CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

家ご飯, 漫画, , 読書 2020.01.16

『きのう何食べた?』メシ~キムチチゲ

引き続き『きのう何食べた?』正月スペシャル2020を観て、ジルベールことワタルくんのキムチチゲを作った。ワタルくんは...

続きを読む

家ご飯, 四季, , 田舎で 2020.01.15

でこぽんの季節

でこぽんの季節が来た。毎年、でこぽん売り出しを知るのは、スーパーの店頭だ。合図は、バレンタイン。お正月が落ちついた頃...

続きを読む

家ご飯, 夫婦, , 家族のこと 2020.01.14

34回目の結婚記念日

日曜日、34回目の結婚記念日を迎えた。特別なことは何もせず、夕食にチキンソテーを焼き赤ワインを開けただけ。毎年、日に...

続きを読む

家ご飯, 漫画, , 読書 2020.01.11

『きのう何食べた?』メシ~デミグラスソースのオムライス

『きのう何食べた?』正月スペシャル2020がやった。やってくれた♡オープニングを久々に観て、きゅんきゅんしちゃいまし...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2019.12.26

なめたけあるいは、なめこ?

「なめたけ、持ってくけ?」と近所の方にきのこをいただいた。原木栽培したものを食べきれないほどもらったのだという。「鍋...

続きを読む

家ご飯, 2019.12.24

冬のインドア遊び

この冬お初、卓上七輪を出しての夕食にした。用意した食材を炭火で焼く。これだけだけれど、これが美味しい。美味しくて、簡...

続きを読む

家ご飯, 漫画, , 読書 2019.12.22

わたしとしたことが

冷凍庫に塩鮭の切り身が一切れあったので、ひとりご飯にシロさんの炊き込みご飯を炊こうと、舞茸を買った。舞茸をカゴに入れ...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2019.12.19

赤大根の酢漬け

家庭菜園をしている方に、赤大根をいただいた。「酢漬けにすると美味しいよ」毎年そう言ってくださるので、こちらも簡単酢漬...

続きを読む

家ご飯, 親子, , 家族のこと 2019.12.16

気忙しい

気、忙しいとかいて「気忙しい(きぜわしい)」と読む。年末は、何かと気忙しい。年内に、あれもこれもやっておかなくちゃと...

続きを読む

家ご飯, 健康, ヨガ, , からだのこと 2019.12.14

腸活してますか?

ひと月前にベトナムへ行って以来、じつは調子が悪かった。といってもたいしたことじゃない。旅行に行くとたいてい便秘し、そ...

続きを読む

家ご飯, 2019.12.09

つい、いつも通りに

今年も、ふるさと納税をして返納品を楽しませてもらった。ここ数年、「被災地」と呼ばれる地域が増えてしまい戸惑うばかりだ...

続きを読む

家ご飯, 2019.12.08

豆苗は、やっぱり中華で

豆苗をキッチンでふたたび育てて食べるのは、すでにスタンダードとなった。ドラマ『凪のお暇』で、主人公凪は「豆苗を育てる...

続きを読む

家ご飯, 外ご飯, 2019.12.06

きのうの茄子

茄子のいちばん好きな食べ方は、ソテーである。といっても、洒落たものではない。細長く厚めに切って灰汁抜きした茄子の水気...

続きを読む

家ご飯, 薪ストーブ, , 田舎で 2019.11.29

残り暖

毎朝炊く、土鍋ご飯。炊き上がり、食卓に運ぶときには、それは熱い。鍋つかみでしっかりと持って運ぶ。だが蓋を開けてご飯を...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 20

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.