CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

美術館, 親子, 珈琲&お茶, , 家族のこと, 鑑賞 2019.12.11

プレゼントの記憶

先日東京に出た際、知人の個展を観に、銀座へ出かけた。日本画で、植物を繊細に描いていて、その儚さが伝わってきて切なくも...

続きを読む

ヴァンフォーレ, 山梨, 鑑賞, 2019.11.27

風と林と冷静と情熱と

日曜日、サッカーJリーグJ2の最終戦を観に行ってきた。われらがヴァンフォーレ甲府は、勝てばJ1参入プレーオフ進出とな...

続きを読む

映画, 平野啓一郎, 読書, 鑑賞 2019.11.19

映画『マチネの終わりに』

西谷弘監督の『マチネの終わりに』は、映像の美しさにハッとさせられる映画だった。〈story〉クラッシックギタリストの...

続きを読む

映画, 美術館, ベトナム, 鑑賞, 2019.11.10

帰りたいと思う気持ち

ベトナム行きの飛行機で、映画を観た。『長いお別れ』は、やわらかな時間を描いているにもかかわらず、インパクトの強い小説...

続きを読む

スポーツ, 鑑賞 2019.10.28

ラグビーワールドカップ観戦〈ニュージーランドvsイングランド〉

26日土曜日、横浜で行われたラグビーワールドカップ〈ニュージーランドvsイングランド〉の試合を、夫婦で観に行った。台...

続きを読む

芝居, 山梨, 鑑賞, 2019.10.22

甲州弁むかしがたり

山梨市の「根津記念館」で、甲州弁のむかしがたりを聴いた。手話教室の友人が活動している「甲州弁むかしがたりの会」は、生...

続きを読む

映画, 鑑賞 2019.10.21

『最高の人生の見つけ方』

犬童一心監督『最高の人生の見つけ方』は、スカッとする映画だった。ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンの名優ふた...

続きを読む

ドラマ, 日々の暮らし, 雑感, 鑑賞 2019.10.19

ラザ・ウォークで

始まったばかりのドラマ『G線上のあなたと私』を夫と観ていて、ふたり一緒に声を上げた。「ラザ・ウォーク?」冒頭のシーン...

続きを読む

外ご飯, 美術館, 山梨, , 鑑賞, 2019.10.04

仏の顔

ひと回りほど若い友人と「亜絲花(あしはな)」で、トルコ料理のランチを楽しんだ。「平山郁夫シルクロード美術館」に隣接す...

続きを読む

映画, 鑑賞 2019.10.03

『記憶にございません!』

映画の日の1日、三谷幸喜のコメディ『記憶にございません!』を観てきた。〈story〉一般市民が投げた石が頭に当たり、...

続きを読む

美術館, 山梨, 鑑賞, 2019.09.20

「亜絲花」でトルコ料理を

トルコは素晴らしいと聞きながらも、行ったことのない未知の場所だ。そのトルコ料理を、山梨で味わう機会があった。特派員ブ...

続きを読む

映画, 鑑賞 2019.09.06

映画『火口のふたり』

シミルボンサイトでコラムを募集していた【カラダの欲望、ワタシの本音】は、映画『火口のふたり』公開記念で企画された。そ...

続きを読む

芝居, 鑑賞 2019.08.16

『国が人をあやめ 人が人をあやめる』

終戦の日のきのう、山梨平和ミュージアム主催の構成劇『国が人をあやめ 人が人をあやめる』を観てきた。エッセイ教室で教わ...

続きを読む

映画, 鑑賞 2019.08.03

映画『天気の子』

新海誠監督最新作アニメーション、映画『天気の子』を観た。〈story〉閉塞感から離島を飛び出した帆高は、東京をさまよ...

続きを読む

1 2 3 4 5 6

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.