CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

CIMG5875

多治見, 2017.04.12

バスから見た風景

多治見に着いて、最初にバスで移動したときのこと。窓の外は小雨が降っていて、知らない町を地図を頼りに歩くというのに雨か...

続きを読む

CIMG5948

多治見, 2017.04.11

多治見陶器祭り、一期一会

陶器祭り開催は、4月8日(土)9日(日)の2日間。9日の朝一には帰路に就く。8日丸一日を思いっきり楽しもうと、開催時...

続きを読む

CIMG5859

多治見, 2017.04.10

多治見、食と器

多治見を訪れて驚いたことは、食事や休憩をしようと入る店入る店、器にこだわり、とても凝っていたことだ。陶磁器の国内生産...

続きを読む

CIMG5900

多治見, 2017.04.09

多治見ひとり旅

地味に、多治見に来ている。というのは駄洒落だが、夫が大学時代の友人たちと台湾旅行に行く間のひとり旅だから、地味と言っ...

続きを読む

CIMG5376

安曇野, 2017.03.23

バッカスに導かれて

そもそも「そうだ、安曇野行こう」の目的は、酒だった。長野の銘酒『佐久乃花』を「買いに行こう」と、夫が言うか言わないう...

続きを読む

CIMG5301

安曇野, 2017.03.22

福寿草まつり

連休の最終日に、安曇野をドライブした。用事とも言える目的は他にあり、もともと予定はしていたのだが、その朝、新聞を読ん...

続きを読む

CIMG4639

京都, 2017.03.03

東寺、五重塔を見上げて

東寺は、JR京都駅からほど近い。歩いても15分ほど。新幹線の南窓から見える五重塔は、京都のランドマークタワーとも言わ...

続きを読む

CIMG4599

京都, 2017.03.02

二条城、二の丸御殿を歩いて

神戸に帰省した際、京都に立ち寄った。プチ旅行だ。ふらりふらふら、二条城と東寺を歩いた。まずは、二条城。歴史に疎いわた...

続きを読む

CIMG4684

外ご飯, , 神戸, 2017.03.01

鴨なんば?

神戸で義母の検診のあと、病院近くの蕎麦屋でランチした。「生ビールは、あるかしらねえ」という義母の危惧は、杞憂に終わっ...

続きを読む

CIMG4571

, 駅弁 2017.02.27

はい。ありません

週末、夫の実家である神戸に帰省した。電車をいくつか乗り継いで帰るのだが、その車中でのこと。「お忘れ物のないように、お...

続きを読む

CIMG4002

イタリア, , , 田舎で 2017.01.28

見たまんまの真実

朝は零下まで冷え込む日々が、続いている。晴れて山がきれいに見える日ほど、気温は下がっている。厳しい寒さと山々の美しさ...

続きを読む

CIMG3967

名古屋, 2017.01.24

名古屋でトランジット

神戸帰省の帰り、名古屋駅で乗り換える際、1時間駅ソトで過ごす時間を作った。名古屋駅のうまいもん通りにある『味仙』で台...

続きを読む

cimg2807

イタリア, 2016.12.16

ミラノのスーパー

買い物が好きだ。買わなくたっていい。お店をただふらふら観て歩くだけで、わくわくする。だからその土地特有のものが集まる...

続きを読む

cimg2872

イタリア, 2016.12.15

トラムに乗って

ミラノでは、地下鉄の1日券(4.5€)を買ってよく乗った。地下鉄路線図はインフォーメーションで無料で配っていたし、ド...

続きを読む

1 2 3
CIMG6077

PROFILE

プロフィール
2016-10-02-11-07-59-1
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

随筆かきます。

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.