CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

, 田舎で 2020.05.13

天を仰ぐお釈迦様

鳳凰三山は、家の前からよく見える南アルプス連峰の山だ。もう20年ものあいだ、日々眺めてきた山である。薬師ヶ岳、観音ヶ...

続きを読む

花と木, , 山梨, 田舎で, 2020.05.11

棚田のパワー、地球のチカラ

昨年秋に取材した南アルプス市にある「中野の棚田」へ行ってきた。行ってきたといっても、車で現地に行き、遠景を撮影しただ...

続きを読む

, 四季, 田舎で 2020.04.15

山々はふたたび雪化粧して

久しぶりに一日じゅう雨が降り、雨が上がったきのうの朝、山々は白く白く雪化粧をしていた。「もう4月も半ばになるのに、雪...

続きを読む

花と木, , 山梨, 田舎で, 2020.04.12

今わたしにできること

今年の4月は、特派員ブログの4記事すべて桜にした。きのう観に出かけたのは「長坂池の桜」。娘が通っていた高校のすぐ近く...

続きを読む

花と木, , 親子, 家族のこと, 田舎で 2020.03.17

娘の背中

週末、25歳の末娘が帰ってきた。所用があってのことだ。4年ぶりだという。東京では、何度も会っていたのでそんなになると...

続きを読む

花と木, , 山梨, 田舎で, 2020.03.08

梅の花ほころんで

しつこく富士山を追いかけている。何度も前を通りつつも足を踏み入れたことのなかった「赤坂台総合公園」を歩いてみた。展望...

続きを読む

, 日々の暮らし, 雑感, 田舎で 2020.03.04

目に見えないもの

月曜の朝は、濃い霧に包まれていた。普段は目に見えない空気のなかの水滴が霧となり、こうして見えている。不思議だ。考えて...

続きを読む

, 山梨, 田舎で, 2020.03.03

いつも車で通り過ぎる道を

取材に出かけるのも考えてしまうような状況になってしまった。それでも月4本はアップしなければならず、富士山を追いかけて...

続きを読む

, 四季, 田舎で 2020.02.10

凍った朝に

この季節、朝早く運転しようと思うと、まず凍ったフロントガラスを解かさなくてはならない。地球のためにアイドリングはした...

続きを読む

, 四季, , 田舎で 2020.01.21

空の一部

日曜の朝、青く抜けていた空は、しかし次第に色を手放していった。雲ひとつないという形容そのままだったが、山から雲が生ま...

続きを読む

, 山梨, 田舎で, 2020.01.13

富士山を眺め続けて

『地球の歩き方』北杜・山梨特派員ブログで、「富士山オンパレード」と題して、過去の富士山の画像を集めてみた。ここ北杜市...

続きを読む

, 親子, 家族のこと, 田舎で 2020.01.09

忘れ物

このところ、忘れ物が続いている。正月休み最終日、市内の温泉に行った帰り、シャンプーブラシを落としてしまった。何ともど...

続きを読む

, , 田舎で 2019.12.20

見えないけれど、そこにある

家から車を走らせて、まず見える山は、南アルプス連峰の甲斐駒ケ岳だ。「ああ、甲斐駒、綺麗。気持ちよく晴れてるなあ」そう...

続きを読む

, 四季, 田舎で 2019.11.30

雪化粧

きのうはひとり早朝から出かけることになっていた。アイドリングは好きではないが、零下の冷え込みだ。自分の身体が冷えに勝...

続きを読む

1 2 3 4 5 6

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.