CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

その他, 茨木のり子, 読書 2021.01.17

『一篇の詩に出会った話』

編者である近代詩伝道師Pippoは、いう。「詩の行方」が知りたい、と強く思うようになりました。〈一篇の詩〉が連れて行...

続きを読む

その他, 親子, 家族のこと, 読書 2021.01.07

なりたい自分に

年末、父を見送ったことをかいた記事に、小学生の頃の自分の写真を載せたのだが、上の娘を知る人は一様に言った。「そっくり...

続きを読む

桜木紫乃, 読書 2021.01.05

『家族じまい』

桜木紫乃の連作短編集『家族じまい』は、5人の女性たちの視点で構成されている。舞台は、北海道だ。第一章 智代(ともよ)...

続きを読む

井上荒野, 読書 2020.12.18

『綴られる愛人』

文通。そんな古風なやりとりで綴られたサスペンス。ふたりが入会した「綴り人の会」は、住所や本名を明かすことなく文通がで...

続きを読む

井上荒野, 読書 2020.12.14

『あたしたち、海へ』

『あたしたち、海へ』は、井上荒野が、実際にあった事件、十代の女子が二人で自殺してしまったという記事を読み、彼女たちの...

続きを読む

山本文緒, 読書 2020.12.05

『自転しながら公転する』

持論としていることがある。人は、自分以外の人の気持ちを、どうやっても理解できないということだ。想像はできる。だが、ほ...

続きを読む

彩瀬まる, 読書 2020.11.21

『眠れない夜は体を脱いで』

誰もが多かれ少なかれ、自分の身体に違和感を持ったことがあるだろう。わたしもそうだった。幼稚園の頃、スカートをはくのが...

続きを読む

映画, 重松清, 読書, 鑑賞 2020.11.19

映画『恋妻家宮本』

以前読んだ『ファミレス』の映画版が、映画『恋妻家宮本』だ。とは言え、読んでから5年ほど経っている。印象に残っているこ...

続きを読む

井上荒野, 読書 2020.10.23

「はやくうちに帰りたい」

井上荒野の『ママがやった』は、連作短編集で、登場人物たちが入れ代わり立ち代わり語り手となる。大まかなあらすじは、冒頭...

続きを読む

角田光代, 読書 2020.10.09

『彼女のこんだて帖』

読書初心者&食いしん坊におススメしたい、連作短編集を見つけた。文庫だが、ストーリーに登場するレシピがカラー写真入りで...

続きを読む

井上荒野, 読書 2020.09.24

『静子の日常』

『静子の日常』は、75歳のおばあちゃんが主人公。夫亡き後、息子の愛一郎と嫁の薫子、孫で高校一年生のるかと4人で暮らし...

続きを読む

彩瀬まる, 読書 2020.09.19

『森があふれる』

短編集『くちなし』では、ファンタジーより現実世界の物語の方が好きだったが、この長編はファンタジーであっても、心根を描...

続きを読む

彩瀬まる, 読書 2020.09.09

『あのひとは蜘蛛を潰せない』

チェーンのドラッグストア店長の梨枝(28歳)は、母親とふたり暮らし。厳しい母に逆らうこともせずにきたのは、母親が赤ん...

続きを読む

家ご飯, 石田ゆり子, , 読書 2020.09.06

万能香味ダレ

石田ゆり子の写真エッセイ集『Lily―日々のカケラ―』に乗っていたレシピで、油淋鶏をよく作る。タレに、生姜1個、にん...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 22

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.