CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

花と木, 山梨, 田舎で, 2020.07.10

カーネーションとさくらんぼ

カーネーションの花束を、いただいた。濃いピンク、桜色のような優しいピンク、桃色、明るいピンクで白い縁取りのもの、花び...

続きを読む

花と木, 田舎で 2020.07.03

アナベル~紫陽花の数え方

2年前にいただいた白い紫陽花が、今年初めて花を咲かせた。「アナベル」という生命力の強い育てやすい品種だから、茶色い指...

続きを読む

花と木, 珈琲&お茶, , 田舎で 2020.06.30

憧れの生ハーブティ

去年の秋、生ハーブティをいただく機会があり、それがとても美味しかったので、ハーブ園でレモングラスとレモンバーベナの苗...

続きを読む

花と木, 生き物, 田舎で 2020.06.28

蝶が飛び交う畦道で

取材の一端で、市内の小淵沢町で農家さんの働く姿を見せてもらう機会があった。紆余曲折を経て農業に携わっている方、十代か...

続きを読む

家ご飯, 花と木, 珈琲&お茶, , 田舎で 2020.06.22

山椒と珈琲

山椒の実を収穫した。今年は、これまででいちばん実をつけていて、たっぷりと採ることができた。日曜の朝、夫と採ったのだが...

続きを読む

花と木, 田舎で 2020.06.18

山紫陽花咲いて

庭にいくつかある紫陽花のなかでもひと足早く山紫陽花が咲いた。普通の紫陽花の半分ほどの大きさの花で、濃い紫がかった青が...

続きを読む

花と木, 山梨, 田舎で, 2020.06.13

さくらんぼ狩りスタート

今日から、明野さくらんぼ団地のさくらんぼ狩りが始まる。ホームページ立ち上げからお手伝いさせてもらって、ようやく迎えた...

続きを読む

花と木, 日々の暮らし, 雑感, 田舎で 2020.06.11

アンラッキーか?ラッキーか?

少しまえのことになるが、愛車のタイヤがパンクした。取材に向かう途中、突然車が警告を出した。「タイヤの空気圧を確認して...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2020.06.10

枇杷

大粒の枇杷をいただいた。剥いてみると、実は締まっているがやわらかく甘味が濃い。「子どもの頃、近所に生ってる枇杷、食べ...

続きを読む

花と木, 田舎で 2020.05.27

眠るマツバギク

マツバギクは、眠る。知らなかったわけではないような気もするが、あらためて知った。日曜に、夫と庭仕事をしていた。そのと...

続きを読む

花と木, 山梨, 田舎で, 2020.05.22

とびきり美味しいよ「明野さくらんぼ」

町内にあるさくらんぼ観光農園のホームページ立ち上げに、かかわった。明野さくらんぼ観光農園は、今、窮地に立たされている...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2020.05.19

ハリギリ

夫のチームメイトに、山菜をいただいた。その数種類の山菜のなかには、初めて見る「ハリギリ」なるものがあった。漢字では、...

続きを読む

花と木, 田舎で 2020.05.14

オドリコソウ

ウォーキングしていて、初めて見る花に出会った。茎を中心にとりかこむように白い花を咲かせている。ちょっと変わった咲き方...

続きを読む

家ご飯, 花と木, 親子, , 家族のこと, 田舎で 2020.05.12

母の日

上の娘から、うなぎが届いた。母の日のプレゼントだ。箱を開けた途端に、夫とふたり大笑いした。なぜなら、わたしの母と夫の...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 15

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.