CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

途中下車して見た風景

「時間をつぶす」という言葉には、違和感を覚える。

「つぶす」にあるのはマイナスイメージだが、意味的には「時間を有効活用する」に近いプラスのものがあるのではないか。

 

きのうの朝は、出勤する夫と一緒に家を出た。

彼を9時前に韮崎駅に送り、わたしはその先の甲斐市、開国橋近くの手話サークルに行く。10時からなので、1時間近く「時間をつぶす」ことになる。家に帰るほどの時間はない。田舎で家族の送り迎えをしたことのある人なら、誰にでも経験があることだろう。

「どうしようかな」

しばらく走り、通り道沿いの信玄堤に車を停めた。

毛糸の帽子をかぶり、マフラーと手袋をして、カメラ片手にのんびりと歩く。

すでに紅葉を終え裸になった木々が目立ち、足もとには黄色から赤に近い茶色まで様々なグラデーションに色を染めた葉が地面を覆い隠している。

ふと見ると、色だけではなく、大きさも形もそれぞれだ。

ウォーキングしている女性が、爽やかに挨拶をして通り過ぎていく。息が白い。

遊ぶ子どもを待つカラフルな遊具もあれば、病に倒れたのか、何かの事情があったのか、切られたばかりの切り株もあった。

 

冬の初めの朝の空気を、存分に吸い込み、たまには途中下車もいいな、と思う。

そう言えば電車通学していた頃、いつもは降りない駅に降りてみたり、用もないのに終点まで乗ってみたりした。あのときも同じように思っていたのだろうか。

「たまには、途中下車もいいな」

知らない街に降り立ちつぶやく、若き日の自分を思い浮かべた。

何を考えていたのやら、今となっては自分でもわからない。

もし、30年後にまだ生きていたとしたら、今現在の自分を、こんなふうに思い出すことがあるのだろうか。

CIMG4794釜無川東岸沿いに続く『信玄堤』は、戦国時代、武田信玄が当時の土木技術を駆使して築いた堤防だそうです。水害が多かったみたいですね。

CIMG4790遊歩道になっていて、ジョギングやウォーキングする人の姿も。

CIMG4792足もとの葉っぱです。大きさも形も色も、まちまちでした。

CIMG4796遊歩道の階段って、趣があって好きなんです。

CIMG4802遊具がある場所や、バーベキューができる場所もあるんですよ。

CIMG4804切り株。何の木でしょうか。細い枝が、伸びてきていますね。

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CIMG0780

PROFILE

プロフィール
2016-10-02-11-07-59-1
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.