CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

家ご飯, 2020.08.07

さくらんぼの蜂蜜パン

さくらんぼの収穫時期も終わり、ひと月が経ったが、さくらんぼ農家さんのお手伝いをした余韻は、まだ残っている。さくらんぼ...

続きを読む

家ご飯, 2020.08.05

初収穫

庭の茗荷を初収穫した。夏である。今年は梅雨が長かったこともあり、ぽっかり夏がやってきて、ぽっと茗荷が出てきたようなぼ...

続きを読む

家ご飯, 2020.08.04

茂倉ウリ

早川町で百年以上前から栽培されているという胡瓜の在来種「茂倉ウリ」なるものをいただいた。「もぐらうり」と読むそうだ。...

続きを読む

家ご飯, 山梨, , 2020.08.02

吉田のうどん

8月最初の特派員ブログは、富士吉田市の郷土料理「吉田のうどん」を紹介した。と言っても、コンビニで夏限定で売り出すお手...

続きを読む

家ご飯, 映画, , 鑑賞 2020.08.01

パンを分け合う人

胡桃パンを焼いて出かけ、帰ってくるとちぎって食べた跡があった。不意に、映画『しあわせのパン』を思い出す。パンをちぎっ...

続きを読む

家ご飯, 2020.07.30

似たモノ

「鏡餅みたい!」朝起きて、キッチンに立ち、歓声を上げた。「だよね~」先に起きていた夫も、うなずく。前日こねておいたパ...

続きを読む

家ご飯, 2020.07.28

スモークベーコン

夫は、連休に遊びに来る予定だった友人たちのためにと、ベーコンをスモークしようと準備していた。塩漬けにしたリ、ソミュー...

続きを読む

家ご飯, 2020.07.27

サザエの壺焼き

週末、夫婦ふたりでバーベキューをした。客人を招くつもりで準備していたのだが、自粛することになり、取り寄せたサザエだけ...

続きを読む

家ご飯, 京都, スイーツ, , 2020.07.24

京てまり

人生の先輩と尊敬する年上の友人から、地もと京都の和菓子が届いた。「京てまり」とある。荷をほどき、和テイストの品のいい...

続きを読む

家ご飯, 2020.07.22

茄子&茗荷&生姜トリオ

茄子が美味しい季節、到来だ。うれしい。夏野菜のなかでも特別好きなのが茄子で、どのくらい好きかというと、食卓で皿のなか...

続きを読む

家ご飯, 2020.07.20

ニジマスの大きさ

釣りたてのニジマスをいただいた。大きい。いちばん大きいのは体長40㎝くらいあり、とても太っている。鮮度が落ちないよう...

続きを読む

家ご飯, 2020.07.19

にんにくの皮むき器

もう30年ほど前のことになる。友人に、結婚祝いに欲しいと、にんにくの皮むき器をリクエストされた。3人で銀座に買いに行...

続きを読む

家ご飯, スイーツ, 2020.07.15

さくらんぼジャム

もうおしまいだということで、大量のさくらんぼをいただいた。「ジャムにすると、いいよ」さくらんぼ農家さんたちは、毎年ジ...

続きを読む

家ご飯, 2020.07.13

胡桃パン

3~4日に一度焼いている、天然酵母のパン。胡桃を入れて、焼いてみた。楽しいこと、好きなことでも、続けていくと変化を求...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 25

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.