CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

『架空OL日記』

原作×脚本×主演=バカリズム。

ドラマ『架空OL日記』がとてもおもしろかった。

〈cast〉

バカリズム【私】みさと銀行一般職OL。実家住まいでややインドア派。何かとややズボラ気味な性格。

夏帆【藤川真紀】通称、〈マキちゃん〉。〈私〉の同期で親友。ストイックな性格で筋トレにハマっている。

臼田あさ美【小峰智子】通称、〈小峰様〉。アネゴ肌で上司にはっきりモノをいう、〈私〉の頼れる先輩。

佐藤玲【五十嵐紗英】通称〈サエちゃん〉。〈私〉の後輩で、妹キャラ。漫画が大好きで、やや天然な一面を持つ。

山田真歩【酒木法子】規律に細かく、家庭的なしっかりものの先輩。趣味は太極拳とカラオケ。

 

銀行員の女子たちの日常を描いているのだがストーリーというほどのものはなく、見どころはといえば、ウィットに富んだどうでもいい会話だ。

たとえば、第1話。

寒い朝、駅から銀行まで歩きながら〈私〉と〈マキちゃん〉がしゃべっている。

「なんかさー、毎週おんなじようなこと言ってるけど、言っていい? マジで、どこでもドア欲しいよね」

「ほんと。毎週こんな話してるけどさ、欲しいね」

「ヨドバシとかに売ってたら、絶対買うよね」

「あー、買う買う。並んででも買うな」

「2、3時間とか余裕で並ぶ」

「朝5時くらいからでも並んで買えるよね」

「うん、買える」

「しかもさ、値段もそこそこ出せるよね」

「あー、出せるね。え、ローンとかありでしょ」

「ローン? ローンは、あり!」

「あり!」

「っていうか、そろそろ売り出してもいい頃じゃない?」

「なんかさー、化学マジでがんばれよって思うよね」

「ほんと、こっちはそれ待ちだからね」

このあと、どこでもドアを部屋のどこに置くか、部屋のなかを見られないようにするにはと話しが続く。

すべてが、こういった感じでゆるくゆるく続いていく。

「マジどーでもいいよね」とか言いながら、マジどーでもいいことが日々問題になっていく。

そしてバカリズムは、彼そのままの姿でスカートを穿き、淡々と女子行員を演じてゆく。そこがもっともシュールなところなんだけど。

 

女子行員たちの話題は、いつも副店長”羽田”の悪口に落ち着く。”羽田”というニックネームも話題が常に着陸する先ゆえにつけられた。月曜は仕事に行きたくない症候群に陥るため、”月曜”を擬人化し「月曜、マジむかつく」と悪口を言い合うし、ダイエットを決意した夜には、”食事”とお別れする送別会で焼肉を食べまくる。

そんな彼女たちは、ある程度普通である程度真面目で、ひとりひとり個性的で、それぞれがチャーミングだ。

 

なかでも、マキちゃんのさりげなさすぎる演技が、個人的にはダントツに好きだった。夏帆はいい女優である。

Huluで、ひとりの夜にベッドでスマホで観たりしました。

2月に映画公開してたんだね。早く観たいなあ。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.