CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

生き物, 田舎で 2020.07.12

ガビチョウ

♩~ヒョイヒーヒョイヒーギュルルチョイチリ ピュウピュウピュウ最近、ガビチョウのさえずりをよく耳にする。カン高い鳴き...

続きを読む

花と木, 生き物, 田舎で 2020.06.28

蝶が飛び交う畦道で

取材の一端で、市内の小淵沢町で農家さんの働く姿を見せてもらう機会があった。紆余曲折を経て農業に携わっている方、十代か...

続きを読む

生き物, 田舎で 2020.05.25

ハクセキレイ~ちょっといいこと

最近よくハクセキレイを見かける。スーパーの駐車場や道路などを歩く姿も見られる、警戒心があまり強くない野鳥だ。しっぽを...

続きを読む

生き物, 田舎で 2020.05.15

小さな穴

庭の北側で、苔にうずまっているけろじを見つけた。冬眠から目覚めてはいだしてきたばかり、といった様子で、見るからに眠そ...

続きを読む

生き物, 山梨, 田舎で, 2020.05.09

熱い思いを隠して

庭に遊びに来た蝶の写真を、集めてみた。5月の『地球の歩き方』北杜・山梨特派員ブログである。ここ北杜市は、国蝶であるオ...

続きを読む

花と木, 生き物, 田舎で 2020.05.06

おはよう、けろじ。そして、カナヘビくん

悲しいことがあった。このところ毎日のように見かけるカナヘビくんのしっぽが切れていた。庭の水道の辺りを住まいにしている...

続きを読む

花と木, 生き物, 田舎で 2020.04.20

変わり続けている未来

ふと考える。もしこの先、違う道を進んだら、未来は何か変わるのだろうか。なに、大袈裟な話ではない。ウォーキングしていて...

続きを読む

花と木, 生き物, 田舎で 2020.04.11

カナヘビくん、可愛らしく

庭のタチツボスミレが、花を咲かせ始めた。落ち葉をどけたり、水をあげたりして花を楽しんでいる。そこで初めて、ニホンカナ...

続きを読む

花と木, 生き物, 薪ストーブ, 田舎で 2020.02.25

森日和

庭と地続きの隣りの林を、休日ごとに夫が整備している。八ヶ岳から吹き下ろす「八ヶ岳おろし」と呼ばれる木枯らしが荒れ狂う...

続きを読む

生き物, 珈琲&お茶, , 田舎で 2020.02.23

珈琲豆の出し殻

珈琲豆の出し殻がいいと聞いた。猫避けである。猫が嫌いなわけではない。飼ったことはないけれど、わたし自身は猫派に属して...

続きを読む

生き物, 薪ストーブ, 田舎で 2019.10.30

闖入者

ラグビー観戦翌日、帰宅すると何やら家のなかで音がした。「鳥がいる!」わたしの声に、荷物を片づけていた夫が駆けつけた。...

続きを読む

花と木, 生き物, 田舎で 2019.09.29

緑のなかのけろじ

家の北側の堰沿いの道を、久しぶりに歩いた。堰にかかる背の高い木を剪定してもらっていて、下からその様子を見たり、掃除し...

続きを読む

生き物, 日々の暮らし, 雑貨, 田舎で 2019.09.15

家に猫がいます

運転中、車にいろいろなステッカーが貼られているのを見かける。「kids in Car」とか「赤ちゃんが乗っています」...

続きを読む

生き物, 田舎で 2019.09.02

蝶のオアシス

週末は、客人を招いてバーベキューをした。翌朝日曜日、ウッドデッキの汚れたところに水をかけ、ブラシでこする。いい天気だ...

続きを読む

1 2 3 4 5

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.