CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

花と木, 田舎で 2022.01.11

森の木を切る

暖かく風もなく穏やかに晴れたきのう、夫が森の整備をしていた。細くひょろりと伸びた赤松を、切るという。細いといっても、...

続きを読む

花と木, 山梨, 田舎で, 2021.12.30

「ワニ塚のサクラ」その後

年の終わりに、うれしいニュースが入ってきた。応援記事をかいた「わに塚のサクラ」のクラウドファウンディングが目標金額の...

続きを読む

花と木, 四季, 田舎で 2021.12.24

赤い実

今年も、真っ赤な実が南天の木を飾っている。ハナミズキの赤い実も落ち、あるいは鳥たちに食べられて、今、庭に生っている赤...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2021.12.16

大根の千切りの味噌汁

大根を山ほどいただいていろいろ楽しんでいるのだけれど、最近、開眼した。「せん切り大根と豚バラ肉の鍋」で、気がついた。...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2021.12.11

白菜~黄ごころ

知り合ったばかりの近所の農家さんに、白菜をいただいた。「黄心(きごころ)」という名だという。なかが黄色い、黄芯白菜だ...

続きを読む

花と木, 高知, 田舎で, 2021.12.03

石蕗~ツワブキ

道で黄色いツワブキの花を見かけると、うれしくなる。高知の旅で、これでもかというほどに咲いていて、ここにもツワブキ、そ...

続きを読む

花と木, 山梨, 田舎で, 2021.11.26

わに塚のサクラに

『地球の歩き方』に、「わに塚のサクラ」の記事をかいた。月初めに見に行って、元気をなくした姿を見てから、気になっていた...

続きを読む

家ご飯, 花と木, 四季, , 田舎で 2021.11.14

きのこな日々は続く

夫がきのこ狩りで収穫した、ムキタケ。庭で育てた原木シイタケ。きのこな日々は続いている。鍋や味噌汁はもちろんのこと、バ...

続きを読む

家ご飯, 花と木, 四季, , 田舎で 2021.11.10

シルクスイートと紅はるか

夫が、散歩中に近所の農家さんからさつま芋をもらってきた。シルクスイートと紅はるかの2種類だ。甘みは紅はるかの方がある...

続きを読む

家ご飯, 花と木, 四季, , 田舎で 2021.11.06

お次は、シイタケ

2年前に夫が菌を入れた原木に、シイタケがようやく顔を出した。最初は小さくて、夫もがっかりしていたのだが、水をあげると...

続きを読む

家ご飯, 花と木, 四季, , 田舎で 2021.11.05

シモフリシメジとムキタケ

夫がふたたび、きのこ狩りに行ってきた。今回は、シモフリシメジとムキタケを収穫し、楽しそうに帰ってきた。シモフリシメジ...

続きを読む

花と木, 山梨, 田舎で, 2021.11.04

「わに塚のサクラ」クラウドファンディング

お隣り韮崎市の観光スポットである「わに塚のサクラ」の元気がなくなってきている。パワスポキャメちゃんのパワースポット取...

続きを読む

健康, 花と木, からだのこと, 田舎で 2021.10.31

イボの消滅

じつを言うと先月、手術の予定があった。顔の左頬、目の下にできたイボのレーザー手術である。2年ほど前からそこにぽちりと...

続きを読む

花と木, 田舎で 2021.10.25

シクラメンの植え替え

昨年末、友人が送ってくれたシクラメンの植え替えをした。夏のあいだ、庭に出しておいたら花を咲かせていて、植え替えてあげ...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 23

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.