CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

栗原はるみのビーフシチュー~ル・クルーゼの鍋

夫が抜歯をした日、夕飯はやわらかいものをとシチューにした。

クリームシチューは食べたばかりだったので、栗原はるみのビーフシチューを試してみることにする。

シニアらしく、肉は薄切り肉を半量にし野菜多めなので、本来の味はでなかったかもしれないが、さっぱり風味の美味しいビーフシチューになった。

 

さて。ふたたび、ルーの箱の裏に注目することとなる。

作り方の絵に、うちの鍋のイラストが描かれていたのである。

ひとつだけ持っている、モスグリーンのル・クルーゼだ。形、大きさもそのまま。極めつけが色。緑、モスグリーン、とひと言で言ってもいろいろだが、まったく同じ色だった。

もちろん、この同じバージョンのル・クルーゼをモデルに描いたものなのだろうから当然ともいえるが、クリームシチューの箱に描かれたブルーの鍋にはまったく覚えなかった既視感が前面に出てきた。色が、脳に働きかける力の大きさを知った瞬間だった。

 

神戸に旅立った娘がル・クルーゼを指さし、これ欲しいと言ったのだが使うからダメと断った。

だが夫は、日々使っていた紅茶茶碗を、娘に譲っていた。

「お父さんが、使うんだから置いていってよ」

わたしが言うと、「持っていって、いいよ」と淋しそうに夫。

「新しく気に入ったの、探せばいいじゃん」

さらにわたし。だが、娘は譲らなかった。

「なかなか、気に入ったの見つからないもん。お父さん、ありがとう」

そうして、紅茶茶碗も神戸へ旅立ったのだった。

化学調味料無添加なんですね。おすすめアレンジレシピには、ミートソースやハッシュドポークがありました。

クリームシチューで失敗しているので、作り方をよーく読みます。そのときこの絵に既視感を覚えました。

うちの鍋だ~もう15年ほど前に購入したものです。

ひと箱使って、このくらいの分量です。

「見た目、カレーやな」とは夫。

クリームシチューのこのブルーの鍋のイラストには、なにも感じなかったのにほんと、色の力ってすごい。

この紅茶茶碗です。達者でな~

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. ユミ より:

    市販のビーフシチューに栗原はるみのがあるんですね~
    知りませんでした。
    今度見つけたら買ってみよう~
    ルクルーゼも欲しいな~って思った時期もありました。うちはIHなんですよ。
    今はIH対応の、ルクルーゼもあるのかな?
    お店で持ってみて、重さにビックリしてこれから老いて行く身で、使いこなせるだろうか?
    なんて思って買わなかったんです。
    でも一生物っていうイメージがあって、憧れます。
    さえさんのルクルーゼ、素敵な色ですね~
    シチューの箱とお揃いですね。
    シチューが盛られているブルーのお皿も素敵です。
    それと、今日カレンダー届きました。
    また1年、毎日見るのが楽しみです。
    表紙も素敵です。1月や4月の写真も大好きです。
    ありがとうございました。(^^♪

  2. さえ より:

    >ユミさん
    いつものスーパーでクリームシチューバージョンと並べて置いてありました。
    他のルーより、ヘルシーな感じがします。ちょっといいお値段ですが、たまにはいいかな。
    ル・クルーゼ、たしかに重い!
    購入したときにはまだ若かったんでしょうね。そんなこと考えもしませんでしたが、今だったらユミさんと同じように考えると思います。
    ブルーのお皿は、シチューにカレーにスープに、重宝しています。食洗機にも入れられる安価なものですが、だからじゃんじゃん使えて気に入っています。
    カレンダー、ありがとうございます。
    ユミさんのお家にあると思うと、とってもうれしいです。
    感想も夫に伝えますね(^_-)-☆

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2022年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.