CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

NEW POST

家ご飯, 2020.07.13

胡桃パン

3~4日に一度焼いている、天然酵母のパン。胡桃を入れて、焼いてみた。楽しいこと、好きなことでも、続けていくと変化を求めた...

続きを読む

OTHER POSTS

生き物, 田舎で 2020.07.12

ガビチョウ

♩~ヒョイヒーヒョイヒーギュルルチョイチリ ピュウピュウピュウ最近、ガビチョウのさえずりをよく耳にする。カン高い鳴き声は、美しいと言えないこともないが、ほかの野鳥たちのよ...

続きを読む

映画, 鑑賞 2020.07.11

『世界から猫が消えたなら』

川村元気原作、佐藤健主演映画『世界から猫が消えたなら』は、タイトルを見たときからずっと観たいと思っていた。〈story〉〈僕〉はある日突然、脳腫瘍でいつ死んでもおかしくな...

続きを読む

花と木, 山梨, 田舎で, 2020.07.10

カーネーションとさくらんぼ

カーネーションの花束を、いただいた。濃いピンク、桜色のような優しいピンク、桃色、明るいピンクで白い縁取りのもの、花びらが丸い純白のもの。とても華やかだ。さくらんぼ農家さん...

続きを読む

家ご飯, 2020.07.09

努努鶏(ゆめゆめどり)

福岡で暮らす夫の友人から「努努鶏」なるものを送っていただいた。博多名物らしい。「冷やして食べるんだって」冷凍だが、冷凍庫から出して5~10分でそのまま食べるのがおススメと...

続きを読む

津村記久子, 読書 2020.07.08

『ウエストウイング』

引き続き、津村記久子を読んでいる。今度は、長編だ。主人公は、3人いる。ネゴロ(31歳)設計事務所支社の女子事務員。冷静沈着なしっかり者。ヒロシ(11歳)学習塾に通う小学5...

続きを読む

家ご飯, 2020.07.07

塩豚のタイ風炊き込みご飯

2度目の塩豚を作ったのだが、苦戦していた。ただ焼くだけでも美味しいと、あちらこちらのレシピにあったので焼いてみたが、塩味がきつすぎた。それならともやしと炒めたが、恐る恐る...

続きを読む

家ご飯, 外ご飯, 山梨, , 2020.07.06

憧れのガスパッチョ

「おっ、美味しい」取材先のパーラーで、ランチセットについていたガスパッチョが、びっくりするほど美味しかった。マドリードのサン・ミゲル市場でとった朝食のガスパチョを思い出し...

続きを読む

ドラマ, 鑑賞 2020.07.05

『架空OL日記』

原作×脚本×主演=バカリズム。ドラマ『架空OL日記』がとてもおもしろかった。〈cast〉バカリズム【私】みさと銀行一般職OL。実家住まいでややインドア派。何かとややズボラ...

続きを読む

家ご飯, 山梨, , 2020.07.04

クロアワビタケ

種類も豊富にきのこ栽培をしている「白州・山の水農場」のきのこをいただいた。「クロアワビタケ」という初めて聞く名のきのこだ。令和大嘗祭で、宮内庁へお届けしたきのこだという。...

続きを読む

花と木, 田舎で 2020.07.03

アナベル~紫陽花の数え方

2年前にいただいた白い紫陽花が、今年初めて花を咲かせた。「アナベル」という生命力の強い育てやすい品種だから、茶色い指でもだいじょうぶといただいた。春になってからはスミレや...

続きを読む

津村記久子, 読書 2020.07.02

『浮遊霊ブラジル』

津村記久子の小説を手にとったのは、5年ぶりで3冊目。ほか2冊のレビューは、こちら『とにかくうちに帰ります』→【些細なことの大きさを描く】『この世にたやすい仕事はない』→【...

続きを読む

家ご飯, 手話, 日々の暮らし, 2020.07.01

卵かけご飯

以前、手話教室で、卵かけご飯の話題になった。手話教室では、よく話題が脱線する。けれどそれも手話でやるので、伝えづらいが勉強にはなる。先生もそんな目論見があるのだろう。先生...

続きを読む

花と木, 珈琲&お茶, , 田舎で 2020.06.30

憧れの生ハーブティ

去年の秋、生ハーブティをいただく機会があり、それがとても美味しかったので、ハーブ園でレモングラスとレモンバーベナの苗を買った。ハーブ園の記事はこちら【四季折々の花にハーブ...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 101

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.