CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

ヒラミーレモンケーキ

沖縄の旅の帰り、友人が、「オハコルテ」のヒラミーレモンケーキをお土産にと持たせてくれた。沖縄にしか店のないフルーツタルト屋さんで、ヒラミーレモンというのはシークワーサーのこと。しっとりさっくりとした味わいで甘さ控えめシークワーサーの酸味が効いている。

そのときのちょっとしたアクシデントをかこうと思う。

 

最終日はゆったり朝食を楽しむと、あとはレンタカーを返却し空港へと向かうだけ。

「空港で、ソーキそばでも食べようか」

などとのんきに話していた。

ひと悶着あったのは、eチケットを発券するとき。

「あれ? エラー出ちゃった」

近くに立っていた空港のスタッフさんにeチケットを見せると、すぐににこやかに答えてくれた。

「こちらはANAのカウンターですので。JALのカウンターはあちらになります」

ふたりとも、旅も終わり時間に余裕をもって空港についたので、かなり気が抜けていた。

「ああ、ANAとかJALとか、あったねえ」

「あったねえ。すっかり忘れてた」

と、スタッフさんから離れ、こっそり苦笑する。

 

ぶじ発券し、土産物を見たりソーキそばを食べようかと話していたとき、ハッと気づいた。

「紙袋がない」

といったのは、わたし。小さなスーツケースがやちむんなどでいっぱいになり、ダウンと薄手の白いジャケットを紙袋に入れて持ち歩いていた。

「白い紙袋に、白いジャケットが入っているんです」

レンタカーの送迎バスに忘れたかと電話するも、すぐにないとわかった。

友人には、あとで電話するからと言って別れ、空港内に忘れたのではないかとインフォメーションに聞くが、届はないという。JALのカウンターにもなく、やはり届けもなかった。

「ANAだ!」

そこからANAカウンターへ走り、ポツンとカウンター脇に置かれた紙袋を見つけた。

「あった!」

手にしたその紙袋には、たしかにわたしの白いジャケットが入っていたが、しかし紙袋は濃紺だった。どこで白い紙袋だと勘違いしたのか。

もう、しっちゃかめっちゃかである。

 

「よかったねえ」

満面の笑みで迎えてくれた友人が、まるでがんばったご褒美のようにヒラミーレモンケーキを手渡してくれた。

東京の寒空に上着なしで帰るのかと、友には心配をかけてしまった。

沖縄の旅は、まるでシークワーサーのようにすっぱくちょっぴりほろ苦い。というには、間抜けすぎるよね。とほほ。

箱も包装も、センスがいい!

レモンケーキならぬシークワーサーケーキ。しっとりさっくり。

このクッキーがまた、可愛い♡そして素朴で美味しいのは、タルト生地をそのまま焼いたからだそうです。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. ぱす より:

    ジャケット見つかって良かったですね!
    旅の時間は、あれこれと緊張もしますし、気が張りますし、ひとつに集中したら、他のことが・・・
    という事は、ありますよね。

    感激したのは、お友達。
    ご褒美のように、お菓子を買っていてくださったなんて。
    待っている間、心もとない、さえさんの事を思ってくれていたのですね。
    心が広いなあと思いました。
    とても美味しそうですね。このケーキ。お取り寄せしたくなりました。

  2. さえ より:

    >ぱすさん
    ありがとうございます♩ほんと、よかったです。
    旅は緊張感と開放感の繰り返しですよね~
    友人には、とても感謝しています。
    優しいひとです。
    このケーキとクッキー、甘さ控えめで自然の味っていうか、すごーく美味しかったです。
    お取り寄せ、したくなりますねえ♡

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.