CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

水張田と八ヶ岳

お田植えまえの水を張った田んぼを、水張田(みはりだ)というそうだ。

長く短歌を詠んでいる義母に教わったので、短歌で使う特別な言葉なのかもしれない。

 

リビングの北窓から、その水張田が八ヶ岳の麓に広がる風景を日々目にしている。贅沢なことである。

リビングの窓からふたたび八ヶ岳が眺められるようになり、実感する。

ちょうど『おかえりモネ』でも山の天気の急変の恐ろしさを今週とりあげていたけれど、山の天気は本当に変わりやすい。

雨からも風からも守られた家のなか、リビングの窓から眺めているだけでも、頭を出したり、雲隠れしたり、八ヶ岳も忙しそうだ。

 

けれどすっかり雪が解けた八ヶ岳は穏やかな夏の顔をしていて、人間がお田植えの準備をする様子を、目を細め眺めているかのようにも見える。

それはわたしが、水と緑の田園風景に穏やかな心持ちでいるからだろう。

水張田は山を映し、山は人の心を映すのだ。

きのうの朝7時、リビングから見た風景です。

八ヶ岳が、雲のなかから顔を出していました。

これは雲でしょうか、霧でしょうか。

朝8時には、すっかり隠れてしまいました。

午前11時。晴れ渡りました。

2階のキャットウォークから撮った風景です。

水張田が広がっていますね。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. hanamomo より:

    水張田、日本の美しい言葉ですね。
    こちらも水張田の美しい時期になりました。

    リビングからの眺めが素敵ですね。そしてキャットウオークからの眺め、さえさんは毎日こんな贅沢な風景を楽しんでおられるのですね。

    コンデジを買いました。
    さえさんのカメラとはちょっと違うようですが、キャノンのものです。
    コンデジの記事、とても参考になりました、ありがとう。

  2. さえ より:

    >hanamomoさん
    ほんとうですね。日本語の美しさをあらためて感じる言葉ですよね。
    北窓の木を切ってもらい、こんな風景の場所に越してきたのだとすっかり忘れていたことを見せられた気分です。
    八ヶ岳も緑の田園風景も、日々たっぷり楽しみたいと思います。
    コンデジ、気に入ったものが見つかったようでよかったです。
    同じキャノンですか。楽しみですね(^_-)-☆

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.