CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

外ご飯, コンサート, , 鑑賞 2019.04.17

『Wonderful Tonight』

月曜日。髪を切った夜、夫婦でエリック・クラプトンのライブを聴きに行った。夫がクラプトンを聴き始めたのは中学生の頃から...

続きを読む

外ご飯, 2019.04.05

アジアンランチ

娘たちが通っていたピアノ教室の先生と再会し、たまにはふたりでゆっくりランチしようかということになった。娘たちは高校に...

続きを読む

外ご飯, 夫婦, , 家族のこと 2019.03.29

忘れられた豆

「豆、買ってきて」夫にそう言われ続けながら、忘れ続けていた。ようやく思い出したコンビニでは、カシューナッツやピスタチ...

続きを読む

外ご飯, 2019.03.27

春の夜、優しい食事を

東京は祖師ヶ谷大蔵で、夫と食事をした。『春風駘蕩』は、麹町にあった頃から夫が懇意にしていた店で、この冬移転してからわ...

続きを読む

外ご飯, 2019.02.14

数字の9

「ほら。やっぱり下線が入ってるでしょ」フードコートでランチにハンバーガーを食べたとき、渡されたナンバーが9だった。下...

続きを読む

外ご飯, パリ, , 2019.02.12

シャルキュトリー

神戸三ノ宮の夜は、カジュアルフレンチの夕食となった。夫の実家の大掃除をして、義母と一緒にリハビリ入院中の義父を見舞い...

続きを読む

外ご飯, 2019.02.05

海鮮丼と思いやり

先日、娘の芝居を観に行ったとき、ランチに海鮮丼を食べた。午後2時半過ぎに駆け込んで、なんとかランチ難民にならずに済ん...

続きを読む

家ご飯, 外ご飯, 2019.01.29

いろいろ食べよう その3

いろいろ食べよう、とこれまでかいてきた。その1は、体組成計に「旬の野菜を10品目食べましょう」と言われたこと。その2...

続きを読む

外ご飯, 手話, 日々の暮らし, 2019.01.19

今年の漢字一文字

ブログのお友達のユミさんは、ヨガ教室で毎年年明けに「今年の漢字」をそれぞれ発表するそうだ。今年は「繋」を選び、昨年あ...

続きを読む

外ご飯, 神戸, , 2019.01.16

いろいろ食べよう その2

成人の日の三連休は、夫の実家がある神戸に帰省した。帰省するとたいていは三ノ宮のホテルに宿泊する。両親の病院その他雑事...

続きを読む

外ご飯, 花と木, , 田舎で 2018.12.22

『ベーグル*いちか』と柚子

月1回ずつ2回、別々のエッセイサークルで勉強している。集まる場所も違うのだが、どちらへ行くときにも通る道に、『ベーグ...

続きを読む

外ご飯, 健康, , からだのこと 2018.11.07

『ゼロトレ』~もうひとつの効果

『ゼロトレ』を始めて、ひと月と1週間になるきのう、毎年受けている会社の健康診断があった。じつは、ちょっと楽しみにして...

続きを読む

外ご飯, 2018.10.30

森のラーメン

カンマンボロン登山の帰り、『森のラーメン高須』に寄った。帰り道にのぼりが立っていて、土日しか営業していないという一風...

続きを読む

外ご飯, , , 田舎で 2018.10.18

脳はひとつのことしか考えられない

手話仲間の友人と、ランチした。彼女が住む笛吹市の近く、山梨市にある『酒蔵カフェ櫂(かい)』を予約してくれた。養老酒造...

続きを読む

1 2 3 4 5

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.