CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

井のなかのけろじ大海を知る

運転中、ふと視線を感じた。

フロントガラスの向こう、けろじが喉を膨らませ、こちらを見ている。ワイパーに前足をかけ、時速60㎞の風に吹かれ、ときどき首を動かす。

「乗って来ちゃったの?」

昨日は、日帰り東京。末娘の芝居を観に出かけるところだった。車は駅近くの駐車場に夜まで停めておくことになる。

日中まだまだ暑い。フロントガラスの上では過ごせまい。幸い駐車場は川沿いだ。餌には困らないだろう。車に轢かれる前にと川の方へ逃がすことにした。

 

手のなかで突っ張る足の力は強く、威勢がいい。川に着く前にするりと指の隙間から逃げ出した。大きな弧を描いて、アスファルトの道を跳ねていく。

「元気で暮らせよ」

大海までは遠いだろうが、新しい世界を観るであろうけろじにエールを送り、駅に向かった。

 

特急あずさに乗り、大勢のなかのひとりとして東京に向かう。大月からは多くの外国人も乗り込んできた。いまや人間は、大海だって越えられる。

「それでもみんな、いつかは家に帰るんだよな」

そう思ったとき、不意に肩を揺さぶられたようにハッとする。

「遠くへいきたい」

沸き上がるように、強く強く思った。遠く、ずっとずっと遠くへ。

「遠くへ」

十代の頃、常に抱いていた気持ちを、今立っている場所が不安でたまらなかったことを、とても久しぶりに思い出し、呆然と立ち尽くす。

 

東京の小さなスタジオで、娘は遠くを見つめ、息を大きく吸いよく通る声で、生き生きと自分の役を演じていた。

ちっちゃい。ワイパー動かさなくてよかった。

洗車してないのが、バレバレ(笑)

強く生きていくんだぞー!

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. ユミ より:

    さえさん、北海道への旅行は地震直前で、ほんとに良かったですね。
    被災されているニュースを見たら、手放しで喜べるわけではないけれど、
    行っている最中だと思うと・・・ほんと怖いです。
    さえさん、けろじを手で摑まえる事が出来るんですね~
    爬虫類とか虫が苦手な私は、そういう場面に遭遇してしまったら、物を使って追いやる事しか出来ません。
    「遠くへ行きたい」は、私も不意にやってくる「何処でもいいから行きたい」や、
    「綺麗な景色を見たい」によく似ているものでしょうか?
    ちょっと疲れている時なんかに不意に思う事があります。
    さえさん、大丈夫~!?

    • さえ より:

      ユミさん
      ありがとうございます。
      北海道のニュースはほんとうにショックでした。ほんと、被災された方たちのことを思ったら、こっちでショックもなにもないんだけど、とも思いますよね。
      けろじはね、いつもさわりたいくらい可愛いです(笑)でも、がまんしています。
      今いる場所が、どうしようもなく不安になることがあるんです。
      疲れてるのかな? 北海道のことがショックだったってこともあるかも知れません。
      だいじょうぶです。娘のお芝居観て、パワーもらってきました♡

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.