CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

『パリのすてきなおじさん』その2

ワールドカップも開幕したので『パリのすてきなおじさん』のなかのサッカーにちなんだページを紹介したい。

 

『あそぶおじさん』の章のパリサンジェルマンファンが集うバーの店主、マチュー・パトリック(53歳)。

青と赤のしましまで彩られた店は、遠くからでもすぐにわかった。店内も青と赤だらけで、正面には「ICI C'EST PARIS(ここがパリだ)」のスローガンがでかでかと書かれたマフラー。壁には選手たちのポスター、写真、サインが貼り巡らされている。ふふふ、愛が深い。暑苦しいほど深い。

マチューおじさんが語ったのは、1980年代から1990年代にかけてのスタジアムの応援席の話だ。正面から向かって左に白人が陣取る「ブーローニュ側」があり、右は黒人やアラブ系移民が集う「オートイユ側」と呼ばれた。どちらもパリサンジェルマンのサポーターである。

ブーローニュとオートイユは、たがいを意識しながら応援合戦を繰り広げた。人種で別れてはいたけれど、同じチームを応援する仲間同士のやりとりだった。マチューおじさんは、そりゃあ熱くて美しかったと語る。

しかしブーローニュ側に人種差別主義者が現れ、ブーローニュ側対オートイユ側の抗争は激化。ついには死者が出た。

その後、差別を行うグループは解散され和解に至ったが、ブーローニュとオートイユの応援合戦を観ることはなくなった。

「サッカーはみんなのもの。肌の色が違っても血の色は同じ」

マチューおじさんは、純粋にパリサンジェルマンとサッカーを愛し、パリサンジェルマンとサッカーを愛する人たちが集うバーに今日も立っている。

 

サッカーをする人、サッカーを観る人、サッカーを愛する人……。そのひとりひとりに、人生があり、ドラマがあるんだよなあ。我が家にもひとりいるなあ。サッカーをし、サッカーを観、サッカーを愛する人。

CIMG2098マチュー・パトリック(PSGファンが集うバーの店主・53歳)

CIMG2096お店の名前は「パルケ」行ってみたいですね~♩

CIMG2104休日は草サッカーをして過ごす、マレック・ダウド(ボールを蹴るベルベル人・45歳)レストランのシェフである彼は「料理は芸術であり、わかちあう贈り物である」という。バルサファンだが、好きな選手はジダンとベンゼマ。

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.