CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

花と木, 日々の暮らし, 雑貨, 田舎で 2019.10.13

小紫のグラデーション

庭の小紫が、色づいている。枝先の実は、まだシャインマスカットのような若い緑だが、枝の根もとの実は濃い紫色に染まってき...

続きを読む

, 山梨, 田舎で, 2019.10.07

八ヶ岳から八ヶ岳は見えない

先月のことになるが、神戸から来た夫の友人たちと「サンメドウズ清里」へ遊びに行った。スキー場のリフトをオフシーズンのあ...

続きを読む

花と木, 山梨, 田舎で, 2019.10.02

彼岸花シンクロニシティ

最近、彼岸花を目にすることが多い。10日ほど前からだろうか。田んぼの畦や道端に彼岸花の赤を目にして、ああ、今年も咲い...

続きを読む

花と木, 生き物, 田舎で 2019.09.29

緑のなかのけろじ

家の北側の堰沿いの道を、久しぶりに歩いた。堰にかかる背の高い木を剪定してもらっていて、下からその様子を見たり、掃除し...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2019.09.28

物々交換

夕刻帰るなり、ウォーキングしているお隣りさんから声がかかった。仕事で東京と明野を行ったり来たりしている、林向こうのお...

続きを読む

, , 田舎で 2019.09.26

夕焼けに消えた叢雲

きのう、夕方5時過ぎの空には、叢雲(むらくも)がいっぱいに広がっていた。空の写真図鑑のような本『空の名前』で覚えた雲...

続きを読む

家ご飯, 四季, , 田舎で 2019.09.24

鍋初め

先週、急に気温が下がった日の夜、今シーズン初めて鍋をした。「白菜がまだ、美味しくなってないよね」ということで、白菜を...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2019.09.23

栗の実

あっという間に、栗の季節がやってきた。すでに20個くらいのイガ栗が落ちている。栗は落ちるとすぐに虫が入るので、落ちる...

続きを読む

花と木, 田舎で 2019.09.22

ニラの花、実をつけて

一輪挿しに、庭のニラの花を飾った。水は変えたが、テーブルの上に1週間そのままにしていた。すると、花がしおれるというよ...

続きを読む

家ご飯, 四季, , 田舎で 2019.09.19

新米~お米のパワー

近所の農家さんに新米をいただき、朝食に土鍋で炊いて食べた。白く美しく、お米が立っている。もっちりしていて美味しい。田...

続きを読む

生き物, 日々の暮らし, 雑貨, 田舎で 2019.09.15

家に猫がいます

運転中、車にいろいろなステッカーが貼られているのを見かける。「kids in Car」とか「赤ちゃんが乗っています」...

続きを読む

, 四季, 田舎で 2019.09.13

なぜ山は青く見えるのか

きのうは久しぶりに、山が青く見えた。ふと、なぜ山は青く見えるのだろうと疑問に思い調べてみた。すると、空や海が青く見え...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2019.09.12

新緑カラー輝いて

今年も、いつもの農家さんに送ってもらったシャインマスカットを堪能した。いつもの年より大粒かも知れない。すっきりとした...

続きを読む

, 四季, 山梨, 田舎で, 2019.09.10

南アルプス中野の棚田

南アルプス市に広がる棚田へ、取材に出かけた。富士山が見える日を心待ちに夏を過ごしたのだが、とうとう稲刈りの時期になっ...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 22

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.