CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

チョコレート、怖い

たまたま立ち寄ったローソンで買い物をして、くじを引いたらチョコレートが当たった。よく見るお洒落なパッケージの板チョコである。

よく見るが、買ったことも食べたこともない。

「甘いものは、苦手なんだけどなあ」

というわけであるが、手にしたことのない洒落たチョコレートをもらって、戸惑いのなかうれしい気持ちが見え隠れしていることに気づく。

 

スイーツやお菓子にシンプルお洒落なパッケージが多くなっていることには気づいていた。甘いものは苦手だけれど、そういうものを楽しめる大人になりたい。そんな憧れが、胸の奥にくすぶっているのを遠目に眺め、過ごしてきたのだ。

 

「食べてみようかな」

夫のウイスキーのつまみに置いておこうと思っていたのだが、気まぐれに、封を切った。いい匂いだ。

パキッと割る。その、チョコレートを割る感触も指に新しい。

恐る恐る、口に入れる。

「あ、ほろ苦い」

ホッとした。見れば「力強い深み」とある。bitterという文字も見える。

「ああ、甘いもののなかにも、苦いものもあるんだ」

甘いもの恐怖症とも言えるわたしにとっては、青天の霹靂だった。

 

一度に1ピースは食べられなかったけれど、甘いもの克服への第一歩を踏み出せた気がする。これからは、素通りしていたスイーツやお菓子コーナーもじっくり眺めて楽しもう。一度しかない人生、甘いからって遠ざけてばかりでは、出会えないものもある。

でもはっきり言って、チョコレート怖かった!

CIMG5876明治の『ザ・チョコレート』力強い深みです。8種類あるんだね。

CIMG5879なかのパッケージも洒落てるなあ。

CIMG5881封を切ると、うーん、いい匂い! 今年は『地球の歩き方』特派員ブログで、スイーツの記事をアップするぞ!(たぶん、きっと、メイビー)

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

  1. ユミ より:

    このチョコレート、流行っているらしいです。
    友達が言ってました。
    私はさえさんと違って、甘い物大好きなんですよ。
    きっとお酒が殆ど飲めないからかな?
    でも最近、甘すぎる物は食べても美味しくないと感じるようになったし、
    年のせいか美味しいと思う物も、少しの量で満足できるようになってきました。
    味覚も年と共に変わりますね。
    きっとさえさんも、まだまだ青天の霹靂の出会いがあると思うので、少しずつ近づいて行ってくださいね。

    あ、余談ですが、ブログのお友達に、チョコレートを食べると頭痛が起こり食べれないって人がいました。

    • さえ より:

      ユミさん
      コンビニなんかで見かけて、きれいだな~とは思っていたんですよ。種類もいろいろあるんだなとか。
      ユミさんはよくスイーツネタ載せていますよね。
      ちょっとうらやましかったんです(笑)
      ユミさんだけじゃなく、甘すぎるものより甘さ控えめのものが好まれるようになっていますよね。
      もしかしたら、見た目で敬遠せずにためてみたらおいしいと思えるものも多いのかもって、コメントを読んで思いました。
      青天の霹靂の出会いを楽しみに、少しずつ挑戦したいと思います♩
      チョコレートで頭痛ですか~食べ物は、アレルギーとかいろいろありますもんね~食べられるのに敬遠するのはもったいないですよね。

CIMG9620

PROFILE

プロフィール
2016-10-02-11-07-59-1
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.