CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

春の雪、はるのおでん

きのうの雪は、予想を超えて深く積もった。

前日予報で「雪」と聞き、おでんをたっぷりと煮ていたので、買い物に出かける必要もない。しんしんと積もる春の雪をただ眺める。雪見おでんである。

 

「雪」と聞くと「おでん」を煮たくなるのは、条件反射であり、自衛本能だ。

4年前の大雪の際、3日間車を動かすことができず、当然買い物に行くこともできなかった。そのときやはり雪の予報を聞き、大鍋にたっぷりおでんを煮たのだ。そのおかげで、四苦八苦して雪掻きをしながらではあるが、のんびりと閉じ込められていられた。

その記憶があるからこそ、雪と聞けばおでんを煮たくなるのだろう。

 

だが3月だ。もう春である。おでん具材の売り場も、春になっていた。

牛筋やイカ団子、牛蒡巻きが姿を消し、筍のさつま揚げや枝豆入りのがんもどき、桜海老の練り物が並んでいる。

春のおでんもまたよしと、春の雪を愛でつつ、いただいた。

CIMG8720朝10時のウッドデッキです。このあと、まだまだ降り積もりました。

CIMG8722薪の上にも降り積もっています。

CIMG8724北側の窓から見た風景は幻想的。

CIMG8725見下ろした堰道。ウォーキングでふきのとうをいくつか採った道です。

CIMG8699おでん用食材も、3月に入って春めいてきました。筍、枝豆、桜海老。

CIMG8703茹で卵は、友人に教わった百均グッズでつるりと剥けました。

CIMG8707大鍋いっぱい、薪ストーブで煮たおでんです。蛸入り♩

CIMG8711

筍、枝豆、桜海老。いつものおでんのなかにいて新鮮な味わいでした。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. ぱす より:

    関東地方のブログ友さんから春の雪の知らせをもらいました。
    さえさんのところも、真冬さながらの光景ですね。
    もう、雪はいい!っていうぐらいでしょうね。
    家に閉じ込められた時はおでん。
    そんな時におでんはいいですね。

    おでんの具も春仕様になってるなんて・・気づきませんでした。
    私も、買って見ようかな~って思います。まだまだおでん大活躍ですよね。

    • さえ より:

      ぱすさん
      そちらは雪、今年は降らなかったみたいですね~
      ほんと、真冬の景色です。でも、雪の質が違います。
      夕べ雨が降ったので、水分を多く含んでやわらかい。雪掻きの感触も違いました。
      雪景色を眺めながら、今日はウォーキングもできましたよ。
      春の具材のおでん、美味しかったです♡
      スーパーにも春が来ていますよ~

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.