CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

家ご飯, 2017.10.02

杯のカフェオレ

夢を見た。友人たち5~6人で、知らない街を歩いている。どこか目的の場所があり、探しているが見つからない。古びたアーケ...

続きを読む

家ご飯, 外ご飯, 2017.09.24

お粥いろいろ

東京に出ると、よく朝食に『SoupStockTokyo』のお粥を食べる。野菜が豊富に入ったお粥は、少しずつ涼しくなっ...

続きを読む

家ご飯, 夫婦, , 家族のこと 2017.09.20

栗剥いて栗ご飯

庭の栗の実が、台風でずいぶん落とされた。機が熟して落ちたらしき大きさのものも多く、栗ご飯を炊くことにした。3合炊きの...

続きを読む

家ご飯, 四季, , 田舎で 2017.09.17

食欲の秋、新米の秋

いつも通る道沿いで田んぼをやっている農家さんに、新米をいただいた。いただいたのがきのうの朝だったので、お昼ご飯に食べ...

続きを読む

家ご飯, 2017.09.14

秋刀魚、苦いか、しょっぱいか

「あ、秋刀魚、美味しそう。塩焼きにしようかな」スーパーの鮮魚コーナーで、そんなふうに立ち止まる季節となった。だが待て...

続きを読む

家ご飯, 手話, 日々の暮らし, 2017.09.10

欲があるから苦しくなる

毎週金曜、手話教室に通っている。と言っても、風邪やら帰省やらでこのところ休みがち。久しぶりに顔を出したら、同時期に入...

続きを読む

家ご飯, 2017.09.02

秋茄子は、やめられないとまらない

夫の留守中に、大量に茄子をいただいた。揚げ茄子の煮びたしを、とりあえず4本分作った。2日後には帰ってくるから、残った...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2017.08.31

シャイな無花果

クリーニング屋さんに行くと、お庭に生ったという無花果をいただいた。「無花果食べて、風邪治してね」風邪はすっかりいいの...

続きを読む

家ご飯, 親子, , 家族のこと 2017.08.28

シャインマスカットがあるから、だいじょうぶ

毎年、山梨は石和でフルーツ農園をやっている知人に、シャインマスカットを頼んでいる。東京や神戸の親戚に送り喜ばれている...

続きを読む

家ご飯, 健康, , からだのこと 2017.08.24

熱を測る心理

きのうの朝、ベッドのなかで熱を測ると6度5分だった。「あ、熱下がった」心なしか、身体もすっきりしているように感じる。...

続きを読む

家ご飯, 2017.08.21

ダビデの星

家庭菜園をしているご近所さんに、茄子とゴーヤとオクラをいただいた。そのオクラが、大きい。1本で、普通のオクラ5本分く...

続きを読む

家ご飯, 2017.08.12

ゴーヤは笑う

常々疑問に思っていた謎が、ようやく解けた。ゴーヤを料理して食べると、なぜか穏やかな気持ちになる。なぜか?それは、ゴー...

続きを読む

家ご飯, 2017.08.08

素麺の具

素麺を食べる際、薬味以外の「具」を用意する習慣は、あまりない。子どもの頃も、やはり素麺には薬味とつゆがあればよかった...

続きを読む

家ご飯, 親子, , 家族のこと 2017.08.06

梅サワーの梅

梅サワーを漬けてからひと月経ったので、梅を食べてみた。甘すぎず、かといって酸っぱすぎず、口のなかでやわらかくとろける...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.