CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

健康, 花と木, 生き物, からだのこと, 田舎で 2019.06.18

ないものねだり打開策

ぎっくり腰で行った整体で、聞いた話だ。「お昼はね、食べないんです」「えっ、どうして?」彼女はわたしと同い年の女性だが...

続きを読む

花と木, 山梨, 田舎で, 2019.06.12

初めて会った人と話をすると

市内の大泉町『清里高原つつじ祭り』へ、取材に行ってきた。じつは、出かけたのは1週間ほど前になる。植樹をするボランティ...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , , 田舎で 2019.06.09

新玉葱をいただいて

クリーニング屋のおばちゃんに、新玉葱をいただいた。「水にさらさなくても、切ってからしばらく置いておくと辛みが抜けるよ...

続きを読む

花と木, 親子, 三浦しをん, 家族のこと, 田舎で, 読書 2019.06.07

東京の紫陽花

東京は、紫陽花が咲いていた。「もう?」と驚き、半月ほどタイムスリップしたような気分になる。そして我に返り、ああ、やっ...

続きを読む

花と木, 田舎で 2019.05.24

足もとに落ちたサクランボ

「芝桜も、もう終わりだなあ。今年植えたのも根づきますように」緑濃くなった芝桜を見下ろしていたら、いくつもの小さな赤い...

続きを読む

家ご飯, 花と木, 生き物, , 田舎で 2019.05.21

蕗の煮物と思いこみ

庭の蕗で、茎の煮物を楽しんでいる。以前は皮を剥くのが億劫で、一度くらいしか煮ないまま季節が過ぎてしまうこともあったが...

続きを読む

花と木, 生き物, 家仕事, 日々の暮らし, 田舎で 2019.05.18

洗濯物を干していて

洗濯物を干していて、不意に生きているんだなあと思った。汗をかいて汚れて、それを洗い流して。洗ってしまえばきのう着てい...

続きを読む

花と木, 手話, 日々の暮らし, 田舎で 2019.05.16

藤の花

うちの藤が、咲いた。といっても隣りの林に自生している藤蔓だ。手入れをされた藤棚のようにたくさん花を咲かせるわけではな...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2019.05.11

ウコギおむすび

道の駅で見かけた山菜、ウコギを買ってウコギご飯にした。何年か前にご近所さんにいただいて、美味しかったのを思い出したの...

続きを読む

花と木, 親子, 家族のこと, 田舎で 2019.05.10

5月に咲く谷間の百合

今年は、スズランの開花が遅かった。たいてい5月1日のスズランの日には咲いているのだが、1週間ほど遅れただろうか。フラ...

続きを読む

生き物, , 田舎で 2019.05.09

春バテしていませんか?

きのうの朝は、山々が美しかった。山が美しいということは、それだけ冷え込んだということだ。久しぶりのひとりの朝。炬燵に...

続きを読む

生き物, 四季, 田舎で 2019.05.05

求愛の季節

「ツッピツッピって、どんな意味があるんだっけ?」庭でシジュウカラが、ツッピツッピ繰り返し鳴いている。ウッドデッキで珈...

続きを読む

花と木, 山梨, 田舎で, 2019.05.04

『海岸寺』の石仏たち

遊びに来た夫の友人と一緒に、市内のお隣り須玉町にある『海岸寺』を訪ねた。たくさんの石仏が集められている寺である。風も...

続きを読む

花と木, 田舎で 2019.05.02

アオダモの白い花

「玄関側の林に、白い花が咲いてるよ」夫が言うので、見に行ってみた。「何の花だろう」木々を分け入って林に入り、じっくり...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 20

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.