CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

セミドライ無花果

熟れた無花果をいただいたので、セミドライに挑戦することにした。

半分に切り、120度のオーブンで90分焼くだけなので、簡単だ。

出来あがりはほっかほかでやわらかく、美味しかった。

夫があまり好まないこの果物は、ほとんどわたしの口に入る。

そのわたしも甘いものは苦手だが、ドライ無花果はたまに食べたくなる。自然の甘みだからだろう。

「だけどこれ、こんなに水分含んでて、日持ちするのかな?」

という疑問符が飛んだので、翌日秋晴れだったこともあり、さらに天日干しにした。ウッドデッキの椅子の上に皿に並べた無花果を置き、動物が来ないように居間から見張りながら、丸一日干す。

 

午後、ひっくり返そうと思い、ハッとした。

「梅干しって、ザルで干すよね」

梅は干さないのでそれ用のザルはないが、適当な網を見繕って置き換えた。

こういう局面で、「もういいや皿のままで」と思う自分と「今からでもやり直そう」と思う自分がいる。若い頃は「もういいや」の自分でいることが多かった。それだけ忙しかったということもあるだろうが、「やり直そう」と思えるようになったのは歳を重ねた経験からだとも思う。

 

試しにウイスキーのつまみに出してみると、夫が「あ、これ、うまい」と言う。

日持ちがするようにと試行錯誤はしてみたけれど、1週間もしないうちになくなりそうだ。

無花果、8つもありました。

ヘタ部分を落として、半分に切って。

不思議な雰囲気の実ですよね~

焼きあがりました。

焼きたてがまた美味しかったんです。

天日干し。だいぶ減ったなあ(笑)

ひっくり返して、網の上に置き換えました。

チョコとチーズと一緒に、ウイスキーのつまみに。

朝食後のヨーグルトに入れて。楽しんでいます。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. hanamomo より:

    こんばんは。
    セミドライイチジク、友人からイチジクが届くと毎年作っています。
    いつだったかさえさんが美味しい砂糖を入れていないドライフルーツがありましたね。
    これがそうですよね。
    オーブンのシートに流れ出た果汁も舐めてしまします。
    もったいないですからね。

    今年も作れるかな~とっても美味しそうです。

  2. さえ より:

    >hanamomoさん
    毎年作っていらっしゃるんですね!
    初めて作りましたが、これ、美味しいですよね~
    無花果は、甘みがたっぷりあるから砂糖など加える必要まったくないですね。
    オープントースターにこぼれた果汁も!
    なるほど、参考にします(笑)
    今年も作れるといいですね。

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.