CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

家ご飯, 花と木, 生き物, , 田舎で 2019.08.02

茗荷畑のちびカマキリ

庭の茗荷が、ようやく顔を出した。夏の楽しみのひとつだ。その茗荷畑の草取りをしていると、いく匹ものやわらかな薄緑も透明...

続きを読む

花と木, 生き物, 田舎で 2019.07.16

にょき、にょきっと

食べる気はないが、庭のあちらこちらに様々なキノコが生えている。一応、キノコ図鑑はハンドブックサイズのものを持っている...

続きを読む

花と木, 生き物, 田舎で 2019.07.15

古代蓮の池で

最寄り駅近くの蓮を、観に出かけた。二千年以上前の蓮の種を再生させたという古代蓮だ。「大賀ハス」という名は種から蘇らせ...

続きを読む

花と木, 生き物, 田舎で 2019.06.25

蛍を観に

ずいぶんと久しぶりに、蛍を観に行った。観に行ったと言っても、夫を駅まで迎えに行った帰り道、お隣り韮崎市の蛍祭りをする...

続きを読む

ヨガ, 生き物, おしゃれ, 日々の暮らし, からだのこと, 田舎で 2019.06.21

小さなこと、けれど大切なこと

千代治の五本指靴下を、買い足した。ぎっくり腰をして、いろいろな人に原因は「冷え」だと言われ、部屋のなかでも靴下を履く...

続きを読む

生き物, , 田舎で 2019.06.19

蜘蛛の形

「でっかい蜘蛛がいる」朝、ストレッチをする夫が言うので、料理の手を止め見に行くと、板壁にこげ茶一色の大きな蜘蛛が八方...

続きを読む

健康, 花と木, 生き物, からだのこと, 田舎で 2019.06.18

ないものねだり打開策

ぎっくり腰で行った整体で、聞いた話だ。「お昼はね、食べないんです」「えっ、どうして?」彼女はわたしと同い年の女性だが...

続きを読む

家ご飯, 花と木, 生き物, , 田舎で 2019.05.21

蕗の煮物と思いこみ

庭の蕗で、茎の煮物を楽しんでいる。以前は皮を剥くのが億劫で、一度くらいしか煮ないまま季節が過ぎてしまうこともあったが...

続きを読む

花と木, 生き物, 家仕事, 日々の暮らし, 田舎で 2019.05.18

洗濯物を干していて

洗濯物を干していて、不意に生きているんだなあと思った。汗をかいて汚れて、それを洗い流して。洗ってしまえばきのう着てい...

続きを読む

生き物, , 田舎で 2019.05.09

春バテしていませんか?

きのうの朝は、山々が美しかった。山が美しいということは、それだけ冷え込んだということだ。久しぶりのひとりの朝。炬燵に...

続きを読む

生き物, 四季, 田舎で 2019.05.05

求愛の季節

「ツッピツッピって、どんな意味があるんだっけ?」庭でシジュウカラが、ツッピツッピ繰り返し鳴いている。ウッドデッキで珈...

続きを読む

生き物, その他, 四季, 田舎で, 読書 2019.01.21

シジュウカラ

きのう、初雪が降った。例年に比べるとずいぶん遅い雪だった。その雪のなかでも、野鳥たちは元気に庭にやって来た。シジュウ...

続きを読む

生き物, 田舎で 2018.11.30

百舌鳥(モズ)

ジョウビタキのほかにも、様々な野鳥が庭に来る。シジュウカラ、ヤマガラ、ヒヨドリ、カワラヒワ、エナガ、メジロなどなど。...

続きを読む

生き物, 田舎で 2018.11.24

ジョウビタキの鏡

渡り鳥であるジョウビタキの姿を、よく見かける季節になった。ジョウビタキは、羽の一部が白く、そこが際立って見えるので一...

続きを読む

1 2 3 4

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.