CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

三浦しをん, 読書 2019.04.18

『愛なき世界』

恋のライバルは草でした。(マジ)帯にある通り、洋食屋「円服亭」の見習い藤丸陽太が恋をした女性は、近所のT大で植物を研...

続きを読む

漫画, 読書 2019.04.13

『きのう何食べた?』

ケンジは、すごい!何がすごいって、シロさんが作った料理に対するリアクションが。まず見た時点で、うれしそうな笑顔で素直...

続きを読む

家ご飯, 滝口悠生, , 読書 2019.04.08

おむすびのなかに入っているもの

日曜日。夫がおむすびを作ってくれというので、2つ作った。サッカーの試合を2つ掛け持ちなのだそうだ。朝、土鍋で2合炊き...

続きを読む

滝口悠生, 読書 2019.04.04

『死んでいない者』

故人には、子どもが5人いる。喪主は、長男、春寿(はるひさ)。あとは上から吉美、多恵、保雄、一日出(かずひで)。孫は、...

続きを読む

丸山正樹, 読書 2019.03.21

『デフ・ヴォイス』

本屋でふと目につき、手にとった。『デフ・ヴォイス~法廷の手話通訳士』耳の聴こえない人という意味の「デフ」と「手話」は...

続きを読む

横山秀夫, 読書 2019.03.15

『影踏み』

双子の物語だが、弟の啓二はもう死んでいる。兄、真壁修一の家業は泥棒だ。7編からなる連作短編集は、修一がシャバに出てき...

続きを読む

奥田英朗, 読書 2019.02.28

『向田理髪店』

新刊の頃、本屋で手にとっては我慢していた『向田理髪店』が、ようやく文庫になった。うれしい。奥田英朗のハートウォーミン...

続きを読む

家ご飯, 川上弘美, , 読書 2019.02.27

肉厚なパプリカ

大きなパプリカをいただいた。これまでにないような肉厚なパプリカだ。明野産のものだという。手にした瞬間に「赤ピーマンの...

続きを読む

朝井リョウ, 読書 2019.02.23

『世にも奇妙な君物語』

「オチがすごい!」と黄色に赤文字で大きく描かれた帯の下品さに魅かれ手にしたのは、もちろん朝井リョウだったからに他なら...

続きを読む

, その他, 田舎で, 読書 2019.02.19

「雨水」の頃

きのうの朝、夫の出勤に合わせて5時半に起きると、部屋が薄ぼんやりと明るかった。零下の朝だったが、冬至からふた月ほど経...

続きを読む

真梨幸子, 読書 2019.02.13

『6月31日の同窓会』

一気読みした。イヤミスの女王とも言われる真梨幸子のミステリー。だが、イヤミス(読後、嫌な気分になるミステリー)という...

続きを読む

石田ゆり子, 漫画, 読書 2019.02.11

インナーチャイルド

本の紹介サイト『シミルボン』の「著者に聞く」コーナーで紹介されていた漫画エッセイ『自分を好きになりたい。自己肯定感を...

続きを読む

今村夏子, 読書 2019.02.06

『あひる』

文庫本は、大きめの文字で綴られている。表紙に平仮名で大きく「あひる」とかかれた異様さそのままに、妙ちくりんな小説だっ...

続きを読む

樹木希林, 読書 2019.01.28

『一切なりゆき~樹木希林のことば~』

「希林流生き方のエッセンス!」と帯に謳われたこの本には、昨年亡くなった樹木希林さんが生前かいた数多くの文章、語った言...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 15

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.