CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

物々交換

夕刻帰るなり、ウォーキングしているお隣りさんから声がかかった。

仕事で東京と明野を行ったり来たりしている、林向こうのお隣りである。

「南瓜いる~?」

「いる~!」

畑を借りて、野菜を作っているとは以前から聞いていた。

 

畑まで一緒に行くと、その場でいちばん大きな南瓜を採ってくれた。

「大きいな~食べきれるかな」

というと、サラダのレシピを教えてくれた。

「レーズンや梅干しを入れて、普通にマヨネーズで和えるとけっこう食べられるよ」

やったことのないレシピだ。

「大根も間引きするから、葉っぱ持っていって」

言われるまま、両腕に抱えて帰る。

「あ、栗いる~?」

「欲しい~!」

ということで、一度帰って栗を持って訪ねた。物々交換である。

 

玄関先に咲いている白い花を褒めると、切って持たせてくれた。

「シュウメイギクっていうの。ピンクもいっぱいあるのよ」

「白く咲く花の種類ってたいてい、赤かピンクもあるみたいですよ」

わたしもにわか知識を披露する。ピンクの蕎麦の花を見て知ったばかりだ。

「へぇ、そうなんだ」

 

夕刻のバタバタした短い時間だったが、物々交換だけじゃなく、たがいの知っていること知らなかったことも交換できた。いい時間だった。

いただいた南瓜と間引きした大根の葉っぱ。

栗も、少しだけもらっていただきました。

きれいな南瓜! 黄色が濃い。

ほっくほく。最近南瓜はレンジでチンの方が美味しいのでそうしています。

塩糖水漬けの豚肩ロースも、レンチン料理の茹で豚にして。カナダ産の安いお肉だけど、やわらか~い。

いただいたシュウメイギクをススキと飾りました。

一重の丸い花びらが、優しい雰囲気です。

翌朝の朝食。お味噌汁に細ーい大根と葉っぱをたっぷり入れました。

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.