CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

, 山梨, 田舎で, 2019.10.07

八ヶ岳から八ヶ岳は見えない

先月のことになるが、神戸から来た夫の友人たちと「サンメドウズ清里」へ遊びに行った。スキー場のリフトをオフシーズンのあ...

続きを読む

, , 田舎で 2019.09.26

夕焼けに消えた叢雲

きのう、夕方5時過ぎの空には、叢雲(むらくも)がいっぱいに広がっていた。空の写真図鑑のような本『空の名前』で覚えた雲...

続きを読む

, 四季, 田舎で 2019.09.13

なぜ山は青く見えるのか

きのうは久しぶりに、山が青く見えた。ふと、なぜ山は青く見えるのだろうと疑問に思い調べてみた。すると、空や海が青く見え...

続きを読む

, 四季, 山梨, 田舎で, 2019.09.10

南アルプス中野の棚田

南アルプス市に広がる棚田へ、取材に出かけた。富士山が見える日を心待ちに夏を過ごしたのだが、とうとう稲刈りの時期になっ...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , , 田舎で 2019.06.09

新玉葱をいただいて

クリーニング屋のおばちゃんに、新玉葱をいただいた。「水にさらさなくても、切ってからしばらく置いておくと辛みが抜けるよ...

続きを読む

生き物, , 田舎で 2019.05.09

春バテしていませんか?

きのうの朝は、山々が美しかった。山が美しいということは、それだけ冷え込んだということだ。久しぶりのひとりの朝。炬燵に...

続きを読む

, , 田舎で 2019.04.29

環水平アークとヒトリシズカ

『梅之木遺跡』を取材中、初めて目にするものが空に浮かんでいた。目にした瞬間、小さな驚きが胸に広がっていく。虹と似てい...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , , 田舎で 2019.04.21

朝の散歩

土曜の朝、夫に誘われ久しぶりに散歩した。風もなく、雲ひとつない空が青く青く広がっていた。標高600mの我が家より上へ...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , , 田舎で 2019.04.06

たかが15分、されど15分

時間というものは、簡単に伸びたり縮んだりはしないと思っていたのだが、この春から早起きする日の朝の時間が伸びた。春のダ...

続きを読む

, ポルトガル, 田舎で, 2019.03.19

アズールブランコ

きのうは、朝零下まで冷え込み、山々が美しかった。運転しながら八ヶ岳を眺め、ふっとポルトガルで観た「アズレージョ」に似...

続きを読む

, , 田舎で 2019.02.22

叢雲迷ふ夕べにも

きのうの夕方、雲がいつもと違う様子をしていた。空の写真図鑑『空の名前』を開くと、「叢雲(むらくも)」に似ている。以前...

続きを読む

, その他, 田舎で, 読書 2019.02.19

「雨水」の頃

きのうの朝、夫の出勤に合わせて5時半に起きると、部屋が薄ぼんやりと明るかった。零下の朝だったが、冬至からふた月ほど経...

続きを読む

, 田舎で 2019.02.09

それがどうした

忙しいなあと思ったときには、すでにキャパ越えになっている。それに気づくのはいつも、何をする気力もなくぼんやりとしてし...

続きを読む

, 田舎で 2019.01.15

光の加減で

明野から、美しい富士山を観た。こんな富士は久しぶりだった。近隣から観る富士山は、昼過ぎまで太陽を背にしていることが多...

続きを読む

1 2 3 4 5

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.