CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

箱根の堂が島渓谷遊歩道を歩いて

連休に、会社の保養施設がある箱根を、夫婦で訪れた。

社長である夫と経理担当のわたし。今年もなんとかやってこられたね、という忘年会のようなものだ。

狙ったわけではなかったが、箱根は紅葉シーズンまっただなか。ものすごい人だった。登山電車など東京の通勤ラッシュ並みの混みようだ。

 

のんびりしに来ただけなのだが、それでもやはり出かけようということになる。しかし、箱根には何度も来ている。ここもあそこももう行ったねという話になり、結局ホテル近くの渓谷沿いの遊歩道を散策した。

「わたし、今年紅葉いっぱい見た気がする。カンマンボロンに、もみじ祭りウォーク

昇仙峡も、ひとりで行ってたもんね」

赤く染まったモミジを目の端で狩りながら、歩く。

「こういう山道的な道も、かなり歩いた気がする」

遊歩道は自然そのまま感たっぷりで、すぐに少しだけ整備された獣道という風情を醸し出していく。通りにあれだけいた人は、ひとりもいない。穴場といえば穴場だ。

 

誰もいない空間というのは、それだけで「密室」に似た空気が流れる。

「そこ、滑るから気をつけて」という夫に、「ツル!」とわざわざ擬音で答え、滑ったふりをする。その後もしつこく「ツル!」を繰り返した。夫婦だからこそ許される、くだらないギャグだ。

しかし再度「ツル!」っと口にした瞬間、まえから歩いてくる家族連れが見えた。夫婦と小学校高学年くらいの女の子だ。

「あ……、こんにちは」

突然よそ行きの声になり、挨拶するわたし。

「こんにちは」

あちらもよそ行きの声で、返してくる。

しかし女の子は、にこりともせず黙々と歩いていく。思春期に入りかけているのだろう。

 

「軽蔑された」

3人が通り過ぎ、だいぶ離れてから、つぶやく。

「だいじょうぶ。変なおばさんだなあって思っただけだよ」

「それ、同じことだから」

誰もいないからといって、密室だと思っちゃいけない。油断は禁物だ。だが1時間ほど歩いた遊歩道でその後すれ違ったのは、若いカップルひと組だけだった。

 

遊歩道からバス通りに出て、湯本までバスに乗り、蕎麦屋でビールを飲んだ。スマホの万歩計を見ると1万歩とちょっと歩いている。きれいな紅葉を見た後のビールが美味い。

ギャグが滑ったくらいはまあ、自分の器だと真摯に受けとめよう。

この秋は、渓谷沿いの遊歩道をよく歩いたなあ。ふたたび(笑)『堂が島渓谷遊歩道』っていうんですね。この辺り、たぶん猪だと思われる足跡がいっぱいありました。

湿った空気を感じながら歩くと、苔やこういう水分が好きそうな植物がたくさん見られました。

おお~ナイアガラ! とはしゃぐ(笑)

ハイキングというには、きつい登り。夫の後ろ姿です。

バスで湯本まで行って、入ったお蕎麦屋さん『暁庵』です。

コシのあるお蕎麦と辛目の蕎麦つゆ、焼味噌と、そしてビール。

帰りは満員の登山電車で、『宮ノ下駅』まで帰りました。

ホテルから見える、この山の裾野辺りを歩いていたようです。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.