CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

外ご飯, 2019.06.17

牛になりたい

夫の写真展に足を運んだあと、神保町で夕食をとった。『ceppo(チェッポ)』というワインと炭火焼のお店だ。ceppo...

続きを読む

外ご飯, 2019.06.16

夏休みの宿題いつやる派?

夫の写真展を観に来てくれた友人と、表参道でランチした。定期的にランチしているので、ごく最近の近況報告などをしあう。彼...

続きを読む

家ご飯, , 2019.06.15

2代目のご飯土鍋

ご飯土鍋の蓋を、割ってしまった。1年半、美味しいご飯を炊いてくれたがしょうがない。新しい土鍋を買うしかない。それなら...

続きを読む

家ご飯, 漫画, , 読書 2019.06.14

『きのう何食べた?』メシ~しょうが焼き

ドラマ『きのう何食べた?』のオープニングが大好きだ。内野のケンジは文句なくハマリ役だが、オープニングの西島シロさんは...

続きを読む

家ご飯, 漫画, , 読書 2019.06.10

『きのう何食べた?』メシ~サッポロ一番

気温が下がった梅雨空のひとりランチ。ようやく、ケンジのサッポロ一番を作った。連載中の『きのう何食べた?』メシを食べよ...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , , 田舎で 2019.06.09

新玉葱をいただいて

クリーニング屋のおばちゃんに、新玉葱をいただいた。「水にさらさなくても、切ってからしばらく置いておくと辛みが抜けるよ...

続きを読む

スイーツ, 2019.06.08

『FarEastBazaar』のドライフルーツ

夫の誕生日に、ドライフルーツとナッツの詰め合わせをいただいた。『FarEastBazaar』のドライフルーツは、完全...

続きを読む

家ご飯, 夫婦, 親子, , 家族のこと 2019.06.04

毎年の蒸し穴子

今日は、夫の還暦の誕生日。義母は、毎年と変わらず誕生日の5日ほど前に蒸し穴子を贈ってくれた。週末は穴子三昧だった。「...

続きを読む

家ご飯, 2019.06.03

きのこが違う

いつもと何ら違わぬ朝ご飯。目玉焼きといくつかの野菜、そして味噌汁。ともに食した夫にも、何も変わったところなどないよう...

続きを読む

家ご飯, 山梨, , 2019.05.30

お買い物ゲーム

『地球の歩き方』特派員ブログでは、月によって「お題」と称しテーマが出る。ここ数カ月連続で出ていた「もしわたしが○○の...

続きを読む

家ご飯, 2019.05.29

ほうとうには”ミミ”がある

山梨の郷土料理「ほうとう」に”ミミ”があることを、初めて知った。だが”ミミ”といっても、ほうとうの切れ端などではない...

続きを読む

家ご飯, 2019.05.26

忘れられた目玉焼き

朝食の目玉焼きは、焼きたて熱々を食べたい。だから土鍋のご飯が炊けて蒸れる時間に合わせて、目玉焼きを焼く。好みは半熟よ...

続きを読む

家ご飯, 2019.05.25

豆腐を塩で

美味しいという山梨の豆腐をいただいた。山梨の豆腐だが、なぜか山梨では売っているところが少ないという。コストコでは売れ...

続きを読む

家ご飯, 2019.05.23

『やみつきバズレシピ』

神保町で雨宿りに、ふらりと入った本屋で見つけた1冊の料理本。目から鱗のレシピが満載されていて、驚いた。キャベツの千切...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 23

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.