CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

CIMG2060

家ご飯, 田舎で, 花と木, 2018.06.18

木苺の実

庭の木苺が、真っ赤な実を揺らしている。どこからか飛んできた種が根づき、毎年可愛らしい赤い実をつける。特別美味しいとい...

続きを読む

CIMG1223

家ご飯, 2018.06.02

ヤングコーンの記憶

町内の産直野菜直販所で、きみひめのヤングコーンを見つけた。「あ、食べたいな」思い出したのは、去年多治見をひとり旅した...

続きを読む

CIMG1126

からだのこと, 健康, 家ご飯, 2018.05.28

無尽パワーと採れたて野菜の力

山梨の健康寿命は、日本一だそうだ。けんこうじゅみょう【健康寿命】零歳の者が健康で何年生きられるか示した数。このとき、...

続きを読む

CIMG0676

その他, 家ご飯, 読書, 2018.05.13

猫をも殺す好奇心を忘れずに?

「好奇心は猫をも殺す」という諺が好きだ。「興味本位だけで深入りすると、遭わなくてもいい災難が降りかかる」とか「好奇心...

続きを読む

CIMG0568

からだのこと, 健康, 家ご飯, 2018.05.11

スローペースへの移行を考える

右手の親指のつけ根を傷めてから、1週間が経つ。夜眠るときにはまだ湿布してサポーターを貼っているが、腫れはすっかりひき...

続きを読む

CIMG0543

夫婦, 家ご飯, 家族のこと, 2018.05.10

ベーコンができるまで

ゴールデンウイーク。夫がほぼ1週間かけて、ベーコンを作った。日曜、あらかじめ作っておいたピックル液に肉を漬け、金曜に...

続きを読む

CIMG0389

家ご飯, 2018.05.04

筍、伸びて

北杜市産の筍が、ようやく出てきた。1本だけ購入して、ゆっくりと米ぬかで茹でて灰汁を抜き、刺身風にしたり筍ご飯にして楽...

続きを読む

CIMG0146

家ご飯, 2018.04.24

休日っていい

毎朝、ご飯土鍋でご飯を炊くようになり、半年が経った。夫が会社に行く日は、朝5時35分にガスの火を入れる。冬場は9分炊...

続きを読む

CIMG0109

家ご飯, 田舎で, 花と木, 2018.04.23

夏の季語、蕗の葉

庭の蕗で、茎の炒め煮と蕗の葉味噌を作った。蕗の葉味噌は、若い葉を使ったからか味噌に負けているような気がして、出始めた...

続きを読む

CIMG9736

家ご飯, 田舎で, 花と木, 2018.04.17

コシアブラのひとり天麩羅

ご近所さんに、コシアブラをいただいた。「食べ頃だから、採りにおいで」と言われ、いただきに行った。週末、夫とふたり天麩...

続きを読む

CIMG9697

家ご飯, 2018.04.14

キッチンに咲く花

春になり、野菜の値が落ち着いてきた。最近、小松菜の味噌汁をよく作る。美味しいし、緑の野菜は栄養もある。だが、それとは...

続きを読む

CIMG9646

家ご飯, 田舎で, 花と木, 2018.04.13

ひとり揺れる、独活

初物のウドを、いただいた。夫の帰りを待ちながら、灰汁を抜き、酢味噌和えを作る。皮もきんぴらにし、葉の部分は天麩羅にす...

続きを読む

CIMG9093

家ご飯, 田舎で, 花と木, 2018.04.01

行く道と帰る道

「お嬢さん」紳士に、呼び止められた。「上で苺、買ってきたんけ?」何のことはない、ウォーキングしていて、畑仕事をしてい...

続きを読む

CIMG8833

家ご飯, 日々の暮らし, 雑貨, 2018.03.26

偶然? 予言?

土曜日、久しぶりにたこ焼き器を出して、明石焼きを焼いた。明石焼きは、言わずと知れた明石地方のたこ焼きだ。関東や大阪の...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 9
CIMG1869

PROFILE

プロフィール
2016-10-02-11-07-59-1
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.