CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

タチアオイ咲いて

タチアオイが、咲いている。

ヤブカンゾウはまだ緑だが、「トトロの季節」が、やって来た。

関東甲信は平年よりわずかに早く梅雨入りを迎え、田んぼの緑は日々色を濃くしていく。

その緑に浮かび上がるように、鮮やかな赤紫のタチアオイが咲いている。

 

タチアオイは梅雨の初めに咲き始め、足もとから階段を上るように上へ上へと咲き上がっていく。毎日新しい花を咲かせていくらしい。

そして、てっぺんの花が咲き終わると同時に、梅雨が明けるとも言われているが、8月いっぱい咲きつ続ける花も多いそうだ。

人の背よりも高く太陽に向かって咲くことから「立葵」と名づけられたこの花は、同じ葵の字がつく花でも向日葵とは違い、和の趣がある。中国から渡って来たという。

 

今年も「トトロの季節」が来たことを実感し、家に帰るとヤマアジサイが濃く青く咲いていて、驚いた。

この時期、花たちは次々と咲いてゆく。

ぼんやりしていると、見過ごしてしまうほどに。

田んぼの畦に咲いているタチアオイ。

田んぼの持ち主さんが、植えたのでしょうか。

農作業中に、季節の花々が咲いていると気持ちが和むのでしょう。

田んぼの稲は、少しずつ緑濃くなってきました。

車が通らない通学路。こんな道も、『となりのトトロ』にあったような。

アザミも咲いていました。

アザミとタチアオイの組み合わせに、パリの白鳥の小道を思い起こしました。あのときも6月だったけど、パリにも梅雨、あるのかな?

家に帰ると、ヤマアジサイが青く色づいていました。

青い鳥を見つけた気分でした。

庭では、シモツケとノコギリソウも咲き始めています。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2022年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.