CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

きっと、うまくいく

道路に白くプリントされた一旦停止の「トマレ」の文字を、「トマト」と読んだことはないだろうか。

わたしは何度もある。「トマ」まで片仮名で来たら、次に続くのは「ト」しかないという予測が働く。まったく不必要な予測から発生し、わたしのなかで「トマレ」と「トマト」はワンセットである。

 

東京の道を久しぶりに歩いた。すると、片仮名の「トマレ」ではなく漢字と平仮名の「止まれ」になっている。そう言えば山梨でも片仮名は少なくなってきた。

「トマト」と間違えないように、改善しているのだろう。片仮名の「トマレ」もいずれ消えゆく運命にあるのか。

 

「トマト」ではない「止まれ」を見ていたら、ちょっと淋しくなった。歩きながら、これがほかの言葉だったらとつらつら考える。

様々考えて、最良案となったのは「きっと、うまくいく」だった。

日本じゅうの道路にそうかいてあったら、下を向いて道ゆく人は、希望が湧くんじゃないかな、と。

まあ、一旦停止の道路標識なんだけどね。

いや、でも道路交通法の方を変えて「きっと、うまくいく」のところでとりあえず立ち止まりましょうと決めれば、これだって「きっと、うまくいく」よね?

CIMG4215東京で入院している父を見舞いました。「トマレ」片仮名は今珍しいんだね。

CIMG4225自転車マークのなかには平仮名の「とまれ」

CIMG4227歩行者マークのなかも平仮名で「とまれ」でした。

CIMG4220最寄り駅から病院まで徒歩10分ほど。鳩たちが集う公園あり。

CIMG4223山茶花の咲く、通路あり。父は治療のための期限付きの入院なので、のんびり休養して顔色もよく、変わらずおしゃべりでした。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CIMG2876

PROFILE

プロフィール
2016-10-02-11-07-59-1
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

随筆かきます。

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.