CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

冬にはうれしい残り物ご飯

夫は東京で週の半分は過ごす。わたしは、山梨でひとりご飯を食べることが多い。なので、残り物ご飯が楽しみのひとつだ。

鍋、シチューなどの大鍋料理が多いこれからの季節には、食べきれない量を作り、残りを楽しむことが増えてくる。

新米のおいしい季節であるから、ご飯を入れて雑炊にしたり、うどんやフォーなどの麺類を加えたり。簡単美味しい栄養いっぱい。うれしいひとりご飯になる。

そのたびに、思い出す。

 

むかし読んだ『サザエさん』に、カツオくんが忘れ物をとりにお昼に家に帰るというシーンがあった。フネさん、サザエさん、タラちゃんでおでんを囲んでいる。カツオくんは、お母さんたちは家でどんなに美味しいお昼ご飯を食べているのかと思い、ご相伴に預かろうという気、満々でいた。なのに残り物のおでんだと知ってがっかりした、という流れだった。

 

「そこで、がっかりするのか、カツオくん。おでんの残り、いいじゃない」

子どもながらに、読んで思ったものだった。その違和感から、印象に残ってもいるのだろう。わたしが育った家では、鍋を囲むということがほとんどなかったからだ。父が夕刻から朝方にかけての時間帯専門で働くタクシードライバーだったからだろう。ないものねだりというわけである。

 

今は好きな料理を作って食べられる。大人になってこその自由だ。

だが、大人になって親となり、同じく3人の子どもを育てた母の苦労や父の責任の重さもわかるようになった。

子どもには子どもの自由があったのだ。カツオくんのように。

そんなことを思いながら、ひとり残り物ご飯を楽しむ。忘れ物をとりに帰ってくる子どもは、もういないけどね。

CIMG4161

夕べはチゲ鍋でした。ニラたっぷり。豚バラ肉と牡蠣も入っています。

CIMG4162牡蠣、豚バラ、ニンニク、キムチ。うーん、ビールが美味しい!

CIMG4437

先週末、上の娘が返ってきたときにおでんを煮ました。

cimg3720寄せ鍋の春菊が大好きです。

cimg3275

関西風白菜鍋です。鶏ガラスープと干しシイタケの戻し汁で豚バラ肉、鶏もも肉と白菜をたっぷり入れて。塩と七味やコチュジャンを合わせていただきます。

CIMG4152朝ご飯も、残り物があると楽ちんですよね~♩

CIMG4156

まえの晩のアボカドトマトサラダをアクセントにして、ブロッコリーを足して。

CIMG4154

スペイン風オムレツは、卵を足して焼き直して、熱々に。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

  1. ぱす より:

    残り物はごちそうです!よね。
    次の日のカレーとか、鍋でおじやとか・・。おでんも最高です!
    なんででしょうね~。
    朝ごはんも助かりますね。
    夫婦2人になって、大量に残るかな~と思いましたが、残すぐらいが次の日また楽でいい感じに、回っています。

    さえさん。ひとつお聞きしたいのですが・・。
    以前、指を骨折されたと言ってられましたね。
    ギブスか包帯を取ったあと、むくんだりしましたか?
    私は、まだむくみ、少し痺れたりで・・。
    経験された方に、お聞きしたいなと・・。すみません。お返事ゆっくりでいいです。

    • さえ より:

      ぱすさん
      残り物、美味しいですよね~♩
      次の日のカレーも、いいですね♡おじやも大好き♡
      骨折のあと、3センチくらいは切ったので、むくむっていうか腫れはしばらく続いたかな?
      でも、しばらくはこんなもんかな~って思っていたので、あんまり気にしなかったんです。
      軽い痺れと違和感は5年経った今でもありますよ。
      チタンのビスが2本は入ってるから。
      でも普段は気にならない程度です。
      ぱすさん、しばらくしたらきっとよくなりますよ~

CIMG2876

PROFILE

プロフィール
2016-10-02-11-07-59-1
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

随筆かきます。

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.