CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

家ご飯, 富山, , 2020.10.29

おぼろ昆布ととろろ昆布

先日旅した宇奈月温泉の、オマケが届いた。富山県では独自にウェルカムキャンペーンをやっていて、宿泊した人に特産物を贈っ...

続きを読む

家ご飯, 2020.10.28

パンを焼く

久しぶりに、パンを焼いた。新米が美味しい季節となり、しばらくパンから遠ざかっていた。そこで初めての挑戦を試みた。一度...

続きを読む

家ご飯, 四季, , 田舎で 2020.10.27

ホムパの神様、ありがとう

「ダイコンの季節になったよ」近所の農家さんが、そういって大根を1本、持ってきてくださった。土つきの葉っぱつき。うれし...

続きを読む

珈琲&お茶, スイーツ, 2020.10.26

うなぎパイ

先週、突然訪ねてきた夫の友人に、静岡銘菓「うなぎパイ」をいただいた。お墓参りの途中、立ち寄ってくれたそうだ。有名なお...

続きを読む

家ご飯, 花と木, 四季, , 田舎で 2020.10.25

山の秋~きのこ

夫が瑞牆山に登山し、土産を持ち帰った。きのこだ。きのこ名人ふたりと登ったので、安心して食べられるという。シメジの傘を...

続きを読む

家ご飯, 夫婦, , 家族のこと 2020.10.22

ラ王黒タンタン

夫が珍しく、カップ麺を食べたいという。それも銘柄指定。ラ王の黒タンタンだ。温かいものが恋しくなる季節到来。たまにカッ...

続きを読む

家ご飯, 2020.10.20

卵のなかの小宇宙

日曜の夜、海老しんじょうを揚げた。つなぎに卵の白身を使うので、黄身が余る。翌朝、肉じゃがに卵を落としただけの簡単な朝...

続きを読む

スイーツ, 2020.10.18

幻の果実~ポポーの実

「そのまま半分に切って、スプーンですくって食べてね」甘く香る果実を、ひとつ、いただいた。「ほほの実」だと聞いていたの...

続きを読む

外ご飯, 珈琲&お茶, 山梨, スイーツ, , 2020.10.17

大人のプリン

先月から取材を続けていた隣町にある「PEI COFFEE(ペイコーヒー)」の記事をアップした。そこには、人気のスイー...

続きを読む

家ご飯, 2020.10.16

赤かぶのしゃぶしゃぶ

新鮮で農薬を使っていない赤かぶを、見つけた。「しゃぶしゃぶにすると美味しいって、生産者が言っていました」「かぶを、し...

続きを読む

外ご飯, 夫婦, 山梨, , 家族のこと, 2020.10.13

念願の吉田のうどん

初めて、富士吉田で吉田のうどんを食べた。特派員ブログで、コンビニで楽しめる吉田のうどんを紹介してから興味が湧いていた...

続きを読む

家ご飯, 家仕事, 日々の暮らし, 2020.10.12

防災グッズとさつまいも

思いもよらず、帰りの車のなかには2つのいただきものがあった。どちらも、車に関することでいただいたものである。「オール...

続きを読む

家ご飯, 山梨, , 2020.10.10

ブラックフード

黒い食材は身体にいい、ときく。欧米では「ブラックフード」と呼ばれるようになり、ヘルシーフードすなわち「健康食品」であ...

続きを読む

家ご飯, 山梨, , 2020.10.08

ご当地カレーのなかには

特派員ブログで、ご当地カレーを紹介した。これまで2度紹介してきたが、これがどれもやたら美味いのだ。食の研究は進んでい...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 40

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.