CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

健康, , からだのこと, 田舎で 2022.07.20

目覚ましが鳴るまでの時間

最近、朝早く目覚めることが多い。6時半や7時に合わせた目覚ましよりも、かなり早く目覚めて眠れそうにないときには起きて...

続きを読む

花と木, , 四季, 田舎で 2022.05.03

春を迎える八ヶ岳

こんなに澄んで青く見えるのは、今シーズン最後かもしれない。まだ頂は、雪を冠し凍っている。そこでは人も動物も寄せつけず...

続きを読む

, 田舎で 2022.04.23

今年いちばんの富士

きのう見た富士山は、今年いちばんの富士だった。春霞が続く日々だったが、一昨日の雨で洗われたかのようにきのうの朝にはく...

続きを読む

花と木, , 四季, 田舎で 2022.04.17

ハナミズキ

庭のハナミズキが、咲いた。赤と白の花が咲く木を隣同士に1本ずつ植えているので、紅白でにぎやかだ。垣根の横に植えている...

続きを読む

家ご飯, , 夫婦, , 家族のこと, 田舎で 2022.02.24

夫が退院しました

両膝の半月板を手術して2週間ほど入院していた夫が、退院し家に帰ってきた。退院日にようやく全荷重をかけられるようになっ...

続きを読む

, 四季, 田舎で 2022.02.12

氷柱、垂氷、銀竹、巻き垂れ

一昨日は、山梨全県に大雪警報が出た。家に籠もっていたので、何事もなく静かな1日となった。翌日、きのうの朝になるが、ウ...

続きを読む

, 四季, 田舎で 2022.02.08

七十二候~黄鶯睍睆(うぐいすなく)

二十四節気がトップの立春を迎え、七十二候は第一候「東風解凍(はるかぜこおりをとく)」を経て、明日第二候「黄鶯睍睆 (...

続きを読む

, 山梨, 田舎で, 2022.02.02

マイ富士山スポット

富士山は、特別な山だ。日本一の高さ。雪を冠する凜とした姿。左右対称にも思える形は、正しさやまっすぐさを思わせる。曲が...

続きを読む

, 四季, 田舎で 2022.01.25

大寒の初雪

朝、窓の外を見ると、一面雪景色だった。ちらちら舞ったことはあったが、積もったのは、今シーズン初めてだ。極寒で木枯らし...

続きを読む

, , 田舎で 2022.01.18

夕刻のドライブ

夕刻、町内の薬局まで車を走らせた。車窓から、片側だけ夕焼けに染まった富士山が見える。ちょうどきれいに見える場所を通っ...

続きを読む

, 山梨, 田舎で, 2022.01.04

三国峠

日常的に、富士山の写真を撮っている。年に一度、年始めに『地球の歩き方』で「富士山オンパレード」の記事をかくためだ。今...

続きを読む

, 山梨, 田舎で, 2022.01.02

初日の出~今年の漢字

元旦の朝、初日の出を見に出かけた。車で5分ほど走った明野町内に、富士山と日の出がコラボレーションで見られる場所がある...

続きを読む

, 手話, 日々の暮らし, 田舎で 2021.12.13

蛍光ペンで塗ったような八ヶ岳

毎朝八ヶ岳は、様々な顔を見せてくれる。たいてい6時半に起きるのだが、日の出で赤く染まった姿はよく見られる。だが、その...

続きを読む

, 四季, 田舎で 2021.12.10

権現岳と三ツ頭

八ヶ岳が、雪化粧を濃くしたり薄くしたりを繰り返している。八ヶ岳の「八」という字には8つの山ではなく「たくさん」という...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 10

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2022年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.