CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

100円缶バッジの価値

『地球の歩き方』特派員ブログの仕事で、『ハイレール1375』に乗ってきた。JR線標高最高地点を走る星空観察会つきの観光列車だ。

 

記事はこちら

【天空にいちばん近い列車『ハイレール1375』に乗ってきました!】

 

その車内でのこと。

星空がイメージのハイレールには、車内でのみ売られているグッズがある。そのなかに星座缶バッジのガチャガチャがあって、1回100円だったのでやってみた。

ガチャガチャなんて、何年ぶりだろう。

なぜだかわくわくしながら、100円玉を投入。ガチャガチャ回すとカプセルが出てきた。だが、中身をとり出すと、がっかり。星座の絵はなく白地に「HIGH RAIL☆1375」の文字だけ。ハズレだ。

「あーあ、星座じゃなかった!」

売店スタッフの女性とハイレール7回目だという少年が、ふたりで立ち話をしながら見ていてくれたので、その缶バッジを見せた。

するとスタッフの女性が、ぱっと明るい笑顔になった。

「それ! なかなか出ないんですよ。アタリです!」

「えーっ? アタリなの、これ」

半信半疑で、白い缶バッジを見つめる。

 

価値というものは、おもしろい。自分が欲しいと思うものが価値が高く、そうでないものは低い。だが、ほかの人から見れば、天地真逆にひっくり返ることだってあるのだ。一瞬にしてそんなことを教えてくれた白い缶バッジは、それだけでもアタリなのかも知れない。

 

「でも、星座缶バッジが欲しいから、もう一回チャレンジしてみます」

「100円ですからね。やってみてください!」

1回目よりも、リキんでガチャガチャを回した。

「やった! 今度は、いて座の缶バッジ出ました。マイ星座じゃないけど」

すると、彼女は「よかったら、お取替えもできますよ」と言う。

「えーっ、そんなサービスもありなの?」

と言ったのは、売店で買い物中のカップルの女性。

「じゃあ、せっかくだから。水瓶座です」

スタッフさんが出してきた20個ほどの缶バッジを探り、ふたりで水瓶座を探す。だが、そのなかに水瓶座はなかった。

「すみません、ないみたいです。お好きなものと交換してください」

「ないみたいですね。じゃ、さそり座にしようかな。息子がさそり座なんで」

 

礼を言い、シートに戻るときには、楽しい気持ちが膨らんでいた。たった100円のガチャガチャで、こんなふうに楽しめるなんて思いもよらなかった。

CIMG6711JR小淵沢駅で、出発を待つ『ハイレール1375』です。

CIMG6763これが、星座缶バッジのガチャガチャ。

CIMG7160左が最初に出たハズレ? と思った方。右が交換してもらった星座缶バッジ。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.