CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

『きのう何食べた?』メシ~鮭と牛蒡の炊き込みご飯

『きのう何食べた?』1巻の最初に登場するのが「鮭と牛蒡の炊き込みご飯」だ。これがやたらと美味しそうで、その時点でハートを鷲掴みにされた。

なので、作ってみた。

秋じゃないけど、塩鮭に季節はない。

このメニュー、ひとつ驚きがあった。

ごぼうのアクはポリフェノールでうまみの素だから水にさらさない

シロさんが、ささがきしながら釜に直接牛蒡を入れていた。

牛蒡、さらさなくてもいいんだ。ポリフェノールなの?

目から鱗の新事実だ。

 

さて。ひとりランチに思い立って作ったので、米を研いでからしばらく待ち時間があった。日々料理していると、この待ち時間にストレスを感じることがけっこうある。牛蒡をさらす時間もそのひとつだ。米を水に漬けておくこと30分。たいした時間じゃないけれど、イライラするときもある。

 

恋人を待つときにも、イライラすることよくあるよなあ。

「何でデンワに出ないんだよ!? さっきから二度もデンワしてんのに! 一人で年越しするお前が淋しかろうと思ってわざわざかけたっつーのにお前は…」

シロさんは、ケンジが心配だからイライラがつのるんだよね。でもケンジは。

「サッポロ一番作って食べてた」

「…サッポロ一番じゃ仕方ねーな」

「でしょ」

「作ったら即食べだよな、アレは」

「ね~~~」

イライラはケンカには発展せず、ふたりの共通意識が解決した。

シロさんの方が怒ってケンジが泣くという通常のパターンから外れ、ケンジの譲れない部分(サッポロ一番は即食べ)にシロさんが納得という形だ。

こういう共通項が増えていくほど、いい関係になれるんじゃないかなと思える素敵なシーンだった。

それにしてもドラマ5話で、ケンジが作っていたサッポロ一番。食べたい。

シロさんに習い、牛蒡はさらさずに入れました。

 

我が家は、毎朝土鍋でご飯を炊いています。

9分炊いて15分蒸らせば出来上がり。舞茸がしんなり。米1合につき塩鮭一切れ、酒、薄口醤油、牛蒡、舞茸というレシピです。

コミックのワンポイントアドバイスに従い、三つ葉をトッピングしました。ん、牛蒡のアク感じない!美味い。

 

 

☆『地球の歩き方』北杜・山梨特派員ブログ、更新しました。

【山頂に真っ白いビーチ広がるフォトジェニックな『日向山』登山】

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.