CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

田辺聖子, 読書 2018.05.06

『ジョゼと虎と魚たち』

ゴールデンウイーク。のんびりと再読した。田辺聖子の短編集『ジョゼと虎と魚たち』(角川文庫)だ。夫婦や恋人たち、別れた...

続きを読む

佐藤正午, 読書 2018.05.03

『身の上話』

主人公ミチルの「身の上話」は、彼女が23歳のある日のことから始まる。語るのは、のちにミチルの夫となった男で、ミチルか...

続きを読む

外ご飯, その他, 東京, , 読書, 2018.05.02

ヒライス HIRAETH

『なくなりそうな世界のことば』のなかに、ウェールズ語の「HIRAETH(ヒライス)」という言葉があり、わけもなく魅か...

続きを読む

江國香織, 読書 2018.04.26

『ホテルカクタス』

江國香織の『ホテルカクタス』(集英社文庫)からは、以前、連作短編集であるなかの1編だけ紹介した。『眠れない夜』だ。ホ...

続きを読む

健康, 江國香織, からだのこと, 読書 2018.04.19

『ホテルカクタス』~眠れない夜

ウォーキングを始めて、ひと月経った。気功整体も続けているので、双方の効果なのか左肩もだいぶ楽になり、夜中に痛みで目覚...

続きを読む

中島京子, 読書 2018.04.18

『長いお別れ』

まず、タイトルに魅かれた。レイモンド・チャンドラーの『ロング・グッドバイ』(早川書房)を連想したからだ。しかしこの小...

続きを読む

田中兆子, 読書 2018.04.11

『甘いお菓子は食べません』

タイトルに魅かれた。わたし自身、甘いお菓子が食べられず、そのことに小さなコンプレックスを抱いているからだ。この小説集...

続きを読む

生き物, 東野圭吾, 田舎で, 読書 2018.04.09

日常のなかのワンシーンから

「あ、竜巻!」と言っても、小さな小さなものだ。庭仕事をしていて、枯れ葉を集めた箕(み)のなかで、一瞬枯れ葉がくるくる...

続きを読む

花と木, 東野圭吾, 田舎で, 読書 2018.04.06

徳光さん、今でも雪柳が好きですか?

庭の雪柳が咲いた。まだ蕾も多いので、しばらく楽しめそうだ。雪柳が咲くたびに、思い出す人がいる。アナウンサーの徳光和夫...

続きを読む

花と木, 青山美智子, 田舎で, 読書 2018.04.04

何色が好き?

きのう紹介した『木曜日にはココアを』のなかで、引用したシーンがいつまでも胸に残っている。「ねえ、心理テストです。何色...

続きを読む

青山美智子, 読書 2018.04.03

『木曜日にはココアを』

驚いた。やっぱり本の神様は、いるのだ。友人に貰った本を読んだ。「たぶん、好きだと思うよ」そう言って、手渡してくれた。...

続きを読む

その他, おしゃれ, 日々の暮らし, 読書 2018.03.31

『はさみ』

東京でホテルに泊まると、ときに不便を感じることがある。ハサミがないのだ。先日も、夫に頼まれてタオルハンカチを何枚か購...

続きを読む

花と木, 伊坂幸太郎, 田舎で, 読書 2018.03.27

集まって、桜色

お隣りの市、韮崎駅前の桜が咲いた。とてもきれいだ。まだ冷たい風に吹かれながら、カメラを向ける。いつも思うことなんだけ...

続きを読む

湊かなえ, ドラマ, 読書, 鑑賞 2018.03.25

『贖罪』誹謗中傷する心理

読み終えてから、WOWOWのオンデマンドでドラマを楽しんでいる。『贖罪』(双葉文庫)のドラマは、小説の通り5人の女性...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 13

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.