CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

CIMG6277

家ご飯, 2017.04.25

餃子の皮焼いて

久しぶりに、餃子を焼いた。子どもたちが幼かった頃は、よく一緒にタネを包んでホットプレートで焼いたものだったが、夫婦ふ...

続きを読む

CIMG6187

家ご飯, 2017.04.17

筍、伸びようとする意志

「筍掘りに行ってきたから」ご近所さんに、大きな筍をいただいた。さっそく茹でて、筍ご飯を炊いた。「うわっ、掘りたての筍...

続きを読む

CIMG6076

家ご飯, 2017.04.16

豆腐の味噌汁

「あ、豆腐の味噌汁、久しぶり。美味い!」夫の言葉を聞き、そう言われれば、味噌汁に豆腐を入れたのは確かに久しぶりだった...

続きを読む

CIMG5475

夫婦, 家ご飯, 家族のこと, 2017.03.25

目玉焼きと納豆、どっちにする?

我が家の朝食は、たいていご飯と味噌汁の和食だ。朝食前の30分、夫は念入りにストレッチをする。そのあいだにわたしが朝食...

続きを読む

CIMG5265

家ご飯, 2017.03.21

キャベツのバター炒め考 その2

キャベツのバター炒めが、好きだ。以前にも、キャベツのバター炒めについてかいた。友人のご主人に、キャベツのバター炒めに...

続きを読む

CIMG4701

外ご飯, 家ご飯, 2017.03.18

カウンターの向こうに

夫は、カウンター席に座るのが好きだ。東京でひとりの夕食をとることが多いから、というのもあるかも知れないが、カウンター...

続きを読む

CIMG5139

家ご飯, 2017.03.14

和熟キウイ

「和熟」という言葉を、初めて目にした。山梨県内産の「和熟キウイ」なるものを、スーパーの店頭で見つけ、買ってみた。毎朝...

続きを読む

CIMG5096

家ご飯, 2017.03.12

失敗は視界から消して

毎日料理をしていると、当然だが失敗することもある。「あー、チキンちょっとしょっぱかったね」と、わたし。「レモンかけれ...

続きを読む

CIMG4535

夫婦, 家ご飯, 家族のこと, 2017.03.06

朝の果物は、金メダル?

苺を洗って、朝食のあとに出した。「朝の果物は、金だよ」子どもの頃、母がよくそう言っていた。じつはヨーロッパの諺で「朝...

続きを読む

CIMG4505

ラーメン, 家ご飯, 2017.02.25

麺食いなわたし

ひとりの家ご飯で、冬におススメのインスタント麺がある。相模屋の豆乳スンドゥブ麺だ。スンドゥブもいいんだけど、麺になっ...

続きを読む

CIMG4434

夫婦, 家ご飯, 家族のこと, 2017.02.18

食卓での会話

「炊き込みご飯は、やっぱり炊きたての方が美味しいね」翌朝、夕べの炊き込みご飯を食べて、わたしが言った。「そうだね。で...

続きを読む

CIMG4424

家ご飯, 田舎で, 花と木, 2017.02.17

ふきのとうとクリスマスローズ

庭でふきのとうを探していたら、クリスマスローズが蕾をつけているのを見つけた。そして、そのすぐ近くにふきのとうも見つけ...

続きを読む

CIMG4396

家ご飯, 田舎で, 2017.02.16

切り干し大根のやわらかく淡い味

薪ストーブの灰を差し上げたら、切り干し大根をいただいた。手作りである。浅尾大根が名物だけあって、漬物用の大根や切り干...

続きを読む

CIMG4329

家ご飯, 田舎で, 花と木, 2017.02.14

ふきのとう苦味考

庭のふきのとうを、収穫した。苦味が旨味である。ビールに代表される苦味大好きなわたしの、大好物だ。さて。子どもは親の背...

続きを読む

1 2 3
CIMG6077

PROFILE

プロフィール
2016-10-02-11-07-59-1
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

随筆かきます。

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.