CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

秋の雲は美しい

気持ちよく晴れた一昨日、特派員の取材に出かけた。

目星をつけていたまきば公園は、冬季閉鎖を間近に控えていてボツ。

北杜市は冬のあいだ休む店も多く、冬季休業するか否か、下調べが必要な季節となったことを実感した。

 

その足で、10分ほど走った「八ヶ岳高原大橋」へ。

紅葉も終盤となったが、ここは山が見えていてなんぼのスポット。

朝、八ヶ岳を覆い隠していた雲が、まきば公園を歩いているあいだに少しずつ晴れてきた。富士山も雲をストールのようにたなびかせている。南アルプス連峰もちゃんと顔を見せてくれている。

「ああ、雲がきれいだあ」

秋の真っ青な空には、ぽっかり浮かんだ真っ白い雲がよく似合う。

先週観たテレビ番組「黒澤 明の映画はこう作られた〜証言・秘蔵資料からよみがえる巨匠の制作現場〜」で、黒澤監督の「雲待ち」が有名だったという話があった。

空が青いだけじゃダメで、雲もあればいいというものじゃない。

旅レポともまったく違って、どんなに美しくてもそのシーンに合う空、合う雲が揃わなければ撮影しない。妥協しないっていうのは、そういうことなのだろう。

 

八ヶ岳高原大橋で秋の雲を見上げ、これから映画を観るときには、空に浮かぶ雲までもしっかり見つめてみようと思った。

「八ヶ岳高原大橋」です。別名「黄色い橋」。

八ヶ岳が間近に見えるのが、いちばんの魅力です。

夏に川涼みに行った瑞牆山方面の山々も、くっきりと見えていました。

 

☆『地球の歩き方』北杜・山梨特派員ブログ、更新しました。

【八ヶ岳、富士山、南アルプス連峰を望む絶景スポット!紅葉に彩られた「八ヶ岳高原大橋」へ】

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. mami より:

    こんにちは~。
    そうそう、雲って大切な存在みたいです。
    住宅メーカーの仕事をしていた時、ポスター撮りのカメラマンさんが
    形のいい雲がかかるまで1時間も2時間も待っているのを思い出しました。

    北杜市って「ほくと」と読むんですね。
    私、勝手に「きたのもり」と読んでいました。

  2. さえ より:

    >mamiさん
    こんにちは~♩
    住宅メーカーのポスター。なるほど~わたしもお店の紹介するときなんかは、青空が見える日を選んだりしますが、家選びなんかにはに日常の風景らしい雰囲気が大切なんでしょうね。
    でも、2時間待つのはすごいなあ。
    黒澤監督はひと月待ったらしいですけれど。
    そうなんです。ほくと。
    北海道にも北斗ってかくほくと市があるみたいで、検索にひっかかってきます。
    でも「きたのもり」の方が、素敵かも(^_-)-☆

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.