CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

すき焼きスペシャルデラックス

我が家は、けっこう「すき焼き」をする方だと思う。

しかしたいていは、スーパーで買った豚薄切り肉での「豚すき」だ。最近はアラ還夫婦ふたりの食卓なので、お正月でも「豚すき」の方が脂っこくなくていいかという話になる。だから、若い頃持っていた「すき焼き」に対する特別感のようなものは薄れている。

 

思えば、生まれ育った実家では、家族みんなで鍋をつつくということがなかった。

タクシードライバーだった父が毎日夜勤だったせいもあるだろうが、北海道の牧場で育った両親は、子どもの頃から家族で鍋をつつく習慣がなかったのだと思う。

だから結婚し子どもが生まれ、家族で鍋を囲むことができるようになったとき、ことのほか新鮮で、なかでもすき焼きは特別で贅沢、言わばスペシャルでデラックスな食事だった。

特別なのには、わけもある。

夫は、神戸生まれ神戸育ち。神戸といえば、神戸牛だ。

彼に、関西風のすき焼きを教わり、いや、教わったと言っても、今も夫が鍋奉行。任せておけば、美味しいすき焼きが食べられる。

会社を立ち上げ社員も少ない頃には、忘年会は我が家で神戸牛のすき焼きを囲んだ。もちろん鍋奉行は社長である夫だった。

すき焼き=スペシャル&デラックスだった時代である。

 

そんな特別感も薄れてきたけれど、久しぶりに「牛すき」をした。松坂牛が降ってきたのだ。

長きに渡りご無沙汰していた牛肉のすき焼きは、「すき焼きスペシャルデラックス」と歌い出したいほどに美味だった。

ANAのマイレージポイントが今月失効になってしまうというので、慌てて頼んだ松坂牛で。

まず黄身だけにお肉をつけて食べるのが、わたし流。夫は、卵をよーく混ぜて肉をつけています。

食べてるうちに、卵も混ざっていきます。

第2弾です。第3弾は食べきれませんでした。

翌朝は、すき焼き定食。まだ肉があった(笑)夫は卵入り。わたしは卵抜きにしました。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.