CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

家ご飯, 四季, , 田舎で 2020.01.15

でこぽんの季節

でこぽんの季節が来た。毎年、でこぽん売り出しを知るのは、スーパーの店頭だ。合図は、バレンタイン。お正月が落ちついた頃...

続きを読む

, 山梨, 田舎で, 2020.01.13

富士山を眺め続けて

『地球の歩き方』北杜・山梨特派員ブログで、「富士山オンパレード」と題して、過去の富士山の画像を集めてみた。ここ北杜市...

続きを読む

四季, 山梨, 田舎で, 2020.01.12

今年の漢字2020

一昨年から、1月に「今年の漢字」を考えるのが習慣となった。ブログのお友達のユミさんに習ってのことである。一昨年は、理...

続きを読む

, 親子, 家族のこと, 田舎で 2020.01.09

忘れ物

このところ、忘れ物が続いている。正月休み最終日、市内の温泉に行った帰り、シャンプーブラシを落としてしまった。何ともど...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2019.12.26

なめたけあるいは、なめこ?

「なめたけ、持ってくけ?」と近所の方にきのこをいただいた。原木栽培したものを食べきれないほどもらったのだという。「鍋...

続きを読む

薪ストーブ, 山梨, 田舎で, 2019.12.23

火はただ茫々と燃え

今年ラストの『地球の歩き方』北杜・山梨特派員ブログに、薪ストーブのことをかいた。薪を燃やす暮らしは、田舎暮らしならで...

続きを読む

, , 田舎で 2019.12.20

見えないけれど、そこにある

家から車を走らせて、まず見える山は、南アルプス連峰の甲斐駒ケ岳だ。「ああ、甲斐駒、綺麗。気持ちよく晴れてるなあ」そう...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2019.12.19

赤大根の酢漬け

家庭菜園をしている方に、赤大根をいただいた。「酢漬けにすると美味しいよ」毎年そう言ってくださるので、こちらも簡単酢漬...

続きを読む

花と木, 日々の暮らし, 雑貨, 田舎で 2019.12.17

匂い袋の赤

新しい年を迎える前にと、お香と匂い袋をネットで頼んだ。京都の友人が以前案内してくれた「松栄堂」のもので、義母も気に入...

続きを読む

日々の暮らし, 雑感, 田舎で 2019.12.12

石の未来、石の過去

居間に落ちていた小さな石のかけらを拾い、ふと思い出した。小学生の頃、15分ほどの道のりをよく石を蹴りながら下校した。...

続きを読む

, 四季, 田舎で 2019.11.30

雪化粧

きのうはひとり早朝から出かけることになっていた。アイドリングは好きではないが、零下の冷え込みだ。自分の身体が冷えに勝...

続きを読む

家ご飯, 薪ストーブ, , 田舎で 2019.11.29

残り暖

毎朝炊く、土鍋ご飯。炊き上がり、食卓に運ぶときには、それは熱い。鍋つかみでしっかりと持って運ぶ。だが蓋を開けてご飯を...

続きを読む

健康, , からだのこと, 田舎で 2019.11.26

人口が見える場所

きのう、何年かぶりにインフルエンザの予防接種を受けた。子どもの受験の年以外には受けたこともなかったのだが、今年は早々...

続きを読む

薪ストーブ, 四季, 家仕事, 日々の暮らし, 田舎で 2019.11.24

冬支度

今年も、天井に布を張った。アナログな暖房対策で、薪ストーブを燃やした暖を吹き抜けの2階に逃さないためだ。ついでに、吹...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 24

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.