CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

けろじスミスキー

スミスキーという妖精(?)に魅かれているのだが、入手するには至らない。

ちょっと引っ込み思案で、隅っこが好きな奴らなのだ。

雑貨屋や、百貨店などで見かけると、そっと挨拶する。

「よっ、また会ったね。調子はどう?」「まあね」

彼らとは、そんな間柄を続けて行ければいいなと思っている。我が家にもすでに住んでいるのかも知れないが、探さずにいようと思う。

 

ウッドデッキに上がってくるアマガエルのけろじたちも、スミスキーではないが、デッキの板と板との隙間に入り込むのが好きで、隅っこに小さな身体をさらに小さくしている姿を目にする。暑い昼間、温度調節のために入り込んでいるだけなのかとも思ったが、陽が当たるところでも動かずにじっとしている子もいる。彼らとは言葉が通じないので、見守ることしかできない。しかし彼らは、ひと跳ねで自分の身体の5倍ほども飛べるのだ。不自由は何もないはずだ。雨の季節だし、水たまりにも羽虫にも事欠かない。

 

そんなけろじたちを見ていると、3人の子どもたちが、それぞれ自分のお気に入りの隅っこを持っていたのを思い出す。

いちばん上の息子は、大黒柱の影。末娘は、和室の押し入れのなか。真んなかの娘は、びっきーの小屋のなかによく入っていた。

わたし自身、床にペタッと頬をつけたひんやりとした感触を、憧憬とともにふと思い出す瞬間がある。

生きているものはみな、身体の一部をどこかにペタッとくっつけていることや、自分だけの空間であることに安心するものなのかも知れない。

けろじたちは、そんな忘れていたことを、ときに思い出させてくれる。

CIMG9956そこはまだ影もあるし苔もひんやりしていそうでいいけど……。

CIMG9969そこ暑そうなんだけど、水飲みたくならないの? 返事もせずに、日が暮れるまでこの場所を動きませんでしたが、翌朝にはどこかにでかけていました。

CIMG9994紫陽花は、青をますます濃くしています。

CIMG9966この夏初めて庭に、国蝶オオムラサキが飛んできました。薪の上です。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CIMG2876

PROFILE

プロフィール
2016-10-02-11-07-59-1
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.