CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

CIMG1197

NEW POST

伊坂幸太郎, 田舎で, , 読書 2017.08.18

飛行機雲に

きのうは、久しぶりに青空が広がった。昼食用のサンドイッチなどを買い、パン屋の外に出ると青い空に一筋の飛行機雲が見えた。飛...

続きを読む

OTHER POSTS

CIMG1147

おしゃれ, 日々の暮らし, 雑貨 2017.08.17

雨の山で海を探す

今年のお盆休みは、雨や曇りばかり。梅雨の逆戻りか、はたまた秋の雨かといった雰囲気で肌寒い。次第に気分もじめじめしてくる。だが、キッチンで手もとを見ながら包丁を動かすとき、...

続きを読む

CIMG1060

芝居, 鑑賞 2017.08.16

『峠の少女』

72年目にあたる終戦記念日のきのう、芝居を観た。山梨平和ミュージアムが企画した『峠の少女』は、終戦後、朝鮮に残された日本人が母国へ帰るために、あがき苦しみながらも希望を持...

続きを読む

CIMG1131

珈琲&お茶, 2017.08.15

お茶に呼ばれて

春からこの方、お茶に呼ばれている。4月、大学時代の友人たちと台北に行った夫が東方美人茶や烏龍茶を買ってきて、淹れ方などのうんちくを言いあいながら楽しんでいた。5月初め、母...

続きを読む

CIMG1084

日々の暮らし, 田舎で, 花と木, 雑貨 2017.08.14

夏に毛布

もっとも暑いこの時期、夜眠るとき毛布をかけている。夫は普通に掛布団だが、わたしは毛布のみ。それが軽くてやわらかく、いちばん気持ちよく眠れる。と聞いて、違和感を覚える人はど...

続きを読む

CIMG0961

日々の暮らし, 雑感 2017.08.13

場所の記憶

隣りの隣りにある甲斐市には、月に一度のエッセイサークルや歯科、ブックオフやいつも使う山吹味噌の白を置いているスーパーなどへと、たまに足を運ぶ。使う道はそのときによって違い...

続きを読む

CIMG1012

家ご飯, 2017.08.12

ゴーヤは笑う

常々疑問に思っていた謎が、ようやく解けた。ゴーヤを料理して食べると、なぜか穏やかな気持ちになる。なぜか?それは、ゴーヤを縦半分に切り、スプーンで種をくり抜き、小口切りにし...

続きを読む

CIMG0867

伊坂幸太郎, 読書 2017.08.11

『AX(アックス)』

英語の「AX(アックス)」とは、斧(おの)のことらしい。伊坂幸太郎の殺し屋シリーズ『グラスホッパー』『マリアビートル』に続く新刊が出た。『AX』の主役「兜(かぶと)」は、...

続きを読む

CIMG0980

からだのこと, 健康 2017.08.10

7つ数えて

「マジックナンバー7」という言葉を、初めて知った。人の脳は、だいたい7つくらいのことしか、一度に記憶できないという。心理学者G.A.ミラーが1956年に発表した論文の中で...

続きを読む

CIMG0912

日々の暮らし, 雑貨 2017.08.09

はりねずみグッズ2

台風が通過したきのう、山梨に向かうべく東京駅を歩いていた。台風の影響で中央線が半日運休したため、混んでいる。切符はとれたが、ため息が出るほどの人混みだった。時間に余裕を持...

続きを読む

CIMG0854

家ご飯, 2017.08.08

素麺の具

素麺を食べる際、薬味以外の「具」を用意する習慣は、あまりない。子どもの頃も、やはり素麺には薬味とつゆがあればよかった。というか、素麺に何か入れて一緒に食べるという発想がな...

続きを読む

CIMG0740

米澤穂信, 読書 2017.08.07

『満願』

米澤穂信の小説を、始めて読んだ。『満願』(新潮文庫)。6編のミステリーが収められた短編集である。隠しごとは、誰にでもあるだろう。わたしにも、あなたにも。だが、それを隠すや...

続きを読む

CIMG0778

家ご飯, 家族のこと, 親子, 2017.08.06

梅サワーの梅

梅サワーを漬けてからひと月経ったので、梅を食べてみた。甘すぎず、かといって酸っぱすぎず、口のなかでやわらかくとろける。朝食後のヨーグルトと一緒に食べるのにぴったりの美味し...

続きを読む

CIMG0634

家ご飯, 2017.08.05

薬味はだんだん増えていく

パクチーをたくさんいただいて、幸せ気分でたっぷり食べている。苦手な人も多い、好き嫌いの分かれる野菜だが、わたしは初めて食べたときから苦手意識はなく、料理の味を引き出す優れ...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 25
CIMG0378

PROFILE

プロフィール
2016-10-02-11-07-59-1
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

随筆かきます。

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.