CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

NEW POST

家ご飯, 2019.05.26

忘れられた目玉焼き

朝食の目玉焼きは、焼きたて熱々を食べたい。だから土鍋のご飯が炊けて蒸れる時間に合わせて、目玉焼きを焼く。好みは半熟よりも...

続きを読む

OTHER POSTS

家ご飯, 2019.05.25

豆腐を塩で

美味しいという山梨の豆腐をいただいた。山梨の豆腐だが、なぜか山梨では売っているところが少ないという。コストコでは売れているそうだが、山梨にコストコはない。「ジャムをつけて...

続きを読む

花と木, 田舎で 2019.05.24

足もとに落ちたサクランボ

「芝桜も、もう終わりだなあ。今年植えたのも根づきますように」緑濃くなった芝桜を見下ろしていたら、いくつもの小さな赤い実が落ちているのを見つけた。山桜のサクランボだ。食べた...

続きを読む

家ご飯, 2019.05.23

『やみつきバズレシピ』

神保町で雨宿りに、ふらりと入った本屋で見つけた1冊の料理本。目から鱗のレシピが満載されていて、驚いた。キャベツの千切りに熱湯をかけまわし、味つけするだけ。簡単すぎるが、こ...

続きを読む

おしゃれ, 最果タヒ, 日々の暮らし, 読書 2019.05.22

やっぱり青が好き

夏ネイル。と言っても、前回も青系でまた水色を選んでしまった。やっぱり、青が好きなのだ。ブルーといえば、空の色。海の色。わたしのなかでは、静かで、落ち着く、心癒される色とい...

続きを読む

家ご飯, 花と木, 生き物, , 田舎で 2019.05.21

蕗の煮物と思いこみ

庭の蕗で、茎の煮物を楽しんでいる。以前は皮を剥くのが億劫で、一度くらいしか煮ないまま季節が過ぎてしまうこともあったが、あるひとつのアドバイスのおかげで食卓に登場する回数が...

続きを読む

瀬尾まい子, 読書 2019.05.20

『優しい音楽』

『そしてバトンは渡された』の本屋大賞受賞記念と称して、シミルボンサイトで瀬尾まいこの連載を始めた。これまで読んだ小説も読み直し紹介していこうと思う。連載はこちら → 【瀬...

続きを読む

家ご飯, 漫画, , 読書 2019.05.19

『きのう何食べた?』メシ~きんぴら蓮根

朝食に、シロさんのきんぴら蓮根を作った。いつもは砂糖も酢も麺つゆも使わないが、シロさんに習いやってみた。胡麻油で炒めた蓮根&鷹の爪に、酒、砂糖、みりん、麺つゆ、酢を入れ、...

続きを読む

花と木, 生き物, 家仕事, 日々の暮らし, 田舎で 2019.05.18

洗濯物を干していて

洗濯物を干していて、不意に生きているんだなあと思った。汗をかいて汚れて、それを洗い流して。洗ってしまえばきのう着ていた服のことを忘れていくように、きのう持っていた感情もも...

続きを読む

家ご飯, 2019.05.17

小さくて細く長く3つである幸せ

小さな穴から細く長く出る。それも3本。マヨネーズのことである。「これ、作った人、すごい!」よく聞くセリフだが、本気でそう思った。調べれば、キューピーが3年かけて開発した新...

続きを読む

花と木, 手話, 日々の暮らし, 田舎で 2019.05.16

藤の花

うちの藤が、咲いた。といっても隣りの林に自生している藤蔓だ。手入れをされた藤棚のようにたくさん花を咲かせるわけではないが、可愛い。玄関を出ると見えるところなので見上げては...

続きを読む

外ご飯, 2019.05.15

和食には発酵食品がいっぱい

東京で、ひとり飲み。たまに、そういう機会がある。誰かと約束するには急で時間もなく、ひとりで夕食を食べなくてはならないときだ。それはそれで楽しく、東京で暮らす友人たちに話す...

続きを読む

外ご飯, 2019.05.14

ベーグルの切り方

先週もエッセイサークルの前に、『ベーグル*いちか』でひとりランチした。ランチといっても、ベーグルをひとつ買い、食べるだけ。けれど、その日焼いたものを温めてくれるので焼きた...

続きを読む

親子, 日々の暮らし, 雑貨, 家族のこと 2019.05.13

停電の夜に

母の日の前日、上の娘からプレゼントが届いた。ピンクを基調にしたプリザーブドフラワーだ。やわらかなピンクが、目にまぶしい。優しく和やかな気持ちになる。お約束のメッセージ「母...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 71

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.