CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

外ご飯, 親子, , 家族のこと 2022.08.10

鰻とレコード~Blowin’ in the Wind

娘が、鰻をご馳走してくれた。2ヶ月遅れの夫の誕生日祝いだ。清里に新しくできた「Blowin' in the Wind...

続きを読む

外ご飯, 北海道, , 2022.07.29

礼文島のてるてる坊主

旅の2日目。利尻島から礼文島へとフェリーで渡った。約45分。すぐに到着し、バスで「北のカナリアパーク」へ向かう。「北...

続きを読む

外ご飯, 北海道, , 2022.07.28

利尻島一周

信州松本空港からチャーター便で稚内空港へと飛ぶ【利尻島・礼文島・宗谷岬 4日間】ツアー。ウィズコロナムードが高まって...

続きを読む

外ご飯, 神戸, , 2022.07.17

冷麺と冷やし中華

先週は、ふたたび夫の実家、神戸へと帰省した。今年に入って、もう6回目だろうか。義母を見舞い、実家の片づけをした。炎天...

続きを読む

外ご飯, 2022.06.29

久しぶりのランチ

東京では、夫の写真展に来てくれた何組かの友人達とランチの機会があった。みなコロナ前のランチ以来で、オンラインおしゃべ...

続きを読む

外ご飯, 沼津, , 2022.06.06

沼津~日帰りドライブ

夫の誕生日に、静岡県の沼津港まで日帰りドライブに出かけた。昨年8月に中部横断道路が全線開通し、山梨と静岡が高速道路で...

続きを読む

外ご飯, 神戸, , 2022.06.02

仁淀川の純粉山椒

今週も、ふたたび三度の神戸へ帰省。義母の施設入居の手続きと引っ越し。そして、病院の付き添い。そんななか、夫が久しぶり...

続きを読む

外ご飯, 神戸, 珈琲&お茶, , 2022.05.26

神戸の珈琲

日曜日から、夫の故郷神戸に帰省していた。退院した義母を新しく入居する施設へ送り、実家の整理をした。前回、実家を整理し...

続きを読む

外ご飯, 2022.05.16

鴨南蛮には、黒七味

大相撲観戦まえのランチに、両国駅前の「江戸 NOREN」で蕎麦を食べた。そぼ降る雨に思いもよらずほどに気温が下がった...

続きを読む

外ご飯, 2022.05.13

カレーうどん~「巣鴨古奈屋」

シロさんのカレーうどんを食べて、カレーうどん熱に火がついた。先週、そうして立ち寄った東京でのひとりランチ。オアゾに入...

続きを読む

外ご飯, 東京, , 2022.05.08

築地な寿司で朝食を

連休は急遽神戸に帰省することになり、また翌日には東京で所用があり、夜遅く新幹線で東京へと向かった。急ぎでとったホテル...

続きを読む

外ご飯, 美術館, , 鑑賞 2022.03.25

クローン文化財「ミレーの《種をまく人》」

山梨県立美術館は、所用で甲府へ行く際通ることも多い、その名も美術館通りにある。けれどなかなかゆっくり館内を歩こうとい...

続きを読む

家ご飯, 外ご飯, 2021.12.28

ゲンコツテールスープ

東京に住む友人が、クリスマスプレゼントに(?)博多のゲンコツテールスープを送ってくれた。「そちらは気温が低いので、ス...

続きを読む

外ご飯, 健康, 神戸, , からだのこと, 2021.12.19

世界一長い雲梯

先週は、父の一周忌で東京へ行き、2日空けて神戸へ行くという強行軍だった。神戸の義父から義母への名義変更などは、本人が...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 11

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2022年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.