CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

新玉葱のスープ

採りたての新玉葱をいただいて、楽しんでいる。

このあいだランチした「仁田平マルシェ」でも、冷製スープが新玉葱でうれしかった。今が美味しい時期なのだろう。

 

新玉葱のスープ。

もうその名前からして、心魅かれる。

梅雨冷えの日が続いたので、最後の1個で塩豚の残りと一緒に温かいスープにした。

スープを煮ながら、西村祐見子の詩を思い出した。

           玉ねぎ

 

玉ねぎを

よこに きると

 

そこには

わきでる

いずみ

 

見えない

水の輪が

あふれて

あふれて

 

わたしは

めを とじたまま

うごけなくなる

丸くて瑞々しい新玉葱は、わたしが思うに「自信に満ちあふれ底抜けにほがらかな若いイタリアのマンマ」のイメージだ。

詩のなかの「わきでるいずみ」には底知れぬ生命力のようなものを感じ、それはたぶん若いマンマと通ずるものがあるように思う。

髭が可愛い~♩

オニオンスライスでいっぱい食べました。

新玉葱は、生でもいっぱい食べられますよね。

鯵の南蛮漬けにしたり。

カレーほうとうにも、入れました。煮すぎない方が美味しいです。

肉豆腐にもたっぷり入れて。夕飯の写真がなかったので朝ご飯風景です。

そしてこっくりと煮た新玉葱のスープ。塩豚の優しい塩味に少しコンソメを足して、チーズとパセリを振りました。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.