CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

NEW POST

外ご飯, 山梨, 寺・神社・教会・城, , 鑑賞, 2024.06.16

不動明王とふたりの童子

数日前、市内の白州町に行く用事があり、ふたたび夫の石仏巡りにつきあった。「石尊神社」は、赤松と杉の林の奥にある古くから信...

続きを読む

OTHER POSTS

奥田英朗, 読書 2024.06.15

『我が家の問題』

『家日和』に続き、奥田英朗のホームコメディ三部作の2作目。家庭に起こるさまざまな問題をテーマに置いた6編の短編集だ。「甘い生活?」会社員の淳一(32歳)は、新婚なのに家に...

続きを読む

夫婦, 美術館・博物館, 家族のこと, 鑑賞 2024.06.14

Resonance~山梨のアーティストたち2024

一昨日6月12日から、東京表参道の「GALLERY STORKS」で、夫が出展しているグループ展「Resonance~山梨のアーティストたち」が始まった。今年で、6回目と...

続きを読む

花と木, 四季, 俳句, 日々の暮らし, 田舎で 2024.06.13

イカリソウ~春の季語

「すずらんの森」で目にしたイカリソウを、『俳句歳時記』で調べてみると、おもしろい句が見つかった。錨草花がこんがらがっている  清崎敏郎ときどきお目にかかる、俳句ってこれで...

続きを読む

家ご飯, 2024.06.12

リュウジの「至高の春巻」

やる気スイッチをオンにして、リュウジの春巻きを揚げた。その名も「至高の春巻」だ。やる気を出しただけあって、揚げたての春巻きはワンランクアップの美味しさだった。その作る過程...

続きを読む

その他, 奥田英朗, 読書 2024.06.11

水を持ってきてくれる人は

キッチンに立つ人にしかわからない感覚、というものがある。読んだばかりの『家日和』に、こんな台詞があった。会社が倒産して、突如主夫になった36歳、裕輔。(「ここが青山」)食...

続きを読む

花と木, 四季, 俳句, 日々の暮らし, 田舎で 2024.06.10

月見草

5月の句会で、メンバー全員分の月見草の苗を持ってきてくださった方がいた。白い花をひと晩だけ、咲かせるそうだ。「黄色かと思ってた」「わたしも」みな口々に言い合う。一般的に「...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2024.06.09

カオマンガイスープの雑炊

久しぶりに、タイのチキンライス、カオマンガイを作った。去年、友人がプレゼントしてくれたタイの味噌などを使いたびたび楽しんでいる。作り方もだいたい慣れて、ご飯を炊くのは2回...

続きを読む

夫婦, 山梨, 寺・神社・教会・城, 家族のこと, 鑑賞, 2024.06.08

百番観音巡り

すずらんの森へ行った帰り、同じ芦川町の百番観音を詣でてきた。石仏好きの夫が、近くまで行くのならと調べていたのである。「宝珠寺(ほうしゅじ)百番観音」は、百体の観世音菩薩像...

続きを読む

家ご飯, 夫婦, , 家族のこと 2024.06.07

角上魚類と諏訪湖

神戸空港から松本空港に降り立った朝は、夫の誕生日だった。帰り道、諏訪の「角上魚類」で、刺身を買って帰ろうということになる。誕生日だからちょっと豪勢にしてもいいか、疲れても...

続きを読む

外ご飯, 神戸, , 2024.06.06

鉄板焼き屋のおっチャン

週の初め、神戸に帰省した。夫の実家へ行き、いくつか片づけなくてはならないことがあり、施設で暮らしている義母の部屋に、寿司を買っていき3人でランチした。92歳の義母は、スー...

続きを読む

江國香織, 読書 2024.06.05

『ホテルカクタス』~ある日曜日の発見

不意に、ふたたび開きたくなる文庫本がある。江國香織の『ホテルカクタス』。主人公は、「帽子」と「きゅうり」と「数字の2」のお三方。連作短編集である。以前、そのなかの「眠れな...

続きを読む

花と木, 四季, 俳句, 日々の暮らし, 田舎で 2024.06.04

卯の花・忍冬~夏の季語

庭で、梅花空木(ばいかうつぎ)が白い花を咲かせている。「卯の花」が夏の植物の季語で、「空木の花」「花うつぎ」「山うつぎ」「姫うつぎ」「卯の花垣」などの傍題がある。卯の花と...

続きを読む

家ご飯, 奥田英朗, , 読書 2024.06.03

コロッケ~やる気スイッチ

久々に、リュウジの「至高のコロッケ」を揚げた。久々だったので、リュウジのYouTubeを見ながら、ジャガイモの皮を剝く。軽快なおしゃべりを聴いていたら、コロッケを作る上で...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 203

PROFILE

プロフィール
水月

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2024年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.