CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

レモン白湯ダイエット

ハーブに詳しい若い友人に、レモン白湯をススメられた。

朝起き抜けにレモンを入れた白湯を、ゆっくりと飲む。

それだけでデトックス効果があるそうだ。

 

じつは1週間、禁酒していた。

それで身体が軽くなったかと思いきや、便秘に悩まされることとなってしまった。それに加えて、まさかの体重増加。ダイエットのもくろみもあったのに。そんなときに教わったのだ。

 

知らなかったが、レモンも白湯も、それぞれデトックス効果が高いらしい。

レモンは、元気がでるビタミンカラー&黄色く丸いことから幸せの象徴と言われるだけでなく、デトックスに有効な成分が多いという。

そして、白湯。

サンスクリット語のアーユス(Ayus/生命)とヴェーダ(Veda/科学)を組み合わせた「生命科学」という意味の伝統医療アーユルヴェーダの考え方では、「水(潤滑など)」「火(消化や代謝など)」「風(排出など)」の3つの性質のバランスによって体質が決まると考えられているそうだ。

特に電気ではなく火を使って水を沸かした白湯には、この3つのバランスを整える効果があり、その白湯の熱や水分が腸に滞った便を押し流し、摂取したものを燃やす力を高め、脂肪を溜めこみにくくするという。

なので当然、ダイエット効果もある。はずだ。

 

それから1週間。レモン白湯のおかげか、腸の調子も体重も戻った。

毎夜、ビールを美味しく飲んでいる。もう、禁酒はこりごりだ。

しばらく試してみようと、手軽に飲めて安価なポッカレモンを購入しました。大さじ1入れると、けっこうすっぱいですがわたし好み。

朝早くだと、明野は猛暑の日でもまだ涼しく、白湯が美味しく飲めます。

ゴーヤをたくさんいただいたので、胡麻油で炒めて粗びき黒胡椒とオイスターソースで軽く煮ました。

朝ご飯は、野菜中心。冷たい玄米茶で。

インゲンも南瓜もいただきもの。夏野菜、いっぱいいただいてありがたいです。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.