CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

生き物, 田舎で 2018.10.12

カマキリの産卵

「卵が、小さめだな」最初に見た感想だ。それから、ここは雪が積もったとき、雪掻きした雪を積む場所なんだけどな、というこ...

続きを読む

生き物, 田舎で 2018.10.05

生きるために揺れている

きのうの朝、今にも泣き出しそうな空の下、車の後ろのてっぺんに何やら乗っているのが見えた。カマキリだった。近づいて見て...

続きを読む

花と木, 生き物, 夫婦, 家族のこと, 田舎で 2018.09.26

生き物と笑う時間

先週末東京は赤坂で、なつかしい友人たち4人で女子会をした。そこで、「子どもが巣立ち、夫婦ふたりになったら間が持たない...

続きを読む

家ご飯, 花と木, 生き物, , 田舎で 2018.09.19

個性はこだわりが作っていく

今年のシルバーウィークは2つに分かれてしまったが、毎年恒例となったバーベキューは、変わらずに行った。夫の高校時代の友...

続きを読む

生き物, 田舎で 2018.09.10

井のなかのけろじ大海を知る

運転中、ふと視線を感じた。フロントガラスの向こう、けろじが喉を膨らませ、こちらを見ている。ワイパーに前足をかけ、時速...

続きを読む

生き物, 親子, 家族のこと, 田舎で 2018.08.13

トリガーポイントの悪戯

ひと雨降った朝。庭の蕗やライラックの葉の上に、けろじの姿があった。大きなお腹をした子が、空を見上げるようにしている。...

続きを読む

生き物, おしゃれ, 日々の暮らし, 田舎で 2018.08.02

踵に自由を

ベッドから右足をはみださせ、踵を宙に浮かして眠るのが癖だ。踵がベッドにくっついているのが苦手、というか違和感を覚えて...

続きを読む

花と木, 生き物, 田舎で 2018.05.23

ウスバシロチョウとエゾノタチツボスミレ

日曜日、川俣川東沢渓谷の『吐竜の滝』へ出かけた。日本名水百選のひとつ「八ヶ岳南麓湧水群」が集まって流れる渓谷で、その...

続きを読む

生き物, , 日々の暮らし, 田舎で 2018.05.16

ウッドデッキセンチメンタル

先週から、ウッドデッキを作り直している。18年前、越してきたときに夫が作った、というか家族みんなで手伝って作ったウッ...

続きを読む

生き物, 日々の暮らし, 雑貨, 田舎で 2018.05.08

野鳥の巣箱

ゴールデンウイーク。夫に頼んで、隣りの林に野鳥の巣箱をかけてもらった。『自然木工房ONO』の木工体験で作ったものであ...

続きを読む

健康, 生き物, からだのこと, 田舎で 2018.05.07

いちばん不自由で、自由なもの

「いちばん不自由なんは、心やな」なぜにエセ関西弁かと言えば、田辺聖子の小説を読んでいたせいだ。で、何が不自由なのかと...

続きを読む

花と木, 生き物, 田舎で 2018.05.05

ハートの葉っぱ

石垣に集めて植えているタチツボスミレは、もうとうに花の季節を終え、実を結んでいる。これからまた種を飛ばし、あちらこち...

続きを読む

生き物, 手話, 日々の暮らし, 田舎で 2018.04.28

連休は、休みと休みと休みと休み

今週の手話サークルは、「連休はどうする?」というテーマだった。「家の片づけ」「断捨離は、なかなか難しいよねえ」と話は...

続きを読む

生き物, 田舎で 2018.04.22

ツバメの季節

きのう、キッチンで昼ご飯の支度をしているとき、ウッドデッキを舞うように飛ぶつがいのツバメたちが見えた。ピーチクパーチ...

続きを読む

1 2

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.