CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

カラスが飛び立ち、梨が落ちる

 

先週、先々週の『みんなの手話』で、手話で絵本を朗読するコーナーがあり、『まっくろネリノ』(偕成社)を、手話と併せて身体全体で表現していた。

手話を話す人は、いつも思うがとても表現豊かで、観ているとひきこまれていく。その表現も相まって、むかし子どもたちによく読んだ絵本『まっくろネリノ』がさらになつかしく感じられた。

 

鳥の子どもであるネリノはまっくろで、しかし兄さんたちはそれぞれ赤や青や紫や緑など、美しい羽を持っていた。兄さんたちはまっくろな弟を仲間外れにする。だが、美しいがために人間に捕らえられた兄さんたちを、救ったのは夜の闇に紛れることのできる弟、ネリノだった。

というストーリーだ。

 

それを観てから、車に乗り久しぶりにビートルズを聞いた。

『Blackbird』は、アコースティックなギターのメロディが切ない好きな曲だ。何曲目かに入っていて、何度かリピートしてじっくり聴きながら運転した。

黒い鳥は飛ぶ 黒い鳥は飛ぶ 光のなかを

暗く黒い夜のなかで

そんな歌詞だ。

 

そんな道々、カラスが見えた。カラスなど、いつも見かけるのだが、『まっくろネリノ』と『Blackbird』と重なっていたせいで、何か特別なものに見えた。その瞬間、少年が持っていた真っ黒い傘が風でひっくり返り、カラスは飛び立っていった。

「黒い鳥」が3つ重なった。なにか意味があるのだろうか。

『Blackbird』の歌詞。

きみの人生でずっと きみは待っていただけだったね 

自由になる瞬間を

この歌詞が、メッセージなのだろうか。

 

しかし、韓国の諺には「カラスが飛び立ち、梨が落ちる」というのがある。

いかにも関係ありそうな2つのことがらのあいだに、必ずしも因果関係があるとは限らないという意味だそうだ。

 

人間は、意味のない情報から意味あるものを見いだそうとする傾向がある。

わたしの周りで同じ日に飛び立った黒い鳥たちも、たぶんなにも意味を持たないのだろう。

台風の前日の空です。

Blackfrogです。けろじ、ウッドデッキと同じ色になったんだね。えらいね。カラスに食べられないようにね。

『誰も知らない世界のことわざ』(創元社)に載っていました。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.