CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

CIMG7949

田舎で, 花と木 2017.06.16

名前を知るということ

ずっと以前から庭に生息していた植物の名を、初めて知った。サルトリイバラである。玄関の石垣に勝手に生えてきたこの植物は...

続きを読む

CIMG7872

田舎で, 花と木 2017.06.10

野の花博士になる

「植物、詳しいんだね」「花の名前、よく知ってるね」最近になって、よく言われるようになった。特別詳しいわけではないと、...

続きを読む

CIMG7798

おしゃれ, 日々の暮らし, 田舎で, 花と木 2017.06.07

色と色の間に

6月のカレンダーに、不思議な色合いの紫陽花の写真がある。黄色なのか緑なのか、青なのか紫なのか、ピンクなのか橙なのか、...

続きを読む

CIMG7687

家仕事, 日々の暮らし, 田舎で, 花と木 2017.06.02

雨降って地固まる

玄関側の駐車場に、砂利を入れた。何年か前に入れたものがだいぶ流れてしまい、少なくなっていたのだ。梅雨入りの前に、よう...

続きを読む

CIMG7625

田舎で, 花と木 2017.06.01

キバナコスモスを見上げて

友人宅に届け物をする際、角を一つ曲がり損ねた。だが、Uターンするよりは、もう一つ先の角を曲がろうとそのまま走った。走...

続きを読む

CIMG7318

手話, 日々の暮らし, 田舎で, 花と木 2017.05.24

「楽しい」と「うれしい」

毎日エッセイを綴るようになり、使う頻度がぐんと増えた言葉がいくつかある。「楽しい」や「うれしい」のほか、「きれい」「...

続きを読む

CIMG7303

家ご飯, 田舎で, 花と木, 2017.05.22

白い情熱

庭の蕗と、山独活(やまうど)を収穫した。蕗は、採っても採っても無限にある。山独活は、白いところを食べるので陽が当たら...

続きを読む

CIMG7138

田舎で, 花と木 2017.05.18

思いがけずニセアカシア

忘れ物をした。東京と神戸に続けて滞在すべく、キャリーバッグに着替えやら何やらを詰め込んで、戸締りをして家を出た。「ケ...

続きを読む

CIMG7036

生き物, 田舎で, 花と木 2017.05.16

周りの風景とともに

一昨日の日曜日。今年初めてウッドデッキにけろじが上って来た。暗い緑色に黒い模様が混じった子と、全体が茶っぽいグレーで...

続きを読む

CIMG6949

家仕事, 日々の暮らし, 田舎で, 花と木 2017.05.12

道の駅?

お隣りは須玉町の道の駅へ、ふらりと立ち寄った。ブロ友さんが、ひとりドライブでちょっと遠くの道の駅へ足を伸ばしたとかい...

続きを読む

CIMG6895

田舎で, 花と木 2017.05.09

スズランの白

庭でスズランが、咲いている。白い花と葉の緑のコントラスト。釣り鐘のような形。その小ささ。思わずため息がこぼれてしまう...

続きを読む

CIMG6826

家ご飯, 田舎で, 花と木, 2017.05.07

木の芽らしく

日々緑濃くなるなか、庭の幸を楽しんでいる。何年か前に植えて、毎年出てくるアスパラも少しずつ食べている。イタリアンパセ...

続きを読む

CIMG6790

, 田舎で, 花と木 2017.05.06

何一つ迷うことなく

連休後半は、家でのんびりと過ごしている。朝は散歩して、昼は洗車や草取りをして昼寝して、夜はたまったドラマを観て。この...

続きを読む

CIMG6543

家族のこと, 田舎で, 花と木, 親子 2017.04.28

スズランの蕾

庭のスズランが、蕾をつけている。スズランの蕾は、花が咲く形よりも茎の部分が伸びきっていないうちに葉に抱かれたように膨...

続きを読む

1 2 3
CIMG8292

PROFILE

プロフィール
2016-10-02-11-07-59-1
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

随筆かきます。

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.