CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

山から秋が始まってゆく

夏至は過ぎたが、残暑などとは思えない猛暑が続いている。

ところがお盆を過ぎた途端、まるで夏バテでもしたかのように霞んでいた山々が、朝夕の涼しい時間に輪郭をくっきりとさせ始めた。

田んぼの稲も頭を垂れてきたことだし、そろそろシャキッとせねばと言っているようだ。

 

幻かと見まがうほど微かにしか見えなかった山々が、あたかも別人のごとき顔をして、夕暮れに身を任せみるみる濃い色をまとってゆくのを見て、知る。

「ああ、山から秋が始まってゆくんだな」

吾亦紅の先で逡巡していたとんぼが不意にとまったような、ずっとそこにいたかのような自然さで、秋は、わたしの胸の奥に静かにとまった。

振り返ると、赤とも黄ともつかないとんぼたちが、群れを成して舞うように飛んでいくのが見えた。

夕刻、浅尾の集落から見た八ヶ岳。

こんなにくっきり見えたのは、久しぶりです。

西側には、南アルプス連峰。

げんこつのような大きな山が甲斐駒ケ岳。

観音様が横たわっているかのような鳳凰三山。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. hanamomo より:

    こんばんは。
    山の稜線が美しいですね。
    私も昨日、お風呂場に行ったら虫の大合唱を聞き、秋だな~と思いました。

    トンボもたくさん飛び交っています。気が付けば秋なんですね。

  2. ぱす より:

    おはようございます。
    朝がずいぶん涼しくなりました。
    そちらは、もっと涼やかで、秋の気配が感じられることでしょうね。

    お近くでも、くっきりと稜線が見えるのって、珍しいのですね。
    なかなか、こんな雄大な風景を、見る機会もなく、こうして見せていただいて、気持ちがすーっとしました。
    猛暑もあともう少しでしょうかね。

  3. さえ より:

    >hanamomoさん
    おはようございます。
    ほんと、山が美しく見え始めるときももシャキッとします。
    長い夏でしたが、いつのまにか秋の始まりが見えてきて、虫の声も秋色になってきましたね~
    とんぼたち、もうすぐに赤くなりますね。

  4. さえ より:

    >ぱすさん
    おはようございます。
    少し過ごしやすくなりましたね。
    こちらでも、春から夏のあいだは、山は霞んでいます。久しぶりに見たくっきりとした稜線でした。
    猛暑もあと少し。
    気をつけながら、乗り切りましょうね~

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.