CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

健康診断~眼底検査をして

毎年受けている北杜市の健康診断を、今年も受けた。

昨年バリウムを飲んだ際、小さなポリープが見つかったため、11月に胃カメラを飲んだ。ポリープは良性で異常もなし。なので今年はバリウムもなし。また秋に胃カメラで検査するつもりだ。だから、いつもより気楽だった。

 

しかし、最初に測定した血圧検査で、まさかの高数値を記録した。「155/80」わたし史上ない数値だ。

ずっと低血圧で、「98/60」くらいが平均値だったので、献血もできないことが多かった。それなのに。

女性は、50代60代で血圧が上がることが多いという。朝ドラ『虎に翼』でいう「月のもの」がなくなった途端上昇の一途をたどるらしい。

「血圧の値が高いので、眼底検査を受けてください」

否応なしに、検査することとなった。ちなみに、料金はかからない。(受付で健診代5,750円支払ったが、あとから追加請求されることはなかった)検査結果は、ひと月後に届く。

 

「血圧で、目?」と以外に思ったが、待ち時間に調べると、眼球の毛細血管が血圧の異常を調べるのに適した場所だという。

血圧。ずっと気にしてこなかったけど、そろそろ気にかけた方がいいのかも。

夫は還暦過ぎてから、血圧の薬を服用している。なので、塩分少なめは気にかけている。高血圧で怖いのは、動脈硬化や脳卒中。そうならないような対策は、主に食生活と運動だそうだ。

健康は、日々の小さなことごとが大切。

わかっていることだけど、疎かにしがちな自分もよく知っているのだ。

健康診断の写真はなかったので、庭の芝桜。去年だいぶダメになってしまい、今年は50株植え足しました。

夫の一眼レフを借りて撮った写真です。

強く伸びる、ムスカリ。

たくさん咲いた、スノーフレーク。

タチツボスミレは、庭の思いがけない場所にたくさん咲いていました。

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. hanamomo より:

    こんばんは。
    155/80で眼底検査?
    ちょっと緊張した数値なのでは?と思いましたが・・・・。

    私は家で時々血圧を測りますが、行きつけのクリニックの先生の前だと高くなります。
    白衣高血圧というそうです、先生のユニフォームは紺色ですけど。
    様々なところが女性ホルモンに守られていることを知って私も驚きました。
    思えば更年期の頃は髪の毛も薄くなりました。
    でも徐々に復活してきました。
    身体も慣れてくるのですね。

    私も連休明けにでも健康診断する予定です。
    今年はどうかな?骨密度は少しずつ減っている気がします。
    食事と運動、簡単なようで簡単ではないのです。
    寒いと外に出たくないし、美味しいものは食べたいし。
    一眼レフで撮った花々やっぱりきれいですね。

  2. さえ より:

    >hanamomoさん
    おはようございます♩
    白衣高血圧。ありますよね~たぶんわたしもそうだと思います。
    あれ、緊張しますよね。昔は低血圧だってわかっていたからあまり気にしなかったんですが、高い数値が出るかもと思うと、ドキドキして(笑)
    市の検診の規定で、数値いくつ以上は眼底検査って決まっているんだと思います。ありがたいことだとは思います。
    女性ホルモンに守られてきた。
    そうかもしれませんね。
    冬のあいだ、ピラティス教室が休業していたので、それもあるのかな。
    hanamomoさんは、連休明けですか。異常ないとは思いますが、がんばって?ください。
    庭の花たちが、日々変化していく季節ですね(^_-)-☆

PROFILE

プロフィール
水月

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2024年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.