CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

花と木, , 四季, 山梨, 田舎で, 2024.04.13

きのうの失敗

翌日になって、きのうの失敗に気づく。そういうことが、ままある。そのときには気づかなかったことを、俯瞰して見るには時間...

続きを読む

花と木, , 四季, 俳句, 日々の暮らし, 田舎で 2024.04.11

遠くと近くは、同じ場所にある

NHK俳句大会に投句したうちの一句は秀作をいただいたが、もう一句も佳作には届かなかったが入選していた。小さき富士都営...

続きを読む

花と木, 四季, 東京, 田舎で, 2024.04.10

夜桜・夕桜・朝桜~春の季語

東京で、娘夫婦と久しぶりに会った。結婚したのはちょうど1年前になるが、桜の季節を待ってこれからウェディングフォトを撮...

続きを読む

花と木, 四季, 俳句, 日々の暮らし, 田舎で 2024.04.07

辛夷・雪柳~春の季語

庭では、桜や水仙のほか、辛夷や雪柳、ミツバツツジ、春蘭、プラムなどが咲き始めている。久しぶりに、夫の一眼レフを借りて...

続きを読む

花と木, 生き物, 四季, 田舎で 2024.04.05

庭の桜

「あ、咲いてる」窓から見て、気がついた。待ちかねていたわけでもなかったので、そういう反応になる。庭の桜である。取材取...

続きを読む

花と木, 四季, 山梨, 田舎で, 2024.04.04

さくら温泉通りの桜並木で

4月に入り、桜の取材に出かけた。開花が遅れた今年、まだ満開にはほど遠いが、週後半は雨予報。少し早いが「石和温泉さくら...

続きを読む

花と木, 生き物, 四季, 俳句, 日々の暮らし, 田舎で 2024.03.29

水仙・喇叭水仙・黄水仙~冬と春の季語

庭の水仙が、ようやく咲いた。『俳句歳時記』を調べると、「水仙」は冬の季語。また「喇叭(らっぱ)水仙」「黄水仙」は、春...

続きを読む

花と木, , 四季, 田舎で 2024.03.25

道すがら見かけた桜

エッセイ教室や句会から帰るときに通る道すがら、桜を見かけた。あれ? と思うのは、行きも同じ道を通ったのに、まったく気...

続きを読む

花と木, 四季, 俳句, 日々の暮らし, 田舎で 2024.03.23

3月の句会~彼岸・蒲公英

3月の句会。兼題は「彼岸」「蒲公英(たんぽぽ)」。「彼岸」は、春の時候の季語で、傍題に「入彼岸」「彼岸過」などがある...

続きを読む

花と木, 山梨, 俳句, 日々の暮らし, 田舎で, 2024.03.18

河津桜と句碑

久しぶりに、日帰りドライブで遠出した。夫が、南部町へ写真展を観に行きたいという。山梨のなかでも長野寄りの我が家からは...

続きを読む

花と木, 生き物, 四季, 俳句, 日々の暮らし, 田舎で 2024.03.04

鵙の速贄(もずのはやにえ)~秋の季語

「ハナミズキの枝に、モズの速贄(はやにえ)があるよ」夫がいうので見にいくと、枝に刺さった蜥蜴(とかげ)の腹が銀色に輝...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 四季, , 田舎で 2024.02.25

蕗味噌~春の季語

冬の雨が上がった朝、庭で蕗の薹がたくさん採れた。すでに2度天麩羅にしているので、たっぷり使って蕗味噌を炒めた。「蕗の...

続きを読む

花と木, 四季, 俳句, 日々の暮らし, 田舎で 2024.02.17

2月の句会~余寒・梅

2月の句会。兼題は、「余寒」「梅」。今回初めて、先生がお休みされたので、会員のみの句会となった。例句などはなく、けれ...

続きを読む

家ご飯, 花と木, 四季, , 田舎で 2024.02.15

味噌開き~味噌に入っているもの

遅ればせながら、去年造った味噌を食べてみた。味噌開きだ。といっても、わたしはぎっくり腰で味噌造りには参加できなかった...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 34

PROFILE

プロフィール
水月

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2024年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.