CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

CIMG5559 - コピー

NEW POST

, 日々の暮らし 2017.03.30

家の完成へ向けて

築17年になる我が家のメンテナンスをすることになった。と言っても、直すのは廊下の外側の木の格子だけで、ずっと塗らずにボー...

続きを読む

OTHER POSTS

CIMG5546

村上春樹, 読書 2017.03.29

『騎士団長殺し』

村上春樹の『騎士団長殺し』(新潮社)を、読んだ。7年ぶりの長編だ。初心者でも、村上春樹らしさをじゅうぶん楽しめる「これぞ村上春樹! なサンプルがここには詰まっている」と斎...

続きを読む

CIMG5538

家族のこと, 田舎で, 花と木, 親子 2017.03.28

病室のスノーフレーク

八ヶ岳の定点観測地点で、スノーフレークが咲き始めた。家から徒歩3~4分のその場所は、八ヶ岳がきれいに見えるスポットで、だがそこでカメラを向ける人を見たことはない。地もとの...

続きを読む

CIMG5508

からだのこと, 右手くんと左手くん, 四季, 田舎で 2017.03.27

2本のビスと思いこみ

「あれっ? あれれれ?」と、いきなり左手くん。「えっ、なに、なに?」と、右手くん。「いやー、びっくりした」「いったい、どしたの?」「ぐーがさ、いつのまにか、ちゃんと握れる...

続きを読む

CIMG5453

日々の暮らし, 雑貨 2017.03.26

入浴剤ストループ効果

入浴剤『旅の宿』にごり湯シリーズを、気に入って使っている。いろいろ使ってみて落ち着いたのがこれだった。安売りのときにまとめ買いして、冬季限定で楽しんでいる。奥飛騨、霧島、...

続きを読む

CIMG5475

夫婦, 家ご飯, 家族のこと, 2017.03.25

目玉焼きと納豆、どっちにする?

我が家の朝食は、たいていご飯と味噌汁の和食だ。朝食前の30分、夫は念入りにストレッチをする。そのあいだにわたしが朝食を作る。湯を沸かし、味噌汁の具によって煮る時間を調整し...

続きを読む

CIMG5436

美術館, 鑑賞 2017.03.24

『ミュシャ展』

東京に出た際、『ミュシャ展』に出かけた。多部未華子ナビゲーターのNHKドキュメンタリー番組「華麗なるミュシャ 祖国への旅路 パリ・プラハ 二都物語」を見て、ぜひ観に行こう...

続きを読む

CIMG5376

安曇野, 2017.03.23

バッカスに導かれて

そもそも「そうだ、安曇野行こう」の目的は、酒だった。長野の銘酒『佐久乃花』を「買いに行こう」と、夫が言うか言わないうちに「安曇野なら、蕎麦だね」と、わたしが言った。「じゃ...

続きを読む

CIMG5301

安曇野, 2017.03.22

福寿草まつり

連休の最終日に、安曇野をドライブした。用事とも言える目的は他にあり、もともと予定はしていたのだが、その朝、新聞を読んでいた夫が、突然言った。「福寿草って、どんな花?」「黄...

続きを読む

CIMG5265

家ご飯, 2017.03.21

キャベツのバター炒め考 その2

キャベツのバター炒めが、好きだ。以前にも、キャベツのバター炒めについてかいた。友人のご主人に、キャベツのバター炒めに特別な思い入れがある人がいて、その日の献立には、他のお...

続きを読む

CIMG5282

映画, 鑑賞 2017.03.20

『Life』

映画『Life』(監督、笠井千晶)を、観た。津波で家族を亡くした福島のある家族の5年間を追ったドキュメンタリーだ。福島県南相馬市萱浜(かいはま)地区は、福島第一原子力発電...

続きを読む

CIMG5234

四季, 田舎で 2017.03.19

春の雪

温かな雨が降ったと思ったら、今度は雪が降った。日も暮れてカーテンを閉めたあとに降りだした雨の音が、やけに大きく響くので、ずいぶんと大粒なのかと思っていたら、みぞれだったら...

続きを読む

CIMG4701

外ご飯, 家ご飯, 2017.03.18

カウンターの向こうに

夫は、カウンター席に座るのが好きだ。東京でひとりの夕食をとることが多いから、というのもあるかも知れないが、カウンター越しに料理する様子が見えるのが楽しいらしい。彼は家で料...

続きを読む

CIMG5205

寄席, 鑑賞 2017.03.17

寄席

友人に誘われ、寄席に行った。上野は、鈴本演芸場だ。久しぶりに会ったので、寄席の近くでランチして、ゆっくりしゃべって、それからのんびりと出かけた。寄席に行くのは初めてのこと...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 15
CIMG5538

PROFILE

プロフィール
2016-10-02-11-07-59-1
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

随筆かきます。

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.