CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

生き物, 四季, 田舎で 2021.01.15

見えない足跡

大寒を迎えた朝、降り積もった雪の上にいくつかの足跡を見つけた。小さな靴が、ふたり分。近所の小学生、サキちゃんとユウく...

続きを読む

健康, 生き物, 四季, からだのこと, 田舎で 2021.01.14

ターミネーターになる

日々、ターミネーターになっている。ルームランナーでウォーキングするわたしの姿がかっこ悪いとは定評がある(夫しか知らな...

続きを読む

生き物, 山梨, 田舎で, 2020.11.13

羊のケンカ

取材のつもりだったポニーや羊とふれあうことができる「まきば公園」は、今週、冬季休業に入った。ぐるりと一周周り、その後...

続きを読む

生き物, , 四季, 田舎で 2020.10.19

初冠雪

「たいへんだ」日曜の朝7時前。夫が飛び起きた。「つつかれてる」コツコツコツコツコツ。キツツキが、家の外壁をつついてい...

続きを読む

花と木, 生き物, 田舎で 2020.10.14

芸人ヤマガラ

最近よく来る野鳥の筆頭は、ヤマガラだ。ある日、ウッドデッキをくるりと低空飛行していると思ったら、窓にバーンとぶつかっ...

続きを読む

生き物, 田舎で 2020.09.26

ウッドデッキ色のけろじ

この夏は、ウッドデッキに上がってくるけろじが少なかった。その少ないけろじたちが、揃って黒っぽい。みな、ウッドデッキ色...

続きを読む

生き物, 田舎で 2020.09.17

頼りない場所

ウッドデッキに置いたアウトドア用の折りたたみ椅子に、けろじがとまっていた。蛙が「とまる」という表現はどうかとも思うが...

続きを読む

花と木, 生き物, 田舎で 2020.09.14

シジュウカラの巣

夫が庭のモミジを選定していて、あっと声を上げた。「巣がある」見ると、夫の片手に乗った小さな、しかし無数の藁を集め編ま...

続きを読む

生き物, 田舎で 2020.08.28

けろじの瞬き

けろじが瞬きしている瞬間を、目撃した。ウッドデッキにシェードをとりつけようと、2階のベランダに出て夫と布を押さえたり...

続きを読む

花と木, 生き物, 田舎で 2020.08.08

迷いこんだチビトカゲ

「あー、なかに入っちゃってるよ」しっぽが体長の半分ほどもあり、メタリックブルーに光っているから、ニホントカゲの子供だ...

続きを読む

花と木, 生き物, 日々の暮らし, 雑感, 田舎で 2020.07.18

カクテルパーティ効果

多くの声が響く場所で、自分が欲している情報だけを拾い集める能力を「カクテルパーティ効果」と呼ぶそうだ。パーティーなど...

続きを読む

生き物, 田舎で 2020.07.12

ガビチョウ

♩~ヒョイヒーヒョイヒーギュルルチョイチリ ピュウピュウピュウ最近、ガビチョウのさえずりをよく耳にする。カン高い鳴き...

続きを読む

花と木, 生き物, 田舎で 2020.06.28

蝶が飛び交う畦道で

取材の一端で、市内の小淵沢町で農家さんの働く姿を見せてもらう機会があった。紆余曲折を経て農業に携わっている方、十代か...

続きを読む

生き物, 田舎で 2020.05.25

ハクセキレイ~ちょっといいこと

最近よくハクセキレイを見かける。スーパーの駐車場や道路などを歩く姿も見られる、警戒心があまり強くない野鳥だ。しっぽを...

続きを読む

1 2 3 4 5

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2021年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.