CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

その他, 山梨, 読書, 2019.12.10

素敵な本屋さん

小説が好き。本を手に取った感触が好き。紙の本が好き。それぞれ重さも手触りも違うのがまた好き。新しい本の紐栞がくるんと...

続きを読む

外ご飯, 山梨, , 2019.12.02

新しいものと古いものと

毎週夫を送り迎えする隣りの市の駅、JR韮崎駅近くにあるビル「アメリカヤ」のカフェを取材した。築50年ほどの、昔、商店...

続きを読む

ヴァンフォーレ, 山梨, 鑑賞, 2019.11.27

風と林と冷静と情熱と

日曜日、サッカーJリーグJ2の最終戦を観に行ってきた。われらがヴァンフォーレ甲府は、勝てばJ1参入プレーオフ進出とな...

続きを読む

小川洋子, 山梨, 滝口悠生, 読書, 2019.11.20

お散歩ラプソディ

ある日〈散歩〉がシンクロしていた。夫を駅まで送り、予約した美容室に行くまでに、1時間ほどぽっかり空いてしまった。途中...

続きを読む

山梨, 2019.11.15

舞鶴城の石垣

『地球の歩き方』北杜・山梨特派員ブログに、舞鶴城公園の記事をかいた。秋の空の下散策して、いい公園だなあと思ったからだ...

続きを読む

映画, 美術館, ベトナム, 鑑賞, 2019.11.10

帰りたいと思う気持ち

ベトナム行きの飛行機で、映画を観た。『長いお別れ』は、やわらかな時間を描いているにもかかわらず、インパクトの強い小説...

続きを読む

外ご飯, ベトナム, , 2019.11.09

ホイアン街歩き食べ歩き

ホイアンの風土料理は、ベトナム料理のなかでも素朴なものが多いように思った。ホイアン3大料理のひとつ海老の蒸し餃子「ホ...

続きを読む

外ご飯, ベトナム, , 2019.11.08

秘密の庭「シークレット・ガーデン」

ホイアンの旧市街は、日暮れとともに観光客であふれ出す。「ここでは、毎日こうしてランタンを灯しているんだねえ」「毎日が...

続きを読む

ベトナム, 2019.11.07

古都ホイアンの夜

ホーチミンでの仕事を終えて休暇をとり、北へ向かった。首都ハノイとの中間地点に位置する中部ホイアンを初めて訪ねた。ビー...

続きを読む

外ご飯, ベトナム, , 2019.11.06

ウォーターメロンジュース

ホーチミン、ドンコイ通り周辺は店の入れ替わりが早く、まえに食事を楽しんだところがなくなっていることも多い。そのなかで...

続きを読む

外ご飯, ベトナム, , 2019.11.05

4度目のホーチミン

夫のベトナム出張に同行し、4度目のホーチミンにやってきた。夫はもう10回以上足を運び、去年ベトナム法人を立ち上げた。...

続きを読む

花と木, 山梨, 田舎で, 2019.11.02

ツリークライマー

春に西側の土地を譲ってもらい、整備を始めた。まずは、傷んできている赤松を切ってもらうことにする。お隣りに来ていたツリ...

続きを読む

芝居, 山梨, 鑑賞, 2019.10.22

甲州弁むかしがたり

山梨市の「根津記念館」で、甲州弁のむかしがたりを聴いた。手話教室の友人が活動している「甲州弁むかしがたりの会」は、生...

続きを読む

山梨, 2019.10.11

山梨の反対側、小菅村で

8月に初めて訪ねた小菅村へ、ふたたび足を運んだ。ニュース&レポートの依頼を受けての取材だ。同じ山梨にあって、こちらは...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 12

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.