CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

CIMG5105

NEW POST

桜木紫乃, 読書 2017.12.14

『それを愛とは呼ばず』

うまくいかないときに、自分よりさらにうまくいかない誰かを見てホッとする。そんな自分に嫌悪しながら、些細なことから深刻な悩...

続きを読む

OTHER POSTS

CIMG4902

手話, 日々の暮らし 2017.12.13

同じものを選んだ人と

今、習い事にくくられるであろうことを、3つしている。エッセイサークル。手話サークル。軽いタイプのヨガひめトレ。手話サークルは、楽しすぎて2つのサークルに通っている。先日そ...

続きを読む

CIMG5070

村上春樹, 読書 2017.12.12

『品川猿』

横浜の街なかで猿が目撃されたとのニュースを見た。「この辺じゃ、猿が何匹いてもニュースにはならないね」朝、夫とそう言って笑ったが、都会では笑い話ではないのだろう。ちなみに、...

続きを読む

CIMG5004

手話, 日々の暮らし 2017.12.11

がんばります!

「がんばります!」このところ柄でもなく、そう口にすることが多くなった。先日も、手話サークルとエッセイサークルで、そう口にした。その際、手話の「がんばります」も、ついつけて...

続きを読む

CIMG4811

田舎で, 花と木 2017.12.10

落ち葉の下から

隣りの林から降ってきた落ち葉を、少しずつ片づけている。ちょうど玄関の前が吹き溜まりになっているのだ。まずそれをかき集め、隣りの林との境界線まで運ぶ。それから、石垣に溜まっ...

続きを読む

CIMG4790

四季, 日々の暮らし, 田舎で, 雑感 2017.12.09

途中下車して見た風景

「時間をつぶす」という言葉には、違和感を覚える。「つぶす」にあるのはマイナスイメージだが、意味的には「時間を有効活用する」に近いプラスのものがあるのではないか。きのうの朝...

続きを読む

CIMG4763

からだのこと, 健康 2017.12.08

いつでも食べられる生活

健康診断は、会社員の権利と義務として毎年受けている。本社が東京なので、受ける場所は新宿だ。甲府からあずさに乗って1時間半。暖房が効くこの時期、水も飲めないのはちょっとつら...

続きを読む

CIMG4652

カズオ・イシグロ, 読書 2017.12.07

『日の名残り』

考えまいと思っていても、その思考に捉えられたように回帰してしまう。ままあることである。たとえば、真夜中にふと目覚めたとき。たとえば、直線が続く道を運転していて。またたとえ...

続きを読む

CIMG4726

家ご飯, 映画, 鑑賞, 2017.12.06

熱いうどんにクレソン入れて

ひとりご飯に、葱一本うどんが活躍する季節になった。「今朝は冷えこんだし、葱一本うどんにしようっと」朝ご飯にも、登場する。それに気まぐれで、クレソンをひと束たっぷりのせてみ...

続きを読む

CIMG4698

日々の暮らし, 田舎で, 花と木, 雑感 2017.12.05

ドアは、押す?引く?

コンビニで、入口のドアを開けようとしたら、出てくる男性がいた。観音開きのドアには「押す」と大きな文字で両側にかいてある。しかし彼は、店のなかにいたのに押して出てきた。「引...

続きを読む

CIMG4703

井上荒野, 日々の暮らし, 読書, 雑貨 2017.12.04

可愛いよりは格好よく

トイレに掛けたカレンダーの12月は、クリスマス風だ。だが全体が白っぽく、緑はところどころに入っているが、赤は半分に切った林檎の小さく見える皮の部分だけ。ケーキやチーズも、...

続きを読む

CIMG4617

家ご飯, 2017.12.03

フライパンで簡単パエリア失敗談

週末のきのう、夫の友人がワインを持って遊びに来た。で、何度も迎えている方たちなので、新しい料理を出そうと事前にパエリアを試作してみた。ネットレシピをアレンジしたのだが、そ...

続きを読む

CIMG4680

おしゃれ, 日々の暮らし 2017.12.02

落ち方がよかった

田舎道なので、カーブが多い。そして田舎道なので、車線の境界線がない細い道が多い。そして、線がないのをいいことに真ん中を走る車が多い。対向車とすれ違うことが少ないから、僕の...

続きを読む

CIMG4655

江國香織, 読書 2017.12.01

『犬とハモニカ』

人混みのなかを歩いているとき、ふと忘れていることに気づく。まえから歩いてくる、母親と小学校2年生くらいの女の子。その横を通り過ぎる、大きなバックパックを担いだ外国人の青年...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 33
2-7

PROFILE

プロフィール
2016-10-02-11-07-59-1
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.