CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

家ご飯, 親子, , 家族のこと 2019.02.21

子どもの言葉

韮崎駅のホームで電車待ちをしていると、おばあちゃんと4歳くらいだろうか男の子の会話が聞こえてきた。「おばあちゃん、電...

続きを読む

家ご飯, 2019.02.17

キャッシュレスと現金と

現金を持ち歩いても安全な国だから日本はキャッスレスへの移行が遅れているというが、個人的には、ずいぶん進んだように思っ...

続きを読む

家ご飯, ラーメン, スイーツ, 2019.02.15

田舎汁

ラーメン記事の第2弾をかこうと、今年も取材に励んでいた。第1弾は、【山梨の美味しいラーメン屋さん!〈その1〉こってり...

続きを読む

外ご飯, 2019.02.14

数字の9

「ほら。やっぱり下線が入ってるでしょ」フードコートでランチにハンバーガーを食べたとき、渡されたナンバーが9だった。下...

続きを読む

外ご飯, パリ, , 2019.02.12

シャルキュトリー

神戸三ノ宮の夜は、カジュアルフレンチの夕食となった。夫の実家の大掃除をして、義母と一緒にリハビリ入院中の義父を見舞い...

続きを読む

健康, 珈琲&お茶, , からだのこと 2019.02.07

夢のなかの小さな子ども

朝見た夢は、覚えていることが多い。だが、朝食を終えた頃にはもう、忘れている。忘れているのに、思い出そうとする。思い出...

続きを読む

外ご飯, 2019.02.05

海鮮丼と思いやり

先日、娘の芝居を観に行ったとき、ランチに海鮮丼を食べた。午後2時半過ぎに駆け込んで、なんとかランチ難民にならずに済ん...

続きを読む

家ご飯, 親子, 日々の暮らし, 雑貨, , 家族のこと 2019.02.04

おでんとカレンダーとふたりの母と

久しぶりに義母とゆっくり電話でしゃべり、盛り上がった話題がある。「最近の袋は、頑丈にできているのよねえ」と、義母。「...

続きを読む

家ご飯, 外ご飯, 2019.01.29

いろいろ食べよう その3

いろいろ食べよう、とこれまでかいてきた。その1は、体組成計に「旬の野菜を10品目食べましょう」と言われたこと。その2...

続きを読む

家ご飯, 四季, , 田舎で 2019.01.26

大寒の卵

手話サークルで「大寒の卵」をひとついただいた。手にとったときにはまだぬくもりが残っていて、茹で立てを持ってきてくださ...

続きを読む

, 珈琲&お茶, 2019.01.25

紅茶のカップ

珈琲カップは、そのときどきで好きなものを選ぶことが多いが、紅茶はたいてい同じカップでいただく。夫が使っているものはペ...

続きを読む

外ご飯, 手話, 日々の暮らし, 2019.01.19

今年の漢字一文字

ブログのお友達のユミさんは、ヨガ教室で毎年年明けに「今年の漢字」をそれぞれ発表するそうだ。今年は「繋」を選び、昨年あ...

続きを読む

外ご飯, 神戸, , 2019.01.16

いろいろ食べよう その2

成人の日の三連休は、夫の実家がある神戸に帰省した。帰省するとたいていは三ノ宮のホテルに宿泊する。両親の病院その他雑事...

続きを読む

家ご飯, 健康, , からだのこと 2019.01.14

いろいろ食べよう

やつは、けっこう食にうるさい。「これで10品目かな」夫が朝食を食べながら数えている。やつに言われたらしい。「旬の野菜...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 20

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.