CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

「おちゃのじかん」~天然酵母のパン

「おちゃのじかん」は、ずいぶんまえに一度だけ行ったことのあるカフェだ。

上の娘が高校生だった頃に一緒に通っていたヨガ教室で、店主の由美さんとご一緒していて、ランチに行ったことがあったが、娘たちのことや仕事やいろいろに忙殺され、それきりになってしまっていた。

 

ふたたび行こうと思ったのは、エッセイサークルで話題になったからだ。

その頃にはなかったツリーハウスが庭にでき、広々としたテラス席が魅力だという。さっそく出かけたのが2月のこと。

しかしそれから緊急事態宣言発令~解除まで長く冬眠することとなってしまった。

その記事を、ようやくアップすることができてホッとしている。

 

じつを言うと、天然酵母のパンを焼き始めたのは、その2月に由美さんのお話を聞かせてもらったことが起因となった。

「毎日パンを焼くのは、たいへんでしょう?」

そう問いかけたわたしに、

「慣れると、そうでもないですよ」

と、やわらかな笑顔で答えた。

それが謙遜とかではなく、ほんとうにそう思っているのがわかり、やってみようかなという気持ちになったのだった。

 

人は、よく知らないこと、新しいことに対して心のなかにハードルを作ってしまいがちだ。それも、ちょっと高めのハードルを。

そんなハードルが、すっと低くなった瞬間だった。

わたしの焼くパンなど簡単なもので、お仕事で焼いている由美さんとは比べ物にはならないが、日々の暮らしの楽しみがひとつ増えたことに感謝している。

外国のカフェを思わせる白い壁に大きな黒板。

天然酵母のパンです。種類も豊富ですね。クリームもジャムもすべて手作りだそうです。

ランチのベジプレート。美味しく、そして見た目も華やか。

ツリーハウスの上で、しっとりレモンケーキもいただきました。

 

☆『地球の歩き方』北杜・山梨特派員ブログ、更新しました。

【ツリーハウスのあるテラス席へどうぞ~ベジプレートが美味しい緑に囲まれたカフェ「おちゃのじかん」】

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.