CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

最後のひとひら

8月末にいただいたミニ胡蝶蘭。

とうとう最後の花が落ちた。

2カ月半ものあいだ、キッチンに置いて楽しませてもらった。こんなに長く咲き続けるとは思いもよらなかった。

 

思えば、ミニでも胡蝶蘭をいただいたのは初めてのこと。胡蝶蘭は、華やかすぎて縁のない花だと思っていた。つんときどった印象だとも感じていた。

けれど毎日キッチンで眺めていると、愛着も湧き、ことのほか可愛く思えてきた。

花は、いつか散る。

だから、そう知ってはいても、最後のひとひらが落ちたときには胸が痛くなるほど淋しかった。

 

ミニ胡蝶蘭は、寒さに弱いらしい。

極寒の八ヶ岳の麓。いくら室内でもこの地で越冬させるのは難しそうだが、このままキッチンに置き、週に1回でいいという水やりを毎週月曜の仕事にしようと思う。

小春日和にウッドデッキで、陽に当てて。カメラを構える影が写っていました。

アップ。いただいたときより、葉っぱが上に伸びています。

花が落ちたので、調べて茎を剪定しました。なんと、陽に当ててはいけないとのこと。ぶじ咲き終えてよかった。

8月の様子。いっぱい咲いていました。

ピンクも濃い。

9月末には、2本の茎のうちの半分が咲き終えて。それからまたゆっくりと咲いていきました。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.