CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

家ご飯, 2019.12.09

つい、いつも通りに

今年も、ふるさと納税をして返納品を楽しませてもらった。ここ数年、「被災地」と呼ばれる地域が増えてしまい戸惑うばかりだ...

続きを読む

家ご飯, 2019.12.08

豆苗は、やっぱり中華で

豆苗をキッチンでふたたび育てて食べるのは、すでにスタンダードとなった。ドラマ『凪のお暇』で、主人公凪は「豆苗を育てる...

続きを読む

家ご飯, 外ご飯, 2019.12.06

きのうの茄子

茄子のいちばん好きな食べ方は、ソテーである。といっても、洒落たものではない。細長く厚めに切って灰汁抜きした茄子の水気...

続きを読む

家ご飯, 薪ストーブ, , 田舎で 2019.11.29

残り暖

毎朝炊く、土鍋ご飯。炊き上がり、食卓に運ぶときには、それは熱い。鍋つかみでしっかりと持って運ぶ。だが蓋を開けてご飯を...

続きを読む

家ご飯, 夫婦, , 家族のこと 2019.11.25

作る方と、待つ方と

最近、味噌汁を作らないイレギュラーな朝食が続いていた。前日の残りのシチューだったり、肉じゃがの残りに卵を落としたり。...

続きを読む

家ご飯, 2019.11.12

千葉の落花生

旅から家に帰ると、ポストに友人からの封筒が届いていた。ビール党ばかりが集まった女子会をしてから、2年ほど経つだろうか...

続きを読む

家ご飯, 2019.11.01

大根のから揚げ

いただいた大根を楽しんでいる。ずっとやってみたかった『やみつきバズレシピ』の「大根のから揚げ」も作ってみた。3㎝角の...

続きを読む

家ご飯, 2019.10.26

大根の葉~冷凍編

息子が生まれた頃のことだから、もう30年以上まえになる。東京は大田区の小さなアパートの2階で暮らしていた。いろいろな...

続きを読む

家ご飯, 2019.10.23

味噌を変えてみる

味噌はもう20年以上、山吹味噌と決めていた。最初の頃は川崎で暮らしていた頃頼んでいた「地球人倶楽部」の宅配で。「今日...

続きを読む

家ご飯, 2019.10.20

残り物の福

夫との食卓で煮込み料理などをたくさん作り、残り物をひとりで食べる。夫婦ふたりの食事ならではの、そういうサイクルが定着...

続きを読む

家ご飯, 薪ストーブ, , 田舎で 2019.10.16

バタフライ効果

連休最終日、朝キッチンに立ち、ふと思い立ち白湯を入れた。昨シーズンも冬のあいだは毎朝のように飲んでいた白湯だが、暑い...

続きを読む

家ご飯, 親子, , 家族のこと 2019.10.15

玉手箱

東京の実家から、北海道のじゃが芋と玉葱が届いた。両親は、北海道の出で、向こうに親戚が多い。伯母がたくさん送ってきたの...

続きを読む

家ご飯, 瀬尾まいこ, , 読書 2019.10.10

憧れの生姜ご飯

冷蔵庫の断捨離をしていた先週、憧れの生姜ご飯を炊いた。瀬尾まいこの本屋大賞を受賞した小説『そして、バトンは渡された』...

続きを読む

家ご飯, 2019.10.08

冷蔵庫の断捨離

先週1週間は、夫がベトナム出張で留守だった。消費税も上がったことだし、まるまる1週間買い物をせず、冷蔵庫や缶詰などの...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 19

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.