CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

森の木を切る

暖かく風もなく穏やかに晴れたきのう、夫が森の整備をしていた。

細くひょろりと伸びた赤松を、切るという。

細いといっても、20mほどの高さがある。高く細く伸びた松は強風での倒木などが心配になるし、このまま育つと困る場所にあるらしい。

わたしの目では、見てもよくわからないけれど、夫には森の設計図が頭に入っているのだろう。

 

細い松だが、無論、重さもある。

ひとりでは危険なので近所の友人に助っ人を頼み、ワイヤーを巻き付けて倒す方向を操作しつつ、チェーンソーで切り倒した。

見ていたら、あっという間だった。

倒す方向にという切り込みを斜めに入れ、そこに水平に切り目を入れて「受け口」を作り、反対側から水平に「受け口」に向かって切っていく。これを「追い口」と呼ぶそうだ。全部は切らず「ツル」という支点となる部分を残すのがコツだという。

映画『WOOD JOB~神去なあなあ日常』を、思い出した。

夫は、約22年ここで暮らしている間に、すっかり森の人になっている。

切り倒した赤松と、作業する夫と助っ人さん。

年輪、15年くらいかな。

これは、薪に使えるクヌギ。

暖かな日でしたが、バケツの水は凍っていました。

夫が廃材で作った薪小屋です。

きのうは、2本倒していました。

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. hanamomo より:

    素晴らしいお天気、雪はないのですね。
    うらやましい限りです。
    こちらは雪はそうでもないのですが、家が揺れるような風で、酷い天気です。
    嵐の峠は越えたようですが、去年の今頃は強風による停電で寒い思いをしておりました。
    そちらに飛んでいきたいです!

  2. さえ より:

    >hanamomoさん
    この冬、まだ雪はちらついた程度で、全く積もっていないんですよ。
    この日は、風がなく暖かでしたが、でも、今日はとっても寒いです。
    同じく家が揺れるような北風が八ヶ岳から吹き下ろしています。
    寒さは、秋田ほどではないとは思いますけれど。
    停電、嫌ですよね。
    知らず知らず電気に頼っているんだなあと実感します。

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2022年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.