CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

仁淀ブルー

高知市から、レンタカーを借り仁淀川(によどがわ)へとドライブした。

車で1時間ちょっと走った「いの町」の渓谷で、青く輝く美しい流れや淵を見られるスポットがいくつかある。

西日本最高峰である「石鎚山」から流れるこの川には、日本じゅうの一級河川の水質ランキングで連年1位を記録する美しく澄んだ水が流れているという。

 

まずひとつ目のスポット、「にこ淵」へ。

車を停め、山道を下り急な階段を下りると、エメラルドグリーンと呼んでいいのか、緑色の透明な水が目の前に広がった。

言葉を失う。

これが、「仁淀ブルー」なのか。

青とも、緑ともつかない澄んだ水の色は、何色とも呼べなかった。

これを「仁淀ブルー」と、仁淀川を撮り続けてきた写真家、高橋宣之氏が名づけたそうだ。

その「仁淀ブルー」も、季節によって、時間によって、天候によって、当然同じ色にはならない。

 

次に向かった「安居渓谷」では、あいにくの雨。

それでも「水晶淵」と呼ばれる流れはグリーンに透き通っていて、驚いた。

「にこ淵は、陽の光が当たれば水面がきらめいて、もっと綺麗なんだろうな」

「でも、こんな紅葉のなかで見られることって、なかなかないかも」

この日限り、一期一会の仁淀ブルーを楽しんだ。

そして、地球は青いんだよなあ、なんて思ったのだった。

仁淀川支流の滝壺「にこ淵」です。

白く落ちる滝と、透き通った水にため息。

少し離れた「安居渓谷」へ向かう途中、「633美(むささび)の里」でランチ。名物ツガニうどんをすすりました。

川に生息する蟹だそうです。美味しかった。

安居渓谷の「背龍の滝」。雨でしたが紅葉が美しかった。

砂防ダム。

透きとおったグリーンの流れが見える「水晶淵」です。

歩きながら目にした紅葉の美しさに、ハッとさせられました。

映画『竜とそばかすの姫』にも登場する「浅尾沈下橋」です。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. mami より:

    こんばんは。
    「安居渓谷」や「にこ渕」は秋がいちばん美しいと聞きます。
    特に「にこ渕」は陽の光が真上から差し込む正午前後がいいそうです。
    「安居渓谷」にも行ったのに水晶渕のことは知らず滝だけを見て帰り
    帰ってから知って悔しい思いをしました。

  2. さえ より:

    >mamiさん
    こんにちは~♩
    仁淀川、秋がいちばんなんですね。
    あいにくの雨でしたが、紅葉も水も美しく、水の豊かさをかえって感じられたかもしれません。
    「にこ淵」は午前中でしたが、曇っていて陽が差す瞬間もほんの少し見られた程度でした。
    そして、写真を撮るのが難しい。
    なかなか感動が伝わりません。
    「安居渓谷」は、ほとんど「水晶淵」の辺りしか歩いていないんです。
    雨に負けて、早々に退散しました。
    あーだったらこーだったらと思うのも、また旅の醍醐味なのかな。

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2021年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.