CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

CIMG2375

, 日々の暮らし, 田舎で, 雑感 2017.09.19

太陽の力

居間で洗濯物をたたみながら、背中にあたる光を感じた。台風一過のきのう、朝久しぶりに差しこんだ太陽の光が、そっと背中を...

続きを読む

CIMG7832

, 田舎で 2017.06.08

ジェット雲

一昨日の夕刻、夕焼けがきれいだった。それを囲む雲は、ぶつかり合いながら屈折しているように見えた。空の写真図鑑『空の名...

続きを読む

CIMG7775

, 田舎で 2017.06.06

刷毛で描いたような雲

ゴミを出しに行く途中、空を刷毛で薄く塗ったような雲が広がっていた。(田舎なので、徒歩でゴミ出しに行ける距離ではないの...

続きを読む

CIMG6790

, 田舎で, 花と木 2017.05.06

何一つ迷うことなく

連休後半は、家でのんびりと過ごしている。朝は散歩して、昼は洗車や草取りをして昼寝して、夜はたまったドラマを観て。この...

続きを読む

CIMG5057

, 田舎で 2017.03.11

春待つ時間

「今年は、雪は積もらなかったねえ」夫と話しながら、久しぶりに散歩した。「赤岳は、真っ白だけどねえ」八ヶ岳最高峰の赤岳...

続きを読む

CIMG4002

イタリア, , , 田舎で 2017.01.28

見たまんまの真実

朝は零下まで冷え込む日々が、続いている。晴れて山がきれいに見える日ほど、気温は下がっている。厳しい寒さと山々の美しさ...

続きを読む

CIMG3770

, 田舎で 2017.01.15

八ヶ岳がおろす風花

読んだばかりの小説『また次の春へ』のなかで「風花」という言葉がでてきた。それが雪だということは判るのだが、イメージす...

続きを読む

cimg3595

, 田舎で 2017.01.05

行雲流水のごとく

いつになく穏やかな正月休みだった。空は青く、流れる雲は白い。「行雲流水」正月を迎えると毎年思い浮かべる四字熟語だ。物...

続きを読む

cimg3261

, 田舎で 2016.12.20

八ヶ岳にみる「美」と「心地よさ」

日曜日。所用で清里に出かけた際、八ヶ岳高原大橋を通った。前日の雲がかかった八ヶ岳に心配していたのだが、八ヶ岳おろし、...

続きを読む

cimg2052

, 田舎で 2016.11.29

富士山、ふじさん

きのうの朝は、富士山がきれいに見えた。富士山がきれいに見えるといいことがありそうな気がする。特別な山だ。パワーを感じ...

続きを読む

cimg1617

, 日々の暮らし, 田舎で, 雑感 2016.11.11

冬の使者

玄関のチャイムが、鳴った。「こんな時間にだれだろう?」朝の8時である。ところが、玄関に出てみると誰の姿もない。「あれ...

続きを読む

cimg1463

, 田舎で 2016.11.05

自分のなかにあるエネルギー

一昨日、八ヶ岳に雲がかかっていた。冬、「八ヶ岳おろし」と呼ばれる木枯らし、強い北風を起こす雲だ。越してきた頃、山がき...

続きを読む

cimg1206

, 田舎で 2016.10.24

どこまでも続く秋の空

きのうは、よく晴れた。ゴミを出しに行くと、田舎なのでゴミ集積所までも車を走らせるわけだが、秋の空を自由に浮遊する雲た...

続きを読む

CIMG2394

PROFILE

プロフィール
2016-10-02-11-07-59-1
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

随筆かきます。

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.