CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

CIMG3315

外ご飯, 家ご飯, 2017.01.17

カレーのご飯

結婚してすぐの頃から、かれこれ30年来の習慣だ。夕飯には酒を飲むから、ご飯(米)は食べない。ビールから日本酒にいくか...

続きを読む

cimg3714

家ご飯, 2017.01.11

舞茸のがんばり

スーパーの店頭で、受験生向けの応援グッズを見かけることが多くなった。たいていは駄洒落で、だが駄洒落もこと受験ともなる...

続きを読む

cimg3602

家ご飯, 親子, 2017.01.03

集合のシャボン玉

大晦日の昼、夫が蕎麦を打つのも毎年恒例のことだ。年越し前にももちろん食べたのだが、きのう2日の昼食にもふたりで食べた...

続きを読む

cimg3492

家ご飯, 2017.01.01

御節の蒟蒻

御節はすべて手作り、などという立派なものではないが、お煮しめだけはひとつひとつの野菜をていねいに煮ている。毎年同じ手...

続きを読む

cimg3448

家ご飯, 2016.12.31

ねぎま鍋

瑞々しい赤葱が、産直野菜売り場の店頭に並んでいたので、ねぎま鍋をした。お吸い物より濃い目に味つけしたスープに針生姜を...

続きを読む

cimg3369

家ご飯, 2016.12.27

柚子のジャム

いただいた柚子で、ジャムを煮た。いただいてからしばらくたってしまったのだが、まだまだ瑞々しく、絞るとたっぷり果汁がと...

続きを読む

cimg3365

家ご飯, 2016.12.26

安心しているときこそ要注意

クリスマスイブの夜、ステーキを焼いた。「ホットプレートで、焼こうか」と、夫。「いいね」と、わたし。夫婦二人の食卓だが...

続きを読む

cimg3173-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

家ご飯, 田舎で, 花と木, 2016.12.17

ずくし

旅行から帰ってきたら、居間に置いたままにしていた柿が熟していた。枯露柿用の柿をいただいた農家さんに教わった「ずくし」...

続きを読む

cimg1832

家ご飯, 2016.12.03

ようやく会えた

ずっと気になっているのに、読むに至らない本、というのがある。例えば、好きな作家と50音順が近い作家の本だったり、タイ...

続きを読む

cimg1920

家ご飯, 田舎で, 花と木, 2016.12.01

枯露柿熟して

枯露柿が甘く熟し、楽しんでいる。3週間ほど干せば食べ頃と聞いたが、2週間も干せば食べられると言う人もいる。2週間ほど...

続きを読む

cimg1825

家ご飯, 2016.11.22

翌朝の鍋

鍋をした翌朝は、たいていその鍋の残りで雑炊となる。夫婦二人の食卓なので、鍋の具がたくさん残っていれば、雑炊ではなくふ...

続きを読む

cimg1725

家ご飯, 2016.11.16

鍋パーティー

先週末のこと。夫がサッカーの試合の後、チームメイトを呼んで鍋パーティーをするという。何人来るか判らないらしく、おでん...

続きを読む

cimg1583

家ご飯, 2016.11.12

魔法のアイテム

魔法のアイテムを、友人に教えてもらった。「茹で卵が、楽々剥けるグッズがあるよ」というわけで、百円ショップで、卵の穴あ...

続きを読む

cimg1544

家ご飯, 田舎で, 花と木, 2016.11.10

枯露柿とずくし

「ころがき、作るけ?」近所の農家さんに誘われた。誘われたが、何のことだか判らない。「ころ、がき、って、何ですか?」「...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7
CIMG6581

PROFILE

プロフィール
2016-10-02-11-07-59-1
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.