CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

映画, 鑑賞 2020.07.11

『世界から猫が消えたなら』

川村元気原作、佐藤健主演映画『世界から猫が消えたなら』は、タイトルを見たときからずっと観たいと思っていた。〈stor...

続きを読む

映画, 鑑賞 2020.02.26

『パラサイト 半地下の家族』

アカデミー賞作品賞、監督賞、国際長編映画賞、脚本賞を受賞した韓国映画『パラサイト 半地下の家族』。〈story〉事業...

続きを読む

映画, 鑑賞 2020.02.19

『ラストレター』

岩井俊二監督作品『ラストレター』は、ぜひ観たいと思っていた。同じく岩井俊二が24年まえに撮った『LoveLetter...

続きを読む

映画, 平野啓一郎, 読書, 鑑賞 2019.11.19

映画『マチネの終わりに』

西谷弘監督の『マチネの終わりに』は、映像の美しさにハッとさせられる映画だった。〈story〉クラッシックギタリストの...

続きを読む

映画, 美術館, ベトナム, 鑑賞, 2019.11.10

帰りたいと思う気持ち

ベトナム行きの飛行機で、映画を観た。『長いお別れ』は、やわらかな時間を描いているにもかかわらず、インパクトの強い小説...

続きを読む

映画, 鑑賞 2019.10.21

『最高の人生の見つけ方』

犬童一心監督『最高の人生の見つけ方』は、スカッとする映画だった。ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンの名優ふた...

続きを読む

映画, 鑑賞 2019.10.03

『記憶にございません!』

映画の日の1日、三谷幸喜のコメディ『記憶にございません!』を観てきた。〈story〉一般市民が投げた石が頭に当たり、...

続きを読む

映画, 鑑賞 2019.09.06

映画『火口のふたり』

シミルボンサイトでコラムを募集していた【カラダの欲望、ワタシの本音】は、映画『火口のふたり』公開記念で企画された。そ...

続きを読む

映画, 鑑賞 2019.08.03

映画『天気の子』

新海誠監督最新作アニメーション、映画『天気の子』を観た。〈story〉閉塞感から離島を飛び出した帆高は、東京をさまよ...

続きを読む

映画, 鑑賞 2019.04.24

『50回目のファーストキス』

ハリウッド映画をリメイクした邦画『50回目のファーストキス』は、ハートウォーミングラブコメディだ。そうかいてしまうと...

続きを読む

映画, 鑑賞 2019.04.09

映画『コーヒーが冷めないうちに』

売れ過ぎていて敬遠していた小説『コーヒーが冷めないうちに』を、映画で観ることになるとは思わなかった。ごく親しい人にス...

続きを読む

花と木, 映画, 田舎で, 鑑賞 2019.03.23

映画『グリーンブック』

飛行機で観た映画『グリーンブック』に、とても印象的な言葉があった。親父に言われた。「目の前のことに全力を注げ。仕事な...

続きを読む

映画, 東野圭吾, 読書, 鑑賞 2019.01.24

映画『マスカレード・ホテル』

驚いた。新田が、キムタクかあ。で、尚美が、長澤まさみ?わたしのなかでは、意外なキャスティングだった。新田は30代半ば...

続きを読む

映画, 本谷有希子, 読書, 鑑賞 2018.11.28

映画『生きてるだけで、愛』

映画『生きてるだけで、愛』の世界には、常に重く湿った空気が流れていた。その空気を受け入れられずあがくふたりの姿を描い...

続きを読む

1 2

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.