CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

花と木, 山梨, 田舎で, 2019.04.19

お金じゃ買えないものを手にするチカラ

先週のこと。取材で山梨市にある『笛吹川フルーツ公園』へ行った。前の週から取材がてら友人とランチの約束をしていて、その...

続きを読む

ポルトガル, 2019.04.07

世界一美しい本屋『レロ書店』で

先月ポルトガルを旅したとき、とても印象的なことがあった。特別に何も起こっていないのだが、それはわたしのなかでだけハッ...

続きを読む

ポルトガル, 2019.04.01

旅先に文庫本を

旅先で読み終えた文庫本を、宿に置いてくる。憧れていることのひとつだ。先月旅してきたポルトガルはリスボンで泊まったホテ...

続きを読む

, ポルトガル, 田舎で, 2019.03.19

アズールブランコ

きのうは、朝零下まで冷え込み、山々が美しかった。運転しながら八ヶ岳を眺め、ふっとポルトガルで観た「アズレージョ」に似...

続きを読む

花と木, 山梨, 田舎で, 2019.03.16

笑顔ほころんで

「よし、晴れた!」そう言って、梅の花を撮りに出かけるわたしは、まったく風情がない。けれど、情報を発信する仕事にシチュ...

続きを読む

ポルトガル, 2019.03.13

メイア・デ・レイテ

ポルトガルの珈琲は、エスプレッソだった。わたしは珈琲好きのくせに苦い珈琲は苦手で、だからエスプレッソはめったに飲まな...

続きを読む

ポルトガル, 2019.03.12

アズレージョの青

ポルトガルを旅することに決めてから、初めて知った言葉のひとつに「アズレージョ」がある。ポルトガル伝統の装飾タイルで、...

続きを読む

ポルトガル, 2019.03.11

ポルトのB級グルメ

ガイドブックでは、ポルトのB級グルメとして「フランセジーニャ」を紹介している。「フランスの女の子」という名のサンドイ...

続きを読む

ポルトガル, 2019.03.10

ポルトガル人気質

モンサントから向かったのは、ポルトガル第二の都市、ポルトだ。ドウロ川沿いの港町ポルトは、歴史地区として世界遺産に登録...

続きを読む

ポルトガル, 2019.03.09

巨大な石と暮らす村、モンサント

リスボンを後にして、向かった先はモンサントだ。1938年に「ポルトガルでもっともポルトガルらしい村」に選ばれたモンサ...

続きを読む

ポルトガル, 2019.03.08

バスの車窓から~ロカ岬へ

リスボンで移動手段として初めて乗ったのは、地下鉄だ。空港につながっているメトロの駅で、プリペイドカードを購入。30€...

続きを読む

ポルトガル, 2019.03.07

願いを叶えてくれる手

テージョ川沿いに建つ『ジェロニモス修道院』は、白く美しい。ポルトガル建築の最高峰と讃えられるこの建物は、ヴァスコ・ダ...

続きを読む

ポルトガル, 2019.03.06

天井のない教会

「高い地区」という名を持つバイロ・アルトは、その名の通り丘の上にある。坂があまりにも急なのでケーブルカーのグロリア線...

続きを読む

ポルトガル, 2019.03.05

サボローゾ?

付け焼き刃だが、少しだけポルトガル語を覚えて来た。「おはよう」は、Bon dia(ボンディア)。「こんにちは」は、B...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 9

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.