CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

コシアブラのひとり天麩羅

ご近所さんに、コシアブラをいただいた。

「食べ頃だから、採りにおいで」と言われ、いただきに行った。

週末、夫とふたり天麩羅を楽しんだが、食べきれぬまま、彼は出張に出かけた。6日ほど戻らない。コシアブラは、来週も採りに来てと言ってもらっている。

しかたなく、ひとりふたたび天麩羅にした。

 

ひとり天麩羅。まるで自分の食事にも手をかけ気を配っているかのようだが、そうでもない。天麩羅油は週末新しくしたばかりだし、簡単天麩羅粉を使えば、目玉焼きを焼くのと変わらないくらいの簡単料理だ。簡単天麩羅粉がなかった時代には、卵を溶き天麩羅粉を作っていたからいつもそれが余り、もったいなかったし、作るのも手間だった。

 

しかし、簡単にひと手間だけかける。

「冷水はいりません」と明記してあるのだが、氷を一つぽんと入れる。なんとなく、その方が美味しく揚がるような気がする。

以前、俳優の田辺誠一が何かにかいていた。

コンビニのおむすびを、食べる前にちょっと両手で握る。おむすびを作るときの要領で。そうすると美味しくなるような気がする、と。

どちらも変わらないのかも知れない。いや、ひと味違っているかも知れない。

29873163_10211614820272394_742079625698606133_o (1)ご近所さんのお庭にあるコシアブラの木です。

CIMG9736こんなにもらった~1回じゃ食べきれませんでした。

CIMG9763そして、ひとり天麩羅。もうもうもう、美味しかった~♩

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. ユミ より:

    コシアブラ・・・
    見たことも聞いたことも、もちろん食べた事もない、初めて知った食品です。
    木の先に出てくる新芽のような物なのかしら?
    でも天麩羅は美味しそうです。
    写真見るだけで、美味しいってわかります。(^^)/
    天麩羅や揚げ物自体、あまりしなくなりました。
    春のお野菜の天麩羅なんか美味しいですよね~
    揚げたてを食べるのなんて最高! 
    先ずは簡単天麩羅粉を買ってこなくちゃ!(笑)

    • さえ より:

      ユミさん
      わたしも、コシアブラ、山梨に越してきて初めて知りました。
      でも、山菜好きの人のあいだでは有名なんです。一番美味しいっていう人も多いみたい。
      木の先に出てくる芽をいただくんですが、タラの芽とちょっと似た感じ。
      でもタラの芽よりも、苦味がしっかりあります。ふきのとうのような苦味ではないので、子どもでも惜しく食べられるくらいかな?
      わたしも、揚げ物はあんまりしなくなりましたが、春の山菜の時期だけけっこう頻繁にします。
      簡単天麩羅粉、お手軽で美味しいですよ~♩

  2. hanamomo より:

    こんばんは。
    はじめまして、passさんと仲良くさせてもらっているhanamomoです。
    時々伺って読ませていただいています。
    素敵なブログのファンです。

    こしあぶらがもう収穫できるのですね。
    私も今年食べれるかな?
    もしもまた手に入ったら是非お勧めの食べ方があります。
    『こしあぶら味噌』
    蕗味噌の要領で、こしあぶらを刻み少量のあぶらで炒め、そこに味噌をいれ混ぜて炒めれば出来上がりです。
    香りもよく熱々のご飯にのせたり、おにぎりにまぶして焼いたりして食べています。

    これを教えてくれた私の友人は天ぷらよりも美味しいといいますが、私は天ぷらも大好きです。

    • さえ より:

      hanamomoさん
      わ~ぱすさんのお友達なんですね~
      コメントありがとうございます♡うれしいです♩
      『こしあぶら味噌』
      初めて聞きました。
      今週もくださるみたいなので、やってみます!
      焼きおにぎり、美味しそうですね~
      蕗味噌みたいにすれば、日持ちもしますしね。
      いいこと教えてくださって、ありがとうございます♩

  3. 悠里 より:

    こんばんは
    今年は…タラの芽…沢山いただきました。コシアブラはまだです。それにしても、立派なコシアブラですね。それに、ひとりコシアブラの天ぷらなんて、なんと贅沢なことか。思わず、生唾ごっくりで~‼
    標高の高い所でしか採れないというのに、お隣さん家なんて、羨ましい限りですね。旬のものを、新鮮なうちにいただけるのは、都会の人には考えられない事です。そういう時は、自然界に生活していること、幸せに思います。タラの芽も、コシアブラも、天ぷらにはビール合いますよね~‼

    • さえ より:

      悠里さん
      今年は庭のタラの芽が不作で、がっくりきていたんですが、その代わりというわけではないけれどコシアブラをいただいて楽しめました。
      天麩羅、美味しいですよね~♩
      ビールに合いますよね~♩
      コシアブラは標高の高いところでしか育たないんですか?知りませんでした。我が家は標高600mはあるので、ご近所さんのお庭ですくすく育ってるわけですね。
      ほんと、いいところで暮らしていると思います。

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.