CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

日清ラ王 KamoDashi中華そば

カップ麺の「ラ王」に、新製品が出た。

日清ラ王 KamoDashi中華そば」。

鴨だしだ~うれしい。

ラーメンの王様の名を持つ「ラ王」発売30周年を記念して発売されたという。

ラ王ファン、そして、鴨だし大好きなわたしのために作ってくれたようなカップ麺だ。

 

ところで、カップ麺の位置づけは、我が家では災害時用に買い置きしておくというものだ。古くならないようたまに食べ、そして新製品を楽しみ、置いておきたいものを買い置きする。災害時に、熱く美味しいカップ麺が食べられるよう好みのものを置いておく。

位置づけは、家庭によって違うと思う。

週に一度の楽しみにしている家庭もあるかもしれないし、夜中にこっそり食べる誰かもいるだろう。

 

それと同じく、作り方もそれぞれの流儀があるようだ。

わたしは、5分とあれば5分きっちりタイマーで計る派だが、夫は自分の感覚で時計すら見ない。

わたしは、蓋の上にお皿をのせて密閉しないと気が済まないが、娘は蓋を少し折り曲げておくだけだ。(お皿を洗いたくないらしい)

写真を撮る時間も惜しいと食べ始める人もいるかもしれないが、わたしはそこまではこだわらない。

 

そんなふうに自分の流儀でひとりのランチに食べた「日清ラ王 KamoDashi中華そば」は、これまでのラ王のなかでいちばん好きな味だった。

「ラ王」だとは思えないようなシンプルなパッケージ。リアル絵の鴨が葱を加えているのがいい感じ。

ゴールドの蓋が、やっぱり「ラ王」っぽいですね。鴨オイルつき。

カップ麺に、お皿かぶせる派は、どのくらいいるんだろう。

生麺、クオリティ高いわ~

鴨団子も、大きめでやわらかく、インスタントとは思えない味でした。

「どん兵衛」でも、鴨だしそばがいちばん好きです。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2022年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.