CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

焼き茄子は嫁に焼かすな

夫の写真展の会期中、表参道の新潟料理の店『静香庵』で食事をした。

夫は定期的に暖簾をくぐっているようだが、わたしは十年ぶり。今年90歳になった父の傘寿を祝って、両親と夫と4人で食事をしたとき以来だろうか。

 

そこで、焼き茄子を勧められた。

「あー、この人、茄子大好きなんですよ」

夫が、すかさずわたしを指さす。

「あまり知られていないんですが、新潟は茄子の生産量が日本一なんです。品種の数もものすごく多いんですよ」

店主がそう言って、スマホの写真を見せてくれた。段ボール箱に「やきなす」と茄子色でかかれている。

「”やきなす”っていう品種なんですか?」

「はい。焼き茄子にすると美味しい、焼き茄子用に育てられた茄子なんです」

その焼き茄子が、夢のように美味しかった。絶賛しながら舌鼓を打ち、酒もいい具合に進んだ。満ち足りた気分で会計を済ませると、「これ、どうぞ」と紙袋を手渡された。なかには、大きな生の”やきなす”が、2本入っていた。

 

山梨に帰って、さっそく”やきなす”を焼いた。

魚焼きグリルには太くて入らず、縦2つに切り並べて焼いた。

熱々のまま皮を剥いて、生姜を添えて出すと、夫が素っ頓狂な声を上げた。

「2本、焼いたの?」

「えっ、なんで?」

「だって、お店で食べたのも1本でじゅうぶんだったじゃない」

「そうだっけ」

たしかにそうだったが、わたしの頭のなかには”やきなす”を焼き、思う存分いただく、ということしかなかった。それで、どうしたかって? もちろん思う存分いただいた。翌朝のよく冷えた焼き茄子にと残ったのは、たった3切れだ。長らく食卓を共にしていても、わたしの茄子好きを夫は甘く見ていたようだ。

なにしろ海外旅行する際にも、「こんにちは」と「ありがとう」と「さようなら」と「お願いします」と「茄子」だけは覚えて行くのだから。

 

焼き茄子は、嫁に焼かすな、というところか。

それにしても、”やきなす”の焼き茄子、美味しかった!

CIMG2365『静香庵』で食べた焼き茄子です。

CIMG2431お土産にいただいた新潟の「焼き茄子」は、直径26㎝の大皿をはみ出る大きさ。

CIMG24332本分の”やきなす”の焼き茄子です。

CIMG2436生姜と鰹節とお醤油で。写真見てても、大きさの感覚がずれたような変な感じ。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.