】美しきコンフィデンスマン。

リチャード【小日向文世】百戦錬磨のコンフィデンスマン。

ボクちゃん【東出昌大】真面目で小心者の若きコンフィデンスマン。

コックリ【関水渚】身寄りのない内気な少女。

 

〈story〉

シンガポールの大富豪レイモンド・フウが死んだ。遺書には遺産10億円の相続人として3人の子供以外の名ミッシェルとあり、すべてにビジネスライクな長男、わがまま放題の長女、遊んでばかりいる次男は、寝耳に水。大騒動になる。世界中の詐欺師がミッシェルを名乗り出で大集合。ダー子は親を亡くし虐待されていた少女コックリを拾い、ミッシェルに仕立て上げるのだが。

レイモンド・フウが相続人に選んだ本物のミッシェルは、いったいどこにいるのか。誰が生み、どこで育ち、何歳で、男なのか女なのか。

 

プリンセス編のテーマは、これ。

本物も偽物もない。信じればそれが真実。

本物の家族って、何? 血がつながっていること? それとも。

あなたの家族は、本物? 偽物? 映画は暗に問いかける。

やがて、偽物のミッシェルを仕立て上げた詐欺師たちは、命を狙われる展開に。

いや~楽しかった。

長澤まさみは、立ち姿が美しいですね。『鎌倉殿の13人』でナレーションを務めている彼女とは別人格のダー子。素晴らしい。☆画像はお借りしました。

 

『コンフィデンスマンJP~英雄編』も、もうレンタルなら観られるんだよね~楽しみ。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2022年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.