CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

家ご飯, , 2018.10.07

小さな泡だて器

小型の泡だて器が壊れていたのだが、そのまま騙し騙し使っていた。使うのは、最近ではお好み焼きのときくらい。だから気に入...

続きを読む

, 山梨, , 2018.09.20

目線で変わる風景

バーベキュー翌日、夫の友人のひとりが森下慎吾さんの器を観たいという。それならと、久しぶりに『夢宇谷』へ行った。夢宇谷...

続きを読む

家ご飯, , 2018.08.21

手巻き寿司の記憶

久しぶりに手巻き寿司をした。夫婦ふたりの夕餉である。買い物はひとりで済ませたのだが、不安になった。久しぶりということ...

続きを読む

, 珈琲&お茶, 2018.08.19

お湯呑みの熱

町内の『cafeくじらぐも』の陶芸教室で、お湯呑みを作った。作ったのは春だったが、焼きあがったものをとりに出かけたの...

続きを読む

, 小川洋子, , 読書 2018.06.17

ポケットのなか、秘密の言葉をささやくもの

小川洋子の『最果てアーケード』(講談社文庫)を、ベッドでぱらぱらと捲っていた。ドアノブ専門店の話が好きで、たまに読み...

続きを読む

家ご飯, , 2018.01.01

漆塗りのお重

かれこれ、十年ほど前になるだろうか。家で正月を過ごす子どもたちも減り、お正月に旅行でもしてのんびり過ごすのもいいよね...

続きを読む

, 日々の暮らし, , 雑感 2017.12.31

今年はどんな年だった?

1年前の年初め、2つ目標をたてた。1、毎月、エッセイの公募に応募して、最終的には入選する。2、新しいことを始める。で...

続きを読む

, 夫婦, , 家族のこと 2017.10.12

秋刀魚皿

週末、夫婦でショッピングモールに出かけた際、秋刀魚皿を買った。以前から目をつけていた皿で、シンプルな長方形。白という...

続きを読む

家ご飯, , 2017.10.10

キッシュ焼いて

「あ、この匂い……」キッチンには、記憶をくすぐる匂いが漂っていた。バターと卵と小麦粉を焼く匂い。「ああ、昔よく焼いた...

続きを読む

家ご飯, , 2017.10.07

手に馴染む

先日、宿泊した夫の友人に朝食を出した際言われ、驚いた。「このお椀、漆塗りの手触りがいいね」「そうお?」「うん。なんか...

続きを読む

家ご飯, , 2017.10.03

ご飯土鍋

新米が届いた先月、ご飯土鍋なるものを購入した。火にかけて10分~15分ほどで炊きあがり、同じくらいの時間蒸らすだけ。...

続きを読む

, 2017.06.13

へうげもの織部

食器棚の織部焼っぽいものを並べてみたら、けっこうあった。しかし織部っぽいものとはなんぞやと問われると、知識の浅さがわ...

続きを読む

, 長野, , 2017.05.30

クラフトフェアin松本

気持ち良く晴れた土曜日。松本の『クラフトフェア』に出かけた。近所の友人夫婦が誘ってくれて、車まで出してくれた。毎年行...

続きを読む

, 珈琲&お茶, 2017.05.27

新しい急須

茶遊会で、急須を買った。今使っているものの半分くらいの大きさ。丸い小さめの急須である。茶遊会でいただいた「おいしい新...

続きを読む

1 2

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.