CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

家ご飯, 2019.06.03

きのこが違う

いつもと何ら違わぬ朝ご飯。目玉焼きといくつかの野菜、そして味噌汁。ともに食した夫にも、何も変わったところなどないよう...

続きを読む

家ご飯, 山梨, , 2019.05.30

お買い物ゲーム

『地球の歩き方』特派員ブログでは、月によって「お題」と称しテーマが出る。ここ数カ月連続で出ていた「もしわたしが○○の...

続きを読む

家ご飯, 2019.05.29

ほうとうには”ミミ”がある

山梨の郷土料理「ほうとう」に”ミミ”があることを、初めて知った。だが”ミミ”といっても、ほうとうの切れ端などではない...

続きを読む

家ご飯, 2019.05.26

忘れられた目玉焼き

朝食の目玉焼きは、焼きたて熱々を食べたい。だから土鍋のご飯が炊けて蒸れる時間に合わせて、目玉焼きを焼く。好みは半熟よ...

続きを読む

家ご飯, 2019.05.25

豆腐を塩で

美味しいという山梨の豆腐をいただいた。山梨の豆腐だが、なぜか山梨では売っているところが少ないという。コストコでは売れ...

続きを読む

家ご飯, 2019.05.23

『やみつきバズレシピ』

神保町で雨宿りに、ふらりと入った本屋で見つけた1冊の料理本。目から鱗のレシピが満載されていて、驚いた。キャベツの千切...

続きを読む

家ご飯, 花と木, 生き物, , 田舎で 2019.05.21

蕗の煮物と思いこみ

庭の蕗で、茎の煮物を楽しんでいる。以前は皮を剥くのが億劫で、一度くらいしか煮ないまま季節が過ぎてしまうこともあったが...

続きを読む

家ご飯, 漫画, , 読書 2019.05.19

『きのう何食べた?』メシ~きんぴら蓮根

朝食に、シロさんのきんぴら蓮根を作った。いつもは砂糖も酢も麺つゆも使わないが、シロさんに習いやってみた。胡麻油で炒め...

続きを読む

家ご飯, 2019.05.17

小さくて細く長く3つである幸せ

小さな穴から細く長く出る。それも3本。マヨネーズのことである。「これ、作った人、すごい!」よく聞くセリフだが、本気で...

続きを読む

外ご飯, 2019.05.15

和食には発酵食品がいっぱい

東京で、ひとり飲み。たまに、そういう機会がある。誰かと約束するには急で時間もなく、ひとりで夕食を食べなくてはならない...

続きを読む

外ご飯, 2019.05.14

ベーグルの切り方

先週もエッセイサークルの前に、『ベーグル*いちか』でひとりランチした。ランチといっても、ベーグルをひとつ買い、食べる...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2019.05.11

ウコギおむすび

道の駅で見かけた山菜、ウコギを買ってウコギご飯にした。何年か前にご近所さんにいただいて、美味しかったのを思い出したの...

続きを読む

家ご飯, 漫画, , 読書 2019.05.08

『きのう何食べた?』メシ~鮭と牛蒡の炊き込みご飯

『きのう何食べた?』1巻の最初に登場するのが「鮭と牛蒡の炊き込みご飯」だ。これがやたらと美味しそうで、その時点でハー...

続きを読む

家ご飯, 2019.05.07

手巻き寿司

10連休。市内に遊びに出かけたくらいで、遠出することもなく、外食もほとんどせずに家で過ごした。多くの家庭で悩みの種だ...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 9 26

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.