CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

家ご飯, 親子, , 家族のこと 2019.10.15

玉手箱

東京の実家から、北海道のじゃが芋と玉葱が届いた。両親は、北海道の出で、向こうに親戚が多い。伯母がたくさん送ってきたの...

続きを読む

家ご飯, 瀬尾まいこ, , 読書 2019.10.10

憧れの生姜ご飯

冷蔵庫の断捨離をしていた先週、憧れの生姜ご飯を炊いた。瀬尾まいこの本屋大賞を受賞した小説『そして、バトンは渡された』...

続きを読む

家ご飯, 2019.10.08

冷蔵庫の断捨離

先週1週間は、夫がベトナム出張で留守だった。消費税も上がったことだし、まるまる1週間買い物をせず、冷蔵庫や缶詰などの...

続きを読む

家ご飯, 2019.10.01

南瓜サラダ

お隣りにいただいた南瓜を、引き続き楽しんでいる。庭で採れた栗を茹でて入れたり、教えていただいた通りレーズンを入れたり...

続きを読む

家ご飯, 石田ゆり子, , 読書 2019.09.30

石田ゆり子の納豆オムレツ

石田ゆり子が「飽きずに毎日」食べているという納豆オムレツ。毎日食べたところで石田ゆり子になれるわけではないが、ひとり...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2019.09.28

物々交換

夕刻帰るなり、ウォーキングしているお隣りさんから声がかかった。仕事で東京と明野を行ったり来たりしている、林向こうのお...

続きを読む

家ご飯, 四季, , 田舎で 2019.09.24

鍋初め

先週、急に気温が下がった日の夜、今シーズン初めて鍋をした。「白菜がまだ、美味しくなってないよね」ということで、白菜を...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2019.09.23

栗の実

あっという間に、栗の季節がやってきた。すでに20個くらいのイガ栗が落ちている。栗は落ちるとすぐに虫が入るので、落ちる...

続きを読む

家ご飯, 四季, , 田舎で 2019.09.19

新米~お米のパワー

近所の農家さんに新米をいただき、朝食に土鍋で炊いて食べた。白く美しく、お米が立っている。もっちりしていて美味しい。田...

続きを読む

家ご飯, 2019.09.18

美味しいものは、ちゃんと身体が知っている

週末は、神戸から夫の友人たち3人を招いてのバーベキューだった。焼肉屋『松竹園』の店主が、肉持参で来てくれる毎年恒例シ...

続きを読む

家ご飯, 健康, , からだのこと 2019.09.17

動物性たんぱく質のない食卓

「とうとう、動物性たんぱく質がなくなったね」朝食の席での夫の言葉だ。「でも、きみは卵食べてるじゃん」と、わたし。納豆...

続きを読む

家ご飯, 2019.09.14

塩糖水漬け

ブログのお友達のあいだで流行っている「塩糖水漬け」なるものを作ってみた。『暮らしの手帖』に載っていたものだそうで、買...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2019.09.12

新緑カラー輝いて

今年も、いつもの農家さんに送ってもらったシャインマスカットを堪能した。いつもの年より大粒かも知れない。すっきりとした...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2019.09.09

ゴーヤと親しくなる

家庭菜園をしていないので、野菜をいただくことが多い。喜んでいただいて、料理を楽しみ、美味しく食べている。このところゴ...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 19

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.