CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

いちばん不自由で、自由なもの

「いちばん不自由なんは、心やな」

なぜにエセ関西弁かと言えば、田辺聖子の小説を読んでいたせいだ。

で、何が不自由なのかと言えば、治療中の左の五十肩に加え、3日前の朝起きると右手親指つけ根が腫れて痛みを伴い、箸も歯ブラシも持てないという状態になっていた。長患いしている左腕を無意識下に揉み、傷めたのだろうか。いきなり両手不自由という状況に陥ったのだった。

 

夫が甲斐甲斐しく、カレーを煮たり洗い物をしたりしてくれた。

せっかく連休なのだから、ゆっくり休ませてあげようと思っていたのに。

わたしはと言えば、痛み止めが効き始めるまでは痛みがひどく本も読めないし、何よりがっくりきて何もする気が起きず、ふて寝するしかない有り様。

手の痛みだけでも弱っている心に、手が使えず役に立たないという精神的ショックが圧をかけ、すっかりふてくされてしまった。何ともヤワな心だ。で、

「いちばん不自由なんは、心やな」と、俯瞰し嘲笑していたわけである。

 

痛み止めが効き始め、庭を散歩していると、足もとでけろじが跳ねた。

石垣を登ろうとするが、跳ねては落ち、を繰り返している。そのうち近くのマツバギクの蔓につかまり、するすると登り始めた。

「いいなあ、けろじは蔓がつかめて」

心が弱っているときには、すべてに自分を重ね合わせる。水掻きのある指先に玉のようなものがついた小さな4本指に見入ってしまう。

だがそれを見ながら、ふてくされた心が少しずつほどけていった。

「治ったら、スミレとスズランの植え替えしよう」

いちばん自由なんも、心なんやな。

CIMG0510石垣の下で、ほぼ垂直の石を登ろうと何度もジャンプしては落ちていました。

CIMG0514マツバギクを利用しようと思いつき、ジャンプ!

CIMG0524上手く登れました。どんどん登っていきます。

CIMG0526このくらいの高さです。

CIMG0532しばらく止まって、考えこんでいる様子でした。

CIMG05371時間後、見に行くとすぐ近くの石に移動。そのまま3時間ほど動きませんでした。ここを餌場にしようと思ったのかな? 夕方には、もういなかった。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

  1. ユミ より:

    いちばん不自由なんは、心やなって、よーくわかる気がします。
    私も体の不調よりも、心の方が重症化するんですよね。(*_*;
    でも大変でしたね。
    少しは痛みの方は和らいだでしょうか・・・?
    心が不自由な時は、どんどんふて寝してくださいね。

    田辺聖子、私も昔、よく読みました。
    何回も何回も読んで、一番好きなのは「夜明けのさよなら」
    同じ所で、よく泣きました。(^^ゞ

    どうぞお大事になさってくださいね~ヽ(^o^)丿

    • さえ より:

      ユミさん
      ありがとうございます♡
      だいぶ楽になりました。いつもは飲まない痛み止めを飲んだのも、精神的に弱っていたからかな。
      でも夫には申し訳なかったけど、食事の支度も洗い物もしてくれて、家族がいるっていいなって思いつつ、ふて寝することができました(笑)
      田辺聖子、お好きだったんですね~
      『夜明けのさよなら』探して読んでみます。
      しばらくおとなしくして、すっかり治そうと思います。

CIMG0887

PROFILE

プロフィール
2016-10-02-11-07-59-1
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.